?

秋残りブログ・コピー 目次  
                        
       20171201     1101     1001     0901      0801     0701       0601       0501      0401       0301       0201       0101
       20161201     1101     1001     0901      0801     0701       0601       0501      0401       0301       0201       0101
       20151201     1101     1001     0901      0801     0701       0601       0501      0401       0301       0201       0101
    20141201  1101  1001  0901   0801  0701    0601    0501   0401

0301

     0201

   0101

 20131201

1101

 1001 

 0901 

 0801 

 0701 

 0601

0501 

 0401  

0301  

 0201 

 0101 

 20121201

 1101

  1001

 0901

  0801

  0701

 0601

0501

 0401

 0301

 0201

  0101

 20111201  1101   1001  0901  0801   0701   0601  0501  0401  0301  0201  0101
 2010                      

((男・秋残り 総目次    京都市 小林壱裕 メール:sokyo@otoko.org ))


20131201~     刑法

2013年12月01日

御宅 他2糸:イカスミ柳

「御宅」
4/4 20131130創曲詩

そうきょう よい家 我が家に日当たる
そうきょう よい家 我が家に着き出る
世はじめのい絵と 我が家をめで暮らす
年月をふりてぞゆかし ともにこの世にあり

ほうぼうで、腹を横に書く。:植柳靡風
かいきょうのそうきょうはよい日です。
そうきょうのよい自分です。

****
 月日あり 目出度き我が家 おたちたり
 月に写りて わが世を謳歌
****
秋残り市立美術館所蔵名品
冬季特別展示
「御宅」
月日 渡家 画戸 

===========================
「香槍」
4/4 20131130創曲詩
とよとよと うたわれはしと
ぜのこゆれほむ えまう
くずらゆと(くずらゆれ) 
おりたるほけと
うるやまゆれ ふする
おゆれたせこ えとやらふく
うまるいいよ ゆたえよ
かずくす あまやらよく
いとみと えたみ

ほうぼうで、腹を横に書く。:植柳靡風
かいきょうのそうきょうはよい日です。
そうきょうのよい自分です。

****
 かおるらる くうれるかゆれ おりふむゆ
 くめやらふるゆ そゆれそ こゆき
****
秋残り市立美術館所蔵名品
冬季特別展示
「薫 峰」
高祖 ふる 画
=========================
「前橋(尊互先〔そんごせん〕)」
4/4 20131130創曲詩

我が家の前橋 川かけ 
渡りて道 とうとう流れる
魚貝いか蛸波 きたりくと
そらいく いいか 見て呼ぶ
私の声 きくよに いつくる
いいを食む 姿よ

ほうぼうで、腹を横に書く。:植柳靡風
かいきょうのそうきょうはよい日です。
そうきょうのよい自分です。
****
 前橋を 渡れば木先 たれを呼ぶ声
 聞きてぞたれる 渡れる世わたる
****
秋残り市立美術館所蔵名品
冬季特別展示
「渡 木宅」
木津 倭〔キヅ ヤマ〕 画戸 


2013年12月02日

あざかり(未熟の花210) 他4糸:イカスミ柳

「あざかり(未熟の花210)」
4/4 20131201創曲詩
かりほの田のあざかる 
とまやみる さとの絵
来たればそと おいおき
ほのやの絵 おとりゆり
あき こぬるを よしおくとま
おりふおりて よしとむ
あきるゆみれる えのの
とうとうみぬ えらふゆくゆ

ほうぼうで、腹を横に書く。:植柳靡風
かいきょうのそうきょうはよい日です。
そうきょうのよい自分です。

****
 いなだたた ゆたたおくくゆ すゆよやる
 すみゆるうくゆ あふるせっとるる
****
秋残り市立美術館所蔵名品
冬季特別展示
「字の田」
道行 晴夫(ミチユキハルオ) 画棟 
==========================
==========================
「疎上-副題「湯」(未熟の花212)」
3/4 20131201創曲詩

