秋残りブログ・コピー 目次  
                        
       20191201     1101     1001     0901
御所、土佐 、冠語
     0801
 御所 、冠語
    0701       0601
令和、御所
      0501        0401
仏、ムー、御所
      0301
      0201       0101
       20181201
モロコ、早入力
    1101
モロッコ、エクセル和音
    1001
高山市
    0901
Ireland
高山市
     0801
Greenland
    0701
 Lewis
      0601
  Magix使用
      0501
 London
 Ireland 
     0401
N.Y London
      0301
New York
      0201
Nw York
      0101
       20171201
キーボード
    1101     1001     0901      0801     0701       0601       0501      0401       0301       0201       0101
       20161201     1101     1001     0901      0801     0701       0601       0501      0401       0301       0201       0101
       20151201     1101     1001     0901      0801     0701       0601       0501      0401       0301       0201       0101
    20141201  1101  1001  0901   0801  0701    0601    0501   0401

0301

     0201

   0101

 20131201

1101

 1001 

 0901 

 0801 

 0701 

 0601

0501 

 0401  

0301  

 0201 

 0101 

 20121201

 1101

  1001

 0901

  0801

  0701

 0601

0501

 0401

 0301

 0201

  0101

 20111201  1101 1001  0901  0801 0701  0601  0501  0401  0301  0201  0101
 2010                      

卒業csvファイル  sotucsv.html 

((男・秋残り 総目次    京都市 小林壱裕 メール:sokyo@otoko.org ))

hikae20110601

20111001 ~

 

2011年10月17日

音の高さ

私の受けた音楽教育
 えらそうな題名です。授業は、普通科高校の音楽授業迄しかありませんが、気づいたことを書きます。

*.音の高さについて、こんな話が出ました。
 ★440Hzの「ラ」が基準になっています。これが標準です。この「ラ」を基準に各々の音の高さをきめていきます。本校は、442Hzの「ラ」を使っております。標準より少し高いです。20歳過ぎくらいから、年齢と共に、高い音が出しにくくなります。世の中の音楽は、440Hzの基準の音楽です。今の皆さんなら、この442Hzの音階が出せます。この期を過ぎれば、440Hzの音楽になり、また、耳に入ってくる音楽も440Hzの音楽になります。外国では、いろんなHzの音楽がありますが、日本は440Hzの標準の音楽です。こういった内容の、先生のお話でした。

 さて、この先生のお話を思い出し、気づいたことを書きます。
今、極、少数の人達の間(専門家でしょうが)で、440より高いHzを使うということがあるらしいです。441から450位でしょうか。私もこれに似たようなことをしています。Hzを高くせず、音楽のソフトの通りの440Hzで、乱暴に2から4半音位上げております。理由は、高い方がきれいに聞こえると思うからです。歌う場合には、先生のお話の通りになります。440Hzのラの基準も、高いくらいです。430位(どんな音かは知りませんが)に下げてもよく、また、乱暴に3半音前後下げても良いと思います。カラオケ施設が、そういうようになっています。
 
 昔は、低い基準を使っていたという話があります。何年か前に、「古き良き時代の音を」といって、演奏をした指揮者があったみたいです。宣伝を見ただけで聴いてはおりませんが、低い基準の音楽だったのでしょうか。

 ただでさえも、音感がないに等しい私は、440Hzの基準でしています。これ以上のガタガタになるのでしょうか。
 このHzの話、音叉の製造にも関係があると思います。材質の均質、また、出来た音叉のHzの許容誤差等もあります。私は乱暴者の音高、単純化で、半音単位でやっております。
 Hzを高くするのは、昔からあるテクニックで、きれいに聴かせるレコード会社のテクニックであったかもしれません。私の想像です。

 音叉の許容誤差という話と同じようなことですが、コンピューターでつくったものもこれがいえるように思います。私の感じたことですが、コンマ以下のHzの違いでしょうが、コンピューターソフトにより、幾分か違うように感じます。機器も、コンピューター、音楽キーボード、メーカーにより違いがあると思います。
 年にあわせた、人の若いときを見て、442Hzを採用された、この音楽の先生の先見の明を称えるものであります。良き教育者に巡り会えた、我が幸せを今、思い返し喜ぶものであります。どうしておられるやら、有難き恩師であります。お元気とご健康を祈るものです。

 小学校の頃に吹いていたハーモニカが幾分か音が高く、御父上に
「これがよい」といわれ、愛用しておりました。このHzの話を思うとき、高い音のハーモニカを与えてくださった御父上に感謝をいたすものです。

 ★さて、このHzの話が出た折に、もう一つのこの授業で話が出ました。私が質問したように思います。「ラ」と「ラ♯」の間の高さを出せますかということです。先生が二つの音をピアノで出され、この間の音です、とおっしゃいました。私はだせなかったのです。今もだせないでしょう。この音をつかった音楽はあるでしょうか。あっても、
今の音階に、(あわして)、単純化して、悪く言えば音痴音楽ということになりましょうか。

 df fg