秋残りブログ・コピー 目次  
                        
       20191201     1101     1001     0901
御所、土佐 、冠語
     0801
 御所 、冠語
    0701       0601
令和、御所
      0501        0401
仏、ムー、御所
      0301
      0201       0101
       20181201
モロコ、早入力
    1101
モロッコ、エクセル和音
    1001
高山市
    0901
Ireland
高山市
     0801
Greenland
    0701
 Lewis
      0601
  Magix使用
      0501
 London
 Ireland 
     0401
N.Y London
      0301
New York
      0201
Nw York
      0101
       20171201
キーボード
    1101     1001     0901      0801     0701       0601       0501      0401       0301       0201       0101
       20161201     1101     1001     0901      0801     0701       0601       0501      0401       0301       0201       0101
       20151201     1101     1001     0901      0801     0701       0601       0501      0401       0301       0201       0101
    20141201  1101  1001  0901   0801  0701    0601    0501   0401

0301

     0201

   0101

 20131201

1101

 1001 

 0901 

 0801 

 0701 

 0601

0501 

 0401  

0301  

 0201 

 0101 

 20121201

 1101

  1001

 0901

  0801

  0701

 0601

0501

 0401

 0301

 0201

  0101

 20111201  1101 1001  0901  0801 0701  0601  0501  0401  0301  0201  0101
 2010                      

卒業csvファイル  sotucsv.html 

((男・秋残り 総目次    京都市 小林壱裕 メール:sokyo@otoko.org ))

20090818~

2009年08月18日

音楽ソフトか、ワープロソフトか?

 10年程前のこと。音楽のソフトをダウンロードしました。
MMLとかいうらしいです。この頃、私はコンピュータにもうとく、
今もそうですが、もちろん、音楽は一切触れず、「歌など聞いてられるか」、そんなところで、全く眼中になかった次第です。

 このMMLとかいうソフトが目にとまり、何を思ったかダウンロードしました。「ABC・・・」と書けば、音が出ると、説明にありました。ここに目をつけました。

 説明どおり書いてみました。「何だ、これは。何も音は出ない。」 コンピュータの設定があるらしいです。 「やめた。」 「こんな、辛気臭いことはできん。」 それで、このソフトをしばらく、ワープロのソフトに使っていました。ソフトの概観に柄が出て、面白かったからです。 使いにくく、これもやめました。 音はとうとう出ずじまいです。 「まあ、いい。音楽なぞ、私には関係はない。」 ソフトは、あっさりと削除されました。

 私はコンピュータもあまりわからない。初心者とはこんなものです。 再びこのソフトに巡り合い、やっと、使い方がわかったのが、10年程後の今日この頃ということになります。

 ハァ~ 10年一昔、なんとナント何と、・・・・・。
この10年、歌は歌ったことは皆無。カラオケに誘われて今まで5回程、行きましたが、私はいつも黙って傍にいるだけで、付録のようなものです。「歌え」と言われても、歌を知らないから歌えない。分厚いカラオケの本を見るだけであります。
 
 歌は学校でだけ歌っていたということで、それも小さな声です。
 10年どころではなく、ほぼ、この40年、歌わなかった私です。
もちろん知らないから歌えないこともありますが、音楽は全く
無縁ということからです。知っている歌もありますが、私が歌えば、歌を進んで聞きませんから、想像が多分に加わり、曲が変わってしまいます。聞く人も大変です。
「変曲?」という名人芸?の御披露と相成ります。

 こんな私が、作曲などと、ひょっとすれば、話にならないところが、話になるかも知れません。40年前の私が、今の私を見れば、どう言うでしょうか。
 
 そんなことはさておき、今は、楽しい日々です。
これ、作曲?の御蔭でしょうね。
              平成21年8月18日 秋残り敬白

2009年09月08日

春の緑夜

「緑 夜」
 また、下手な作曲かと・・・
私、ホンマに下手です。というよりも、
音階がずれていないだろうかと、何よりも
心配です。

 この「緑夜」という曲、これ、休日の2日間で
できました。早さ自慢にしょうかなと思います。
ドラムも私がやりました。
ドラムという楽器、触ったことも
ありません。テレビで、ちょっと、見ただけです。

 ですから、これをドラマーが演奏すると仮定すると、
大太鼓がドド~ンと鳴る
ところが、「これは生では、できない」といわれる
かも知れません。また、「これは、演奏できるヨ」と
言われるかも・・・・そんへんは、どっちか、私にわから
りません。コンピューターで簡単に、やりましたけど、
楽譜を書く時には生演奏もできるようにと、もし言われれば、
「しりませんワ」としか答えられません。ドラムを知らない
人の書いた楽譜となります。素人丸出しです。
 