はなかゆ はぶる
とよらのここゆ
ふるさと おもほゆを
かよこる うれほる
おとよと ほむるれれ

ほうぼうで、腹を横に書く。:植柳靡風
かいきょうのそうきょうはよい日です。
そうきょうのよい自分です。
****
 花かゆれ 花ふぶるゆ 花いなよ
 よふる そそれる えるる そっくれる
****
秋残り市立美術館所蔵名品
冬季特別展示
「かゆ」
我代 我実(ガヨガミ) 画唄
===========================
===========================
「田造り(未熟の花211)」
4/4 20131201創曲詩

石入れた 田を造ると
土を見ては思う
土上に 石を下に
その下また土と
田を造る 我が家の田
美しき 麗しく
あなゆかる あなほむれ
あなゆゆす あなかゆれ

ほうぼうで、腹を横に書く。:植柳靡風
かいきょうのそうきょうはよい日です。
そうきょうのよい自分です。

****
  田を造り 石を見てほむ 稲の絵の
  いなほつるゆる うくるかざゆる
  (かざゆる-かざれるという言葉となる)     
****
秋残り市立美術館所蔵名品
冬季特別展示
「田由」
道添う 画礼 
============================
============================
「隧道2(未熟の花209)」
5/4 20131201創曲詩
隧道を越えていく その先
ヤマ向こうの字の里至れば
がけのように落ち着く
あざづくり 字の里も造る
ようようできたる 字郷(あざごう)
字の郷と道と田んぼと家端
池あり 湿地の土土 竹植え
藪なるを栢木くる里家(さとや)

ほうぼうで、腹を横に書く。:植柳靡風
かいきょうのそうきょうはよい日です。
そうきょうのよい自分です。

****
 くぐりゆき 隧道いでて みれば崖
 落ちつ落つ浜 下にとうをいう
****
秋残り市立美術館所蔵名品
冬季特別展示
「隧道」
山越 簡単夫 画情 
==========================
==========================
「隧道(未熟の花208)」
5/4 20131201創曲詩
ヤマに穴を開けて
向こう側と 道を通じる
上げ下げ抜く そうきょうのよい 
考えと くりぬき すぐにかかる
早強工事 あっという間に通じた
山越が簡単に 
向こうの里 すぐ行ける 
****
 隧道を くりて繰り抜き 旅行きを
 中貫きくりぬき 字の里見ゆ
****
秋残り市立美術館所蔵名品
冬季特別展示
「隧道」
山越 簡単 画相 


2013年12月03日

田(未熟の花213):イカスミ柳

「田(未熟の花213)」
4/4 20131202創曲詩

稲が出る 稲の田の
稲穂ゆる 稲という
道作 外の 二期作の
稲穂なる 三期の作も
なっている おりやはる
ふるゆあこ みれば
かつおあき なり

ほうぼうで、腹を横に書く。:植柳靡風
かいきょうのそうきょうはよい日です。
そうきょうのよい自分です。
****
 我が田には 二期三期あり 稲穂のわ
 田の世にあたる 歌の山々  
****
秋残り市立美術館所蔵名品
冬季特別展示
「二期毛」
田 咲雪(タ サクユキ) 画唱 
========================
========================
「黒の船出」
(未熟の花214)
5/4 20131202創詩
   20131202創曲

舟に乗り行く 
おおつみとう まだき
朝黒く ふなの帆の先ゆらる
我が度を開くという日
肌さむ 我が家前 港
帆を上げては旅立ち
たつる日の 待ち思う

ほうぼうで、腹を横に書く。:植柳靡風
かいきょうのそうきょうはよい日です。
そうきょうのよい自分です。
****
  帆を上げて たびゆき思う 我の世に
  舟を漕ぎいづ ようよう渡る(を)
****
秋残り市立美術館所蔵名品
冬季特別展示
「黒田」

