秋残りブログ・コピー 目次  
                        
       20191201     1101     1001     0901      0801       0701       0601       0501        0401       0301       0201       0101
       20181201
モロコ、早入力
    1101
モロッコ、エクセル和音
    1001
高山市
    0901
Ireland
高山市
     0801
Greenland
    0701
 Lewis
      0601
  Magix使用
      0501
 London
 Ireland 
     0401
N.Y London
      0301
New York
      0201
Nw York
      0101
       20171201
キーボード
    1101     1001     0901      0801     0701       0601       0501      0401       0301       0201       0101
       20161201     1101     1001     0901      0801     0701       0601       0501      0401       0301       0201       0101
       20151201     1101     1001     0901      0801     0701       0601       0501      0401       0301       0201       0101
    20141201  1101  1001  0901   0801  0701    0601    0501   0401

0301

     0201

   0101

 20131201

1101

 1001 

 0901 

 0801 

 0701 

 0601

0501 

 0401  

0301  

 0201 

 0101 

 20121201

 1101

  1001

 0901

  0801

  0701

 0601

0501

 0401

 0301

 0201

  0101

 20111201  1101   1001  0901  0801   0701   0601  0501  0401  0301  0201  0101
 2010                      

卒業csvファイル  sotucsv.html 

((男・秋残り 総目次    京都市 小林壱裕 メール:sokyo@otoko.org ))

20181201 エクセル早入力 ポルトガル、深草

2018年12月01日

卒業3407京都船旅2307古譜1307大原練習1207天の下1607 PortuguesQTan 葉原(壮強太陽)鳴恭川世讃歌):イカスミ柳


馬にはのらない:健全家
そうきょうのよい思い出し:高瀬川行代
字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:山吹 正
かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
そうきょうのよい自分です。:ドクダミ薫
天の下、山拝み。つねづね。:紙祖川劣る

【曲名】卒業3407京都船旅2307
古譜1307大原練習1207天の下1607 PortuguesQTan 葉原(壮強太陽)
鳴恭川世讃歌)

【創曲】2018/12/01、柳晴
     創曲、Ue
     造詞、Sita
     監修、Naka
     訳  深草中将百夜(秋残り市在)
【拍子】4/4
【種類】コロポックル・フークー
【演奏】Portugal lucky Orchestra
【場所】rock mountain
【ファイル】
sm3ファイル
【作成ソフト】
  ①Music Score3、シルバースタージャパン社
  ②バンドインボックス使用
【歌詞】創郷 
頭を左にし 剣 前にし 兵は進む
ありてよみはな ふるえれる れれる
はら ふすれ そみゆたたる 兵つわ
草ゆぶか ふくれ ふくくみゆれど
花ゆかき 深草や


 狐の天気予報。〇r1918/08/27
 狐と。 過去をとく、という。
 場所、そ。 狐言:こって。
 狐晴れを、柳世葉とぞ。
 桃晴れごぎつね、秋晴れごん
   ((明日晴れたなら行こう、大原砂山))

【解説】君、探敵中、情景。 破風之談
------日出葦談笑聴
明日晴れたなら行こう、大原砂山
品花雲しなよる~~柳雲~~山吹雲~~桃雲~~銀杏雲~~朴ノ木雲
Be in Ideal town.
【深草交信2】 今様(こんさま)さむる。
 ありすゆゆ原、せせすろろふ。するるめっせる。
これをとぞ。深草や、れれる、せむす、るるす、ろうくす。
これたるを。

 みみむ、ゆゆす、めるれるせるす。すっくす、ろるす。
みくずく、れっそ、そうすゆ、るうるふ、これをよるにぞ。
 雨(あま)るららや、ららるら、ろろゆ。せむへっける。
すめす、るるす、るめる、せむれそうふる。

 るはる山るら、めんれるようすく。すくやく、ろっくす。
これ、ゆっら、せめるるるふ。せっつるろむる。
まっくすれっく、これなるを。

 マイク持つ手ぞ、おつゆ受け、ははらゆま、すすゆすすゆ。
兵つわら、るっくるろっこす。これゆ、まっくる。
ゆま山おりる、ふるゆる雨らら、ららっける。
るんそ、せっぷす。これをにぞ。

 兵、手すらるる。めむゆむろろす。こっつす。るっくす。
ろくるららや。あゆれるかなふり。金らら、よみるるよられ、
おっしるすすらむ。これ、機械のみゆららとそ。

 古語ありす、ありてる、みるる。古語を古い言葉という。
むゆゆろる、おるするむむす。これをよる、にぞ。
 おっちすれえれ、すむす竹ゆら、かむするれっする。
むんて、ややはる、もっとるむるれる。せんれさむす。
めるれるおっつす。これを、めてやら、とそ。
略。
 めるすかゆふる。
 