 コンピューターでは、演奏できても、人には演奏できない、
そんな音楽もたくさんあると思います。

 「よ~し、それならば・・・」と、思ったのが、いっそうのこと、ヘリコプターの音でも入れておこうかと、それ以外にもたくさん入れてみようと思った次第です。 名案のように思いましたが、誰でも考えることです。

 というわけで、今回は、お犬様、鳥サン、自動車、サイレン、
・・・はては、宇宙船と・・・
打ち合わせに少し時間がかかりました。こころよく、引き受けて
下さった合唱団の方々、また、夜にもかかわらず鳴いて下さった
鳥サン方々、宇宙船の操縦士さん・・・・心底、感謝致しております。

 いらっしゃい! いらっしゃい! お星さんも、おっ月さんも、
未確認飛行物体の宇宙人操縦士さん・・・・・。

 「アホかいな」と我ながら思います。夜に鳴く鳥、 ウ~ン、
「緑色の夜」では鳴いていましたヨ。

 「夢で見たあの人」、麗人でしょうか、それとも、凄い美男子でしょうか。会って下さいね、皆さん。夢をかなえた人になって下さい。

 ロマンチックでしょう。 
                  2009.9.8 秋残り敬白

 http://otoko.org    

2009年09月12日

「緑夜」

 あの「緑夜」という歌、まだ歌えません。自分が作ったものでありながら、歌えません。いつになれば、歌えるやら・・

 ホームページとかブログとか、まだしっかりとわかりません。
作りは御覧の通りです。初心者です。

 私は今まで、やり通したいうものはありません。ピアノも習ってはみたものの、たった4時間だけで、行かなくなってしまいました。中途半端にまで至らず、話にもならず・・・
 ピアノだけではなく、他のものもそうです。初心者にも至らず、そこで、やめ、というところですね。

 作詞も作曲もどうなることやら、自分でもわからないのです。
こうしようという決心などは少しもありません。自分で作ろうと固く思ってできたものではありません。 「やってみようかな」と軽く思ったときに、するわけです。いつ、そう思うかは、これは未定で、気の赴くままです。

 歌も知らない、絵も描かない、芸術は全然関係がありません。長い間、そうです。その結果が、今日です。下手であっても、作曲作詞ができたということです。音楽は関係ないと言っていたら、音楽の一分野である作曲ができた、音楽に関係ができてしまったということです。

 「緑夜」なんて、歌も作れたということです。まったくわからんものですねェと言っていたら、また、歌ができるかもしれません。そんなものでしょうか。

 あの「秋残り」という秋の日に(そんな日はありませんが)、歌ができてから、一年程たちましたが、この間、音楽は聴いたか問われれば、相も変わらず、聞いておりません。今までの私が変化したか、してもいません。同じです。

 しかし、楽しいことですね。全く思ってもいなかった、作詞作曲ができた。趣味のない私には、趣味と言えるようになればよいなあと思っております。
                   秋残り敬白
 

2009年09月21日

緑夜2

「緑夜」って歌、  
歌ってくださる方ができまして、上手ですね。
       
   歌手   :  あの人、夢の人
   出生地  :  秘密、夢の中かも
        
 遠いところのお方らしいです。
愛用は、宇宙船で、あっという間に移動します。
確認できないということです。  

 私は、まだ歌えませんが、すぐに歌ってください
ました。それも初見で。世の中にはいろんな方が
おられますね。

 あるきっかけで、お知り合いになりました。
気さくな人ですから、町でみかけたら、
気軽に声をかけてあげて下さいね。喜ばれますよ。
「ひょっとしたら、貴方の夢で会うかもしれない」と、
仰ってました。綺麗な人ですヨ。 
 私も、また会いたく思っております。
                  京都 小林
             http://otoko.org

 

2009年09月29日

作曲と作詞

 えらそうな題ですね。
御覧の通りの歌ですが、これは、音楽とは全然関係がない私が作ったものです。歌も全然歌わない、聞かない、そんな私です。
これくらいでよければ、私以外の方には、簡単にできます。
歌をよく知っている人、また、楽器を弾ける人には、すぐにできるものと思います。
 作詞もそうです。今まで、詩はもちろん、作文も全然したことがありません。下手なものですが、全く初めてです。頭の良い人なら、10分、15分あれば、できることだろうと思います。