2013年12月04日

柳銀(未熟の花2015):イカスミ柳

「柳銀(未熟の花215)」
3,7/4 20131204創曲詩

柳と銀杏の合わせ
二樹一木に住まえば我が家
柳の入り口出口
銀杏奥 陽はあたる
屋根は二樹なり
そうきょうよい家
住めば都は我が家

ほうぼうで、腹を横に書く。:植柳靡風
かいきょうのそうきょうはよい日です。
そうきょうのよい自分です。
****
 我が住まい 柳銀ともの 自然園(じねんえん)
 都にありて ともざきの木々
  (ふふはつれば ゆれつ ともとる かゆれくく
  これをともという。)
 
****
秋残り市立美術館所蔵名品
冬季特別展示
「柳銀」
良家 師 画上 


2013年12月05日

松梅(未熟の花219) 他2糸:イカスミ柳

「松梅(未熟の花219)」
345/4 20131205創曲詩

松梅は繁栄す 家を上
天の下を我が世と繁り繁る
家は花なり 両なりの
二樹の松梅は
年共にふる木
めでたきの花家

ほうぼうで、腹を横に書く。:植柳靡風
かいきょうのそうきょうはよい日です。
そうきょうのよい自分です。
****
 松と梅 合わせの大樹 家が花
 めでたきかなと 互い手合わせ
****
秋残り市立美術館所蔵名品
冬季特別展示
「松梅」
繁栄 松下(ハンエイショウカ) 画家 
========================
========================
「電流(未熟の花217)」
345/4 20131205創曲詩

川流れ そばに電流あり
そうきょうよい流れ 
さらさらいく小川
音聞く電流のよいお蔭
暗い帰り道 光足した
月夜下

ほうぼうで、腹を横に書く。:植柳靡風
かいきょうのそうきょうはよい日です。
そうきょうのよい自分です。
****
  帰り道 やみほの光 月夜下 
  電気は流れ さらいく小川
  (やみほという電設)
****
秋残り市立美術館所蔵名品
冬季特別展示
「電流」
音楽者 美帆 画淡
========================
========================
「森の家(未熟の花218)」
345/4 20131209創曲詩
森中に 家は木の上にある
下にも有る 朝日が登り
あたる光 露受け小枝映え
キラリキラ あまの下に
手を広げ 我を謳う 木の家
 
ほうぼうで、腹を横に書く。:植柳靡風
かいきょうのそうきょうはよい日です。
そうきょうのよい自分です。
****
  木家なる 上に下なる ありてなる
  天の下なる 謳歌の木なる
****
秋残り市立美術館所蔵名品
冬季特別展示
「森の家」
音楽家 森子 画濃 


2013年12月06日

刑法9条(啓蒙歌謡1・未熟の花500):イカスミ柳

「刑法9条(啓蒙歌謡1)(未熟の花500)」
4/4 20131205創曲詩

いろんな刑がある
死刑と懲役 禁錮に罰金
拘留 科料 これが主刑
没収 これが付加刑
第9条に書かれ 刑の種類書き
遵法精神 まじめに生きる

ほうぼうで、腹を横に書く。:植柳靡風
かいきょうのそうきょうはよい日です。
そうきょうのよい自分です。

****
 犯罪に 刑はつきもの 法治の国
 犯罪憎む 順法の人
****
秋残り市立美術館所蔵名品
冬季特別展示
「刑法9条」
法治 国家 画主 


2013年12月07日

常の船出(未熟の花220):イカスミ柳

「常の船出(未熟の花220)」
4/4 20131205創曲詩
君、愉快な日、行こう、
川越えて園山へ
私は見てる 舟の帆をあげては
舵をとり、ヨウソロと声を出し
行くてしっかりと見
とりおも舵をきると、
ようよう朝あけていく

ほうぼうで、腹を横に書く。:植柳靡風
かいきょうのそうきょうはよい日です。
そうきょうのよい自分です。

****
 日の出ゆり ようよう帆をあげ 舵をとる
 行くて染める ほの矢の日光る
 ****
        日の出ゆり、日の出ゆらともいう。
    日の出のまだらをいう。
    日の出前という、朝まだきという
    じ(時)という。ときをじという、舟の時刻という。
****
秋残り市立美術館所蔵名品
冬季特別展示
「津トメ(常)」
風見 方恵 画多
(カザミ カタエ(ホウエ))