 蚊深き草深き、露ふくる草るめっせる。草深い藪のことを
いう。我がゆ、せってす。ろろす、くゆれる。これを、駒
進む、という。鉄駒の部隊隊、めるせるゆむる。これを
ゆゆれ草という。うっくつれえま、そむれる、くそゆす、
という。

 『アイれら、はって』という、声を聴く。機械語のこと
とそ。機械への命令という。『ゴーユム、ペッセル』という。
前ゆらたたれ、とそ。おりまゆの花、これをと。
 『ハックユック、ユックハック』という声の前を見ゆ。
これを、估語(人偏に語を書く)という。機械のことは゛である。
今をとる山という。一戦機兵という。深草連合軍という。

 ギタららの手、赤い甲羅手脚絆、はめて、いくゆく。
いきいきの山という。ぎんみす山のお書きという。
今を去る一千万年前のことである。深草郡(ふかくさむら)、
これを記す。

 曲をロックという。この期のロックである。
機械ゆありてありる。ありせせせるせるる。これを、
めんて、めってす、ともとぞ。
 これにて、枢要らら、ゆゆらら、ふふせる、れっつす。
れっとみの山という。

これを、ゆのふみ、という。ぜんふありあるせらの期
という。
 ふふはらゆゆす、これという。
 また、後とす。
 
 国を作る、これらる。営国という。
 後、略す。
 そうきょうの行進、機械ありてそ。
 
 ふふみ気(ふふみあけ)という。文に行を
あけるをいう。

 おばゆという文である。明日の花という歌という。
本曲という。
 明日葉の花、これゆる。にるらら、せせる、ふとよ。
これにらる。期る。

//□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□□
Mr. Atom Lucky Ager, "Portugal report" より

2021年 柳子 し ね     正(やなぎ)子
2022年 柳丑 ちゅう うし 正(やなぎ)丑
2023年 柳寅 いん とら 正(やなぎ)寅
2024年 柳卯 ぼう う   正(やなぎ)卯
2025年 柳辰 しん たつ 正(やなぎ)辰
2026年 柳巳 し み     正(やなぎ)巳
2027年 柳午 ご うま   正(やなぎ)午
2028年 柳未 び ひつじ   正(やなぎ)未
2029年 柳申 しん さる 正(やなぎ)申
2030年 柳酉 ゆう とり 正(やなぎ)酉
2019年 柳戌 じゅつ いぬ 正(やなぎ)戌
2020年 柳亥 がい い   正(やなぎ)亥


      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』
       蒼郷 鳴恭川世讃歌 の項
       秋残り市史編纂員、余。
       秋残り市史篇絵巻物

***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***

秋残り市立美術館冬期展示
『古譜1307大原練習1207天の下1607 PortuguesQTan 葉原(壮強太陽)鳴恭川世讃歌)』
俄家判 びという字。
秋残り市、凡人倶楽部所属、元
MusicScore3

-----------------------------------------------------
 仮想店 出品 ID:Kyou4078
     画商『曽端』俳画専門
     豪華額縁付 2000円ヤナギ
  著者@350上巣真芯
  UESUMASi W.E.州 Machine   


-----------------------------------------------------
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
一行日記
1918/08/27柳晴、東京在、10秋残り君来、12すき焼き、16大阪、19宿
***サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ***
------

ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
全て、仮想です。実在とは、無関係です。
楽譜の作曲者名、作詞者名等はもちろん、私が
勝手につけた名前で、ええ加減に書いてあります。
同じ名前の方がおられましたら、同姓同名です。
実際の作詞作曲者は、私、駄作者の秋残り、本ブログ
著者小林壱裕です。
記事は架空です。著者@350
Notice:Writer says,
Names are virtual on this article.
Matters are not real.
 2018年12月01日

柳よい日

1月5日 柳良い日
1月4日 柳良い日
1月3日 柳良い日
1月2日 柳良い日
1月1日 柳良い日
12月31日 柳良い日
12月30日 柳良い日
12月29日 柳良い日
12月28日 柳良い日
12月27日 柳良い日
12月26日 柳良い日
12月25日 柳良い日
12月24日 柳良い日
12月23日 柳良い日
12月22日 柳良い日
12月21日 柳良い日
12月20日 柳良い日
12月19日 柳良い日
12月18日 柳良い日
12月17日 柳良い日
12月16日 柳良い日
12月15日 柳良い日
12月14日 柳良い日
12月13日 柳良い日
12月12日 柳良い日
12月11日 柳良い日
12月10日 柳良い日
12月9日 柳良い日
12月8日 柳良い日
12月7日 柳良い日
12月6日 柳良い日
12月5日 柳良い日
12月4日 柳良い日
12月3日 柳良い日
12月2日 柳良い日
12月1日 柳良い日

2018年12月02日

卒業3408京都船旅2308古譜1308大原練習1208天の下1608 PortuguesMaeFilho 深山母子(壮強太陽)鳴恭川世讃歌):イカスミ柳


馬にはのらない:健全家
そうきょうのよい思い出し:高瀬川行代
字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:山吹 正
かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
そうきょうのよい自分です。:ドクダミ薫
天の下、山拝み。つねづね。:紙祖川劣る