 私の作った音楽を聴いて、才能があるといって下さる方がおられます。有難く思うのですが、自分を考えると、才能はないといったほうがはやいです。全然ないと思っています。

 御覧の音楽は、才能のない人が作った音楽ということになります。どう考えてもありませんね。

 この頃、少しですが、音階というものがわかるようになってきました。少しだけです。ドレミファソラシドといってみても、それは、口でいってだけです。ちゃんと上がっていっているように、思っているだけです。上がってないのです。そういうことが、わかってきたのです。少しだけです。それでもどうにかこうにか、曲らしきものができてます。面白いですね。

 素人になるための作曲講座ができるかもしれませんね。私は素人以前です。いまだもって考えるのですが、あれは歌でしょうか。歌というようにしましょう。歌でしょう。音楽でしょう。

 出来、不出来は別として、楽しいですね。

はなはだ心もとないですが、英訳、仏訳をしてみました。
これも、生まれて初めてです。正しい語法であろうかと、気になります。また、これについて、書きます。
                      秋残り敬白

 

2009年09月30日

なにゆえ・・・

私は歌詞を文語で書いています。ナニユエ、そうなったか。
できたところ、そうなったわけです。そこで、若い方に尋ねました。「古い言葉ですが、どうでしょうか」、「そんなものは関係ありませんよ」・・・そういうことです。よかった。

 ついでに、英語まで古くなりましてネ。
「made by メイド バイ」が、「maden by メイドン バイ」となってしまいました。 ナニユエ・・・・ なったところが、そうなったのです。

 それで、今度は、少しだけ意識して、イマドキの言葉でいこうと思ったら、「緑夜」という、御伽話の物語になりました。

 大人が歌う童話、童謡になるでしょうか。なってほしいですネ。

 ナンデ、こんなのができたか。ナニユエ・・・・ できたところが、あういう出来になりました。

 私は「あれはロマンチック」といってますが、まだ、そばの人に尋ねてないのです。  何故・・・・・ 尋ねない方がよいだろうと思っています。 ハズカシイ のです。がらでもないことを書いて・・・と、なります。

 読む人は、夢ある物語に読んで下さいませ。
                      秋残り敬白

2009年11月05日

訪れ

otozure.mid11月3日、休みに、こんなものができました。
なんだか、けったいなものです。
こんなものでしょう。
どうぞ、お聞きくださいませ。

 どこの国の人が作ったか。
私の作るものは、なんだか、伸ばすところが、
少しちがうような気がします。音楽を知らない
ものがすることです。 まあ、いいでしょう。

 作曲??をして、1年たちました。
この1年、何か音楽を聴きましたかと、
問われれば、「皆無」と答えます。
習慣は、なかなか変わりません。

何も考えずに、浮かんだままを五線紙に書いただけです。
また、ボサーッとしていたら、歌詞が浮かぶかもしれません。

 英語も仏語も、大昔に学んだものです。
間違いがなければ、よいのですが・・・・
慣れないことをしたものです。

秋残り 敬白

 

2010年09月30日

秋雨

秋雨降り落つ。冷気肌に感ず。柿は成るや否や。こぞの秋....

..らしく書き始めましたが、秋半ば、

なつかしき 若き日々の 文読む明かり
君訪ね   我が行く前 照らすさやか月

***こぞ 「去年」と書きます。今夜という意味もあります。
また、駄作が出来そうです。

2010年10月01日

一行日記

20100930木 雨 休  0730起床 在宅2230就寝
20101001金 晴 仕  0615出勤1620帰宅1830病院注射肝臓2115寝

20101002土 晴 仕  0620出0930病注射2200寝

20101003日 晴/雨 仕  0615出1550帰2220寝  
 
↑上記は一行日記です。これだけを毎日書いておけば、自分のデータベースになる。

大学ノートならば、初めに書けば、目次になる。
今まで何度かやってみましたが続けられず、こんな簡単な日記も書けない。
何度目の試みか。とにかくやってみます。

2010年10月25日

大東亜構想 海中管道路

大東亜構想

海中管道路、海中管鉄道  海底上道路、海底上鉄道  リニアを走らす

   琵琶湖北端より、日本海を経由し、朝鮮京城、平壌へ、

   中国北京へ



   琵琶湖大津より、京都へ、淀川、高瀬川を経て、大阪、大阪湾へ  (船動車)

 