死刑(刑法11条・啓蒙歌謡2・未熟の花501) :イカスミ柳

「死刑(刑法11・未熟の花501)」
4/4 20131205創曲詩
死刑は、監獄内において、
絞首して執行する。死刑の言渡しを
受けた者は、その執行に至るまで、
監獄に拘置する。刑法の11条に書かれ、
国は、これ行う。

ほうぼうで、腹を横に書く。:植柳靡風
かいきょうのそうきょうはよい日です。
そうきょうのよい自分です。

****
 死刑たる これを行う 現今の
 国の正義と 法治いきとどき
****
秋残り市立美術館所蔵名品
冬季特別展示
「桂宝樹・守法の花」
法樹 県 画久


2013年12月09日

うたたはや(未熟の花240):イカスミ柳

「うたたはや(未熟の花240)」
3/4 20131209創曲詩

カラス鳴きてぞ 道に
我が足 見たる
黒を尊ぶ 日暮れ
揺らぎて衣舞う
 うたたはや やみとぞ
 呼びてぞ とばる くゆ
 ありと たゆれる いなり野
 きょうと すぐ

ほうぼうで、腹を横に書く。:植柳靡風
かいきょうのそうきょうはよい日です。
そうきょうのよい自分です。
****
 うたたはや 闇は訪う ひぐる末
 よきよき夜に とばるゆうれ(と)  
 〔ぞ、いう〕
 この日の歌である。
****
秋残り市立美術館所蔵名品
冬季特別展示
「ちょう」
合唱 巣 作画 


2013年12月10日

共同正犯(刑法60条・未熟の花504):イカスミ柳

「共同正犯(刑法60条・未熟の花504)」
4/4 20131210創曲詩

二人以上共同して犯罪を
実行したものは、すべて
正犯とす。記された60条、
そうきょうよい所、人集まり
話をする 聞く目耳に
法を守る心がけ

ほうぼうで、腹を横に書く。:植柳靡風
かいきょうのそうきょうはよい日です。
そうきょうのよい自分です。
****
 聞く話 する話には 正しさを
 正しさは法 天下を照らす
****
秋残り市立美術館所蔵名品
冬季特別展示
「正しい話」
御静聴 感謝 画感


2013年12月11日

山里の冬(未熟の花241):イカスミ柳

「山里の冬(未熟の花241)」
3354/4 20131210創曲詩
白い雪だけ 降り積む里
あしの葺きの屋根隠す
雪積む里 うとる はかと
おきや 見たるこの宿
おおきくも ゆきなむ はとやら
からす鳴きて 暖とる
歌を歌いてぞ ふくゆきめで 冬

ほうぼうで、腹を横に書く。:植柳靡風
かいきょうのそうきょうはよい日です。
そうきょうのよい自分です。
****
 ゆきふり 雪積むず降り 白きの世
 冷谷渡る かざ運び ゆき
 (かざ、風のこと。)
****
秋残り市立美術館所蔵名品
冬季特別展示
「山里の冬」
景色 良谷 画朗


2013年12月12日

刑法61条(未熟の花50):イカスミ柳

「刑法61条(未熟の花50)」
4/4 20131210創曲詩
人を教唆して犯罪を実行
させた者には、正犯の刑を科する。
教唆者を教唆したものについても、
前項と同様とする。教え 正しくを
保つ

ほうぼうで、腹を横に書く。:植柳靡風
かいきょうのそうきょうはよい日です。
そうきょうのよい自分です。

****
 よいことを 聞き教え られ 身を清く
 心正しく 晴れ世の舞台
****
秋残り市立美術館所蔵名品
冬季特別展示
「良知」
正義 保 画爵 


2013年12月13日

四典礼(四天葬・春葬・未熟の花701):イカスミ柳

「四典礼(四天葬・春葬・未熟の花701)」
4/4 20131212創曲詩


同じ歌 拍子変わり
「四典礼(四刻・春葬・未熟の花702」
3456/4 20131212創曲詩

春は逝く時より 花がともをす
逝く惜しむ 人、春に住み、黒夏の来
夏に追われる春愛で憐れむ
春に別れ 一年のいき巡り
再来の時思う 一年は短くも
長くあり 春は逝く

ほうぼうで、腹を横に書く。:植柳靡風
かいきょうのそうきょうはよい日です。
そうきょうのよい自分です。
****
 春惜しむ 花共をする 黒き夏
 来たりて春に 礼を述べ尽くす
****
秋残り市立美術館所蔵名品
冬季特別展示
「春葬」
四季 諸相 画樹 


2013年12月14日

内乱・刑法77条(未熟の花505):イカスミ柳

内乱・刑法77条(未熟の花505)」
5/4 20131213創曲詩
国の統治機構を破壊し、
又はその領土において
国権を排除して権力を行使し、
その他憲法の定める統治の
基本秩序を壊乱することを
目的として暴動をした者は、
内乱の罪とす。首謀者は、
死刑又は無期禁錮に処する。
国は速やかに暴動を鎮圧す。
全員逮捕の清々しさ。

ほうぼうで、腹を横に書く。:植柳靡風
かいきょうのそうきょうはよい日です。
そうきょうのよい自分です。

****
 暴れ者 革命理由に もの壊し
 徒党たむろす 全員逮捕
****
秋残り市立美術館所蔵名品
冬季特別展示
「刑法77条」
法治 国家 画主 


2013年12月15日

秋櫻子(未熟の花256):イカスミ柳

「秋櫻子(未熟の花256)」
4/4 20131215創曲詩
秋櫻子 あきさきの 黄色花
そうきょう よい花の香りと
園歩き 蟻がいでては小走る
道脇の家の かきなる
結びの品のよきなり

ほうぼうで、腹を横に書く。:植柳靡風
かいきょうのそうきょうはよい日です。
そうきょうのよい自分です。

****
 秋櫻子 咲きたる崎の その先の
 脇なる家の 結びおり柿
****
秋残り市立美術館所蔵名品
冬季特別展示
「秋家」
法治 国家 画主


2013年12月16日

外患誘致(刑法81条・未熟の花506):イカスミ柳

「外患誘致(刑81・未熟の花506)」
4/4 20131213創曲詩

外国と通謀して
日本国に対し、
武力を行使させた者は
死刑に処すると、条文にうたわれ
これを守り、国の豊かを継承す
我が里守るは、わが努め
外患をはらう

ほうぼうで、腹を横に書く。:植柳靡風
かいきょうのそうきょうはよい日です。
そうきょうのよい自分です。
****
 悪漢は 外国と通ずる 時にこれ
 くじくは正義 悪漢をほかす
****
秋残り市立美術館所蔵名品
冬季特別展示
「刑法81条」
国郷 守里 画空 


2013年12月17日

外患援助(刑法82条・未熟の花507):イカスミ柳

「外患援助(刑法82条・未熟の花507)」
4/4 20131216創曲詩
日本国に対して外国から
武力の行使があったときに、
これに加担して、その軍務に
 服し、その他これに軍事上の
 利益を与えた者は、死刑、
 無期、二年以上の懲役に処する。
国家権力、これを重んず
法は国の行動規範
個人同様  

ほうぼうで、腹を横に書く。:植柳靡風
かいきょうのそうきょうはよい日です。
そうきょうのよい自分です。
****
 死刑、無期 2年以上の 懲役は
 外患援助の 悪人の罪
****
秋残り市立美術館所蔵名品
冬季特別展示
「刑法82条」
法治 常雄 画主


2013年12月18日

現住建造物等放火(刑法108条・未熟の花508):イカスミ柳

「現住建造物等放火
(刑法108条・未熟の花508)」
4/4 20131217創曲詩
放火して、現に人が住居に
使用し又は現に人がいる
建造物、汽車、電車、艦船
又は鉱坑を焼損した者は、
死刑又は無期若しくは
五年以上の懲役に処する。
法に守られ、旅、住まいは
安全、火の用心