2011年01月17日

霊 祖

携帯電話 mp3

「霊 祖」 3拍子 未完     
  
20101106曲


解説 クラシックのつもりで、
    作ってみました。
    クラシックとは何かと、
    知らないので、こんなものであろうと
    感じで作りました。
 

悪の歌

携帯電話 WMA 

「悪の歌」  5拍子 未完
作曲   20101003
作詞  20101014

街中、雨は降っている         
我が心は晴れ渡る
悪の華が咲いてる
むしばむ 人の心
我が悪魔の世の中
日を隠し 月を出し
大地はひび割れて
行き交う 人々なく
真っ赤な空に黒い太陽

犬馬 恐れおののいて
鳥は空に 飛び回る
空は二つに割れて
真ん中 滝は流れ
山は天に 逆立ち
垂直の  道や川
周りの 四方の山
頂 我に向ける
足元には 星がちらばる                      


解説 5拍子です。戦闘機に乗って
     宙返りみたいなものです。
          こんな光景、見たいものですね。

2011年01月18日

仕 事

携帯電話  WMA

「仕事」        20100904曲            
              20100907詞

  朝日に七色 雲たなびく
  理想は高く 熱き思い
  御祖先敬い 御足跡慕って
  今にあり
  我が家の栄え 未来広く

    仕事に触れ合う 一期一会
    世を見る話   弾むうちに
    使命を果たして 世の中の
    為なる   今にこそ
    我が家の栄え 続いてあれ

  人の世移ろう 時変われど
  変わらぬ心  胸に秘めて
  仕事に精出し 勤めの全うを
  決める時
  我が家の未来 成ってあるを

   解説 精勤の心がけ

       京都市 小林壱裕    十六菊 

 

2011年01月19日

君 と

携帯電話  mp3

「君 と」
   20091204作曲

2011年01月20日

緑夜前夜

携帯電話   

「緑夜前夜-夢」   未完                          
          2010.7月  
朝見、日の顔、よい花の
咲くよ月夜の夢は、昨夜の夢は
裏花咲かせて、背嚢背負って
一路行く

君に会った、緑夜は 
雨は上がる空に、鳥は歌う
月は投げたり、我に輪を
迫り来る闇に 君と歩む 
(オリオンはまたたき、雲は飾る) 
( )内は、これより英語でうたう場合
( )内を歌う。

皐月夜四日の 春の夜は 
夢に舞う君に 我は謳う
空に映す 我が姿
我が歩む 足音 君は聞けるを

黄色い川に 文流し
天立てる流れは 雲に注ぐ
雲は映す 我が書いた
「私」の一文字を 雲は抱く


緑夜の春 夢に出で
戦いの中の 御父の御夢に
戦われる御父の 御姿は
我がまぶた裏に 書かれ残り


銃口 火を吹き 血は上がる
肉は飛びくるう 戦の中

天よりの知らせ 雨一つ
晴れた昼下がりの ひとしづく
君はこの世に ある人と
喜び湧き上がり 胸は躍る

"WARRIER"
                       trancerated in 2010,
                       by  I.Kobayasi
Across the red river                    
The sky is blue.      
Red rains fall down, enemies are going down
There are many enimies under catapilla. 

Car of war run and run,    
soldiers go ahead.
Bravo! Bravo! Bravo!
Godess of war smile, 

at me, round me 、all is fight. 
We are sure winners .
 
Vertical line 's yellow ,     
My horse gallops on ,

赤い血雨の振る中の
戦う我が姿 天に映り
勝利の女神が 微笑んで
たてがみ ふるわせる
馬に感謝を

続き:             
http://otoko.org/ryokuzenya.html 

 

2011年01月21日

水都の華

携帯電話  mp3

「水都の華」 7/4拍子
2009.6月 曲

解説 7拍子です。大阪の曲です。
    私の好きな所です。
    「ぼんぼん」「いとはん」の
    大阪弁、大好きです。
    休日には、よく行ったものです。
    若い頃、大阪へ行って、あわてました。
    御堂筋を歩き、見上げるようなビル、
    びっくりしました。ビル街の雰囲気も
    よいものであります。私は好きです。
    拙作の駄作、お楽しみ下さいませ。

蛇足一言 7拍子は、どこでわかりますかと、
    シンバルから次のシンバルまでを数えて
    下さい。7拍です。・・・・・
     実は、自分が理解できるように、シンバ
    ルを、そう入れたのです。4拍子3拍子を
    繰り返せばよいとなりますが、・・・つ
    くっているうちに7拍子となりました。
    素人にもなれない人のすることです。
    私の大駄作です。