ほうぼうで、腹を横に書く。:植柳靡風
かいきょうのそうきょうはよい日です。
そうきょうのよい自分です。
****
 つねつねに 居場所住まいの 安全を
 火の用心を 今、怠らず
****
秋残り市立美術館所蔵名品
冬季特別展示

「火の用心」
用心 住居 画本 


2013年12月19日

里白冬(未熟の花241):イカスミ柳

「里白冬(未熟の花242)」
3/4 20131213創曲詩
雪が落ちて来る
空はイカスミに彩られ 
船は帆を下ろす
地面には氷厚く張り
水面 白く流れぬ
冬将軍のおこしゆき
あああ
里に白冬

ほうぼうで、腹を横に書く。:植柳靡風
かいきょうのそうきょうはよい日です。
そうきょうのよい自分です。
****
 白冬に 船は帆下ろす おこしゆき
 いかすみぞらの 低く降りたり
****
秋残り市立美術館所蔵名品
冬季特別展示
「里白冬」
白冬 帆〃 画布


2013年12月20日

追跡(未熟の花214):イカスミ柳

「追跡(未熟の花244)」
4/4 20131220創曲詩

冷風頬触れて 
足下下に霜柱
樹氷の光花香れど 
黒空は覆う眼前
旅路は中程過ぎ
古き我が家 
星路追う 
流れて落つ
ついゆす

ほうぼうで、腹を横に書く。:植柳靡風
かいきょうのそうきょうはよい日です。
そうきょうのよい自分です。
****
 黒き夜 雪しばし止み 星流る
 追いて追う我が 黒家の黒谷
 (黒夜追跡)
****
秋残り市立美術館所蔵名品
冬季特別展示
「追跡」
黒色 捜 画由 


2013年12月21日

気体(未熟の花245):イカスミ柳

「気体(未熟の花245)」
6/8 20131220創曲詩

丸い気体浮く この地上の
我が家の誇り 我がの世は
手に 月と火を手に世を行く
そうきょうのよいこの丸い気体
浮いて我とあるを この世ともに
われいきて愛でる 

ほうぼうで、腹を横に書く。:植柳靡風
かいきょうのそうきょうはよい日です。
そうきょうのよい自分です。

****
 ゆみたまちょう 穂のふれるを見 浮き立つ
 木の揺れ音ぞ かめらるすすむ
 これをゆみまという。
****
秋残り市立美術館所蔵名品
冬季特別展示
「気体」
気体 総由 画主


2013年12月22日

富士山(未熟の花247):イカスミ柳

「富士山(未熟の花247)」
4/4 20131221創曲詩
赤色の山 日本一の
富士山 日に染まり輝く
そびえる姿 きれいに
広がる裾野 神々しくある

ほうぼうで、腹を横に書く。:植柳靡風
かいきょうのそうきょうはよい日です。
そうきょうのよい自分です。
****
 山赤き 雲〃赤き 日は赤き
 月、夜に赤き 我が家は赤き
****
秋残り市立美術館所蔵名品
冬季特別展示
「富士山」
姿 良仙 画王
 


2013年12月23日

現住建造物等浸害 (刑法119条・未熟の花509):イカスミ柳

「現住建造物等浸害
(刑法119条・未熟の花509)」
4/4 20131218創曲詩
出水させて、現に人が住居に
使用し又は現に人がいる
建造物、汽車、電車又は
鉱坑を浸害した者は、
死刑又は無期若しくは
三年以上の懲役に処する。
水は大切、水を制して、用水保ち
水に感謝の心がけ

ほうぼうで、腹を横に書く。:植柳靡風
かいきょうのそうきょうはよい日です。
そうきょうのよい自分です。
****
 常日頃 用水保ち 出水にも
 配慮肝心 里良きを期す
****
秋残り市立美術館所蔵名品
冬季特別展示
「水防水要」
郷 水利 画倫 


2013年12月24日

未熟の花510:イカスミ柳

「汽車転覆等及び同致死
(刑法126条・未熟の花510)」
6/4 20131223創曲詩

現に人がいる汽車又は
電車を転覆させ、又は破壊した者は、
無期又は三年以上の懲役に処する。
現に人がいる艦船を転覆させ、沈没させ、
又は破壊した者も、前項と同様とする。
前二項の罪を犯し、よって人を死亡させた者は、
死刑又は無期懲役に処する。
交通手段大事、守る話

ほうぼうで、腹を横に書く。:植柳靡風
かいきょうのそうきょうはよい日です。
そうきょうのよい自分です。
****
 大切な 交通手段と 法守る
 先行き明し 前途洋々 
****
秋残り市立美術館所蔵名品
冬季特別展示
「乗り物大事」
交法 手段 画主    

2013年12月25日

殺人(刑法199条・未熟の花511):イカスミ柳

「殺人
(刑法199条・未熟の花511)」
4/4 20131225創曲詩

人を殺した者は、死刑又は
無期若しくは三年以上の
懲役に処する。
いつも命大切
他人を尊ぶ
掲示板 腹を横に書いてる
青空の下

ほうぼうで、腹を横に書く。:植柳靡風
かいきょうのそうきょうはよい日です。
そうきょうのよい自分です。
****
 天の下 腹をぞ横に 書く掲示
 愉快満悦 ワッハッハッハッハア ワッハ 
****
秋残り市立美術館所蔵名品
冬季特別展示
「尊人」
法 大好 画由 

2013年12月26日

時空:イカスミ柳

「時空」
4/4 20131226創曲詩

あの日、黒朝、起きてたびに出る
その日は、拝空、東に歩をとる
この日まだきしろぞむ明けは
月が残り 寒きを訴う
うそ空染む 赤き日のうれしき

ほうぼうで、腹を横に書く。:植柳靡風
かいきょうのそうきょうはよい日です。
そうきょうのよい自分です。

****
 すぐれば夜 月は旅後 眼下の日
 赤空足下 下より昇る
 月を足という。
****
秋残り市立美術館所蔵名品
冬季特別展示
「月上日下」
宇宙 人有 画仙 

2013年12月27日

地球反回転、他40曲:イカスミ柳

「地球反回転」
4/4 20131227創曲詩
日が西から出 至る
天の真ん中 黒い
認め見たれば 丸い日
黒い真っ黒御日と
ふたつ並んだ空の太陽
日は過ぎて東の山に
入り給う 黒い御日空と
丸い月とが空にいる

ほうぼうで、腹を横に書く。:植柳靡風
かいきょうのそうきょうはよい日です。
そうきょうのよい自分です。

****
 黒御ん日 天に至りて ともをみ
 すぎてぞいりを そみとむいさ
****
秋残り市立美術館所蔵名品
冬季特別展示
「黒東」
調整 地状 画遊

==================
駄作大全 プログラム作曲
堂々UP LOAD 40曲 同形 
本日公開 伴奏付き
プログラム作者 : 秋残り工業工科大学
使用機種     : Akinokori-OS搭載 秋残号
             通称 Hot Bizz Kiss Moonlove
            最新機種 環境対応型
            テクニカル・ミュージック・ランゲージ
            によるプログラム・ソフト「mizyuku」
            作曲作詞自由自在
                         CPU OK ,  memory 100%
            マッハ100瞬足入力可、
            水冷式エンジン検索により
            ディスク熱遮断、
                        無線発信着信、テレビカメラ搭載  
             サーバー自由自在、太陽熱利用、
            自己発電装置により長時間使用可
            イオン交換装置、放射能対応ガイガー
            (オプション)、肩掛け紐付き、 
            画面拡大装置レンズ(折りたたみ式)
            むしメガネ搭載、化粧台鏡台仕様
            オゾン発生可、蚊取り線香付き
           (希望により着脱式持ち運び小型蚊帳) 
          秋残り市産業博覧会出品技術賞受賞
          *上記仕様は2013年12月27日
           現在のものです。都合上、予期なく
           変更する場合があります。