水都の花

携帯電話  WMA 

「水都の花」 4拍子
           2010/07/24曲 
           2010/07/24詞

1
難波入江 梔子 花咲き
見よ この花
名を変えた魚が 飛び上がる
   難波 花咲く世
   この世に 生まれ来た
   文書く手を 休めて見た
 真昼の花火 打ちあがる
 空に描いた 私の心
 梔子朽ちることなく
 咲いて染める 天の絵
2.
難波入江 村雨の後に
見よ この花
帰り道歩く 人々は
   言葉満ち足った 一時
   安らいで 音重なり
   地に響いて
 見上げる夜空 輝いて
 書に書いた 私の姿
 天の花添え 口添え
 人は筆に 世を愛で

解説 大阪の歌です。

 1/22なし  1/23なし

2011年01月24日

君光る

携帯電話  MP3

「君光る」

   20081118

解説 アップテンポの曲です。
 

2011年01月25日

国 防

国防 自分の国を守る。
 
 

浅春 釜石之歌

听曲   ?

浅春 釜石之歌    

漢文訳
 
早春草木萌
残光輝之年三年
我去学舎
書文之姿、永遠而、
釜石之鏡也
我此想思、今成、我喜
我有明日
 
日昇時風凪
露置草、具光
君去校庭
釜石覚君之雄姿
恩師之面影有我胸
我有明日
 
隔世万人謂
釜石之式放世光
有師、有友、有我 
学園
 


解説 私の漢文訳です。
       

日本国京都市下京区中堂寺北町40
小林壱裕
 kobayasi@otoko.org 

 

2011年01月26日

天戦

「天戦」
        平成23.01.10   
白矢背に負い  黒川のほとり
太刀抜き上げて 弓矢落しの
              通しの
天よりの戦   我が初名乗り

駒を渡せる   東天のきざし
百合黒き咲き  谷川瀬鳴る
薫る風之き   旗なびくかた

白羽背に受け  赤き山越える
天、高く行く   弓矢通しの
     

追う今日宝刀の 太刀振りかざして
相、討ち追わる 敵の首下げ
瓢箪つつみに  馬、誇らしく

未完歌詞

 

2011年01月27日

窓の外

携帯電話  MP3      4拍子(お薦め)
携帯 歌
    MIDI   歌 MP3         3拍子 

 「窓の外」           
    平成 23/01/26

秋の夜は ながく
田のあぜに 月が
かかる ひたいのかみ
ゆれうごく よぞらに 
なつかしき 若き日々の 
文読む明かり

我がの目に 映る
地の月の  光
君の  影の姿      
窓ごしに  もれ見え
君訪ね 我が行く道 
照らすさやか月

あのころを おもう
人の世に  くらし
過ぎ越し  足跡に
音残す   窓の外  
君知るや 我が世の夢   
今成りて至り
 君知るや 我が世の夢   
 今成りて至り 
  

1/28なし   

2011年01月29日

The Footprints「窓の外」英訳

携帯電話   WMA    Singer: computer
                    
NICE!!   4/4
                

「窓の外」 英訳

The Footprints               translated in
           Jan. 29th, 2011.
The night of autumn, it is long.
There is the moonlight over me.
My hairs are long in the brow.
My long hairs in the brow.
The wind blow weak,stars shine
in the dark sky.
Very long time ago, in my youthful days,
I read a book in the moonlight.

Hearing river stream, in my eyes,
the letters of the moon in its light,
I look at your shadow in curtain,
I come to see you a long way with joy.
You show up to me on your hearing my boots sounds with smile.
The moon gives us light ring.
The moon light holds us.

With people I live in the earth.
I like my good life much.
Beyond all trouble, I live, with you, in this world.
I leave footprints in the way. There remain feet foot sounds.
Do you know me and my dream of the world?
My dream comes true right now on.
Do you know me and my dream of the world?
My dream comes true right now on.

解説  この訳で、歌になると思いますが、いかがでしょう。
    簡単な英語をならべてみました。
    theをのばしたり、少し不自然な英語と思います。    

 
 

楽曲「学聖」(仮題)

携帯電話  MP3


楽曲「学聖」(仮題)
 

  
  解説  メロディだけですが、プログラム作曲です。
     といっても、私が作ったものです。
     プログラムに至らないものです。
     なるべく、自分の意志を入れず、殊更、
     音楽からはみ出ない、無秩序になるように
     つくりました。音楽は感性で作るものである
     と、そういうものでしようが、そんなものは
     なるべくはぶく、そのように作りました。
     こんなものになりました。
     私はこの曲が好きです。
      どうぞ、お楽しみ下さいませ。
                       秋残り 敬白

 1/30なし
 1/31なし