4/4  16小節 
20131223(1.mp3    20131223(2.mp3   
20131223(3.mp3    20131223(4.mp3   
20131223(5.mp3    20131223(6.mp3   
20131223(7.mid    20131223(8.mid   
20131223(9.mid    20131223(10.mid   
20131223(11.mid    20131223(12.mid   
20131223(13.mid    20131223(14.mid   
20131223(15.mid    20131223(16.mid   
20131223(17.mid    20131223(18.mid   
20131223(19.mid    20131223(20.mid   
20131223(21.mid    20131223(22.mid   
20131223(23.mid    20131223(24.mid   
20131223(25.mid    20131223(26.mid   
20131223(27.mid    20131223(28.mid   
20131223(29.mid    20131223(30.mid   
20131223(31.mid    20131223(32.mid   
20131223(33.mid    20131223(34.mid   
20131223(35.mid    20131223(36.mid   
20131223(37.mid    20131223(38.mid   
20131223(39.mid    20131223(40.mid   
20131223(41.mid    20131223(42.mid   

2013年12月28日

年末感謝(世・未熟の花250)他10曲:イカスミ柳

駄作大全 
10曲 4/4 プログラム作曲 同形

「今年よ、ありがとう。
 さよなら 2013年!」
 
     
演奏 : 秋残り高校
      シンセサイザー・オーケストラ
指揮 : ダー・サクネルスカヤ女史
指導 : 冬町 通 音楽科教諭
於   : 2013年12月28日 
               秋残り市会館コンサート・ホール

20131227(1.mp3
      20131227(2.mp3
20131227(3.mp3      20131227(4.mp3
20131227(5.mp3      20131227(9.mp3
20131227(10.mp3     20131227(11.mp3
20131227(12.mp3     20131227(13.mp3
20131227(14.mp3     20131227(15.mp3
20131227(16.mp3     20131227(17.mp3

「いやぁ、盛大にやってますね」
「いろんなことがありましたが、
 今年ももう少しですね」

「いい年でしたヨ、今年は。
 ファンが倍増しましてネ、
 映画界から声がかかりました。
 『若い歌・未熟編』に使われました。
 来年の分がもう来てますよ。
 大ヒットを飛ばしたでしょう、
 あの秋残りフィルムですよ。」

「僕だって、よい年だったよ。
 タンゴで皆様賞をもらったよ。
 人生いきに燃えてます。
 来年も、この調子でいきます。」
「それでは、皆様、来年も
 よい年でありますよう」
=======================
「年末感謝(世)・未熟の花250」
4/4 20131227創曲詩
今年いろんなことがあったね
君と僕とはめぐりあい
ひとめ見ては君が好きになり
みそめたあの日の思い出は
年去れど有り
この年を憶え会えた
うれしさを君ととも
行く瀬、新たな年に幸を
願う、日降りまた昇る

ほうぼうで、腹を横に書く。:植柳靡風
かいきょうのそうきょうはよい日です。
そうきょうのよい自分です。
****
 暦くる 手にあらた光 かげ、ふるき
 宿して年を 取るぞ久しき
 (年をとることを「久し」という、
  「久しむ」ともいう。)
****
秋残り市立美術館所蔵名品
冬季特別展示
「新旧」
年末 年初 画増
(日心)


2013年12月31日

春の宿・未熟の花701

新春用
皆様あけましておめでとうございます。

「春の宿・未熟の花801」
4/4 20131229創曲詩
新し年 窓に雪見
松笠白 山白屋根
窓より見 皆白世界の
雪に覆われ 光キラキラ
輝き この初春祝う声
獅子が舞う 我が家に
招き入れて 幸多き

ほうぼうで、腹を横に書く。:植柳靡風
かいきょうのそうきょうはよい日です。
そうきょうのよい自分です。
****
 初春に 獅子も舞いたる 雪キラリ
 遠山白き 日は道に映え
****
秋残り市立美術館所蔵名品
冬季特別展示
「初春」
初始 肇 画孫
(しょし はじむ)