【曲名】卒業3408京都船旅2308
古譜1308大原練習1208天の下1608 PortuguesMaeFilho 深山母子(壮強太陽)
鳴恭川世讃歌)

【創曲】2018/12/02、柳晴
     創曲、Ue
     造詞、Sita
     監修、Naka
     訳  深草中将百夜(秋残り市在)
【拍子】4/4
【種類】コロポックル・フークー
【演奏】Portugal lucky Orchestra
【場所】rock mountain
【ファイル】
sm3ファイル
【作成ソフト】
  ①Music Score3、シルバースタージャパン社
  
【歌詞】創郷 
大原越える夕焼け道に かおれる花
優雅に深山母子 古い私の思い出に
花一匁  今日訪ねた故郷 秋
おわらの日 邑の人の笑みに
会えば かすかな憶え
  御母はいませる花背宿に
  秋ゆれこなれ秋ゆ 母子草に
  微笑み顔の懐かしみ 思うことやら
  今日秋枠(秋は来)古い日 こは
  はれゆらる はっくの指きたす
  るるす くゆふる 
さんる


 狐の天気予報。〇r1918/08/28
 狐と。 過去をとく、という。
 場所、そ。 狐言:こって。
 狐晴れを、柳世葉とぞ。
 桃晴れごぎつね、秋晴れごん
   ((明日晴れたなら行こう、大原砂山))

【解説】君、探敵中、情景。 破風之談
------日出葦談笑聴
明日晴れたなら行こう、大原砂山
品花雲しなよる~~柳雲~~山吹雲~~桃雲~~銀杏雲~~朴ノ木雲
Be in Ideal town.
【深由交、ふかゆこう】 今様(こんさま)よよる。
 <<大原>>
 京都の北東に、大原越えに差し掛かる所、道二手に分かれる
所を西にとる。そこを大原越え前ゆら、という。西にとって
しばらく行くと、貴船という、紅葉の名所へ着く、その奥、
鞍馬になる。ここを越えて、杉木立の中をしばらく行くと、
花背という所へたどり着く。

<<花所、はなじょ、はなしょ>>
 ここを、よみ山ゆらという。昔の言いという。
『秋おわりらる』という、その期の言いとそ。
『京や、浜ゆら、ららはる』とそ。秋の日の
花所(はなじょ、はなしょ)という。後、はなす、という。
花背まらゆら、おいほる、ららふ、とっ、という。

 とつれつの山目という。京深々のせゆはるらる、という。
ここを、山都(さんと)という。古い京の言いで、こすゆすれんそ、
という。深くいけば福井へ行く。
 『おおゆらくっくく』という。こすゆすれれる、ろるんほ、
という。ここの都を、よりふる山という。わがゆらのおゆれゆ、
という。かるれるせるるゆゆす、ここを、うまるれ、という。
京奥高ゆら、ゆらふらるる、おゆふ、という。

<<大悲、鞍馬天狗>>
 鞍馬天狗の生まれた所という。大悲ゆ、という。大悲山の
お山という。
 ここゆ、川はらる、くるすややや、とそ。日の光をやという。
山のおこととそ。大悲浦という。川広山々という。川山のおけ、
という。ここけせのおふるらら、という。おふれるとっく、
という。これを大安(だいやす)という。
 わがふるるるる、という。古い日の、大野山原(おおぬ
やまはら)の行きである。

 ふるふるおれる、という。わが里とそ。山ありてそ。
ふるるひゆぶる、という。壬生ゆら川ゆ、ははら、はられる
すっ、とそ。

 ゆみふらゆ、こる、せるる、せるせ、るるほ、すっすす、
という。花所川津という。ここを、鞍ゆり、という。
わがゆの絵、こことそ。大原ごそ、という。

<<京北>>
 ごっく、くっくく、という。大原ごっくの山という。
古き大原の、奥ゆれ大原という。この西を京美(けいび、
きょうび)という。この西を、京磨良(けいまら、
きょうまら)という。今の京北という所とそ。
 ここの黒幹に、黒ゆ、というかまはむをいう。
鎌黒という。ここを西へとる、京都天若(あまわか)
という、八木北という、八木山の山という。これをいう、
ここを、鶴府という。

 ここを、もう少し西へ行く、よもふら、という、少し、
広くなった所とそ。ここの、深山(みやま)世という。
ここの歌という。深山母子の世という、所という。
この西の園生らら(そのう・らら、sonoh-rara)という、
今の園部の町という。

<<鞍目川行き、船航路>>
 ここを、鞍目川行きという、船航路である。
京都船歌、りすらくほむ、という。りすぼんくっく、
という。これを、りずめる、という。りっつふっくす、
という。船をりつ、という。ふっくという。
 船りくふつ、という。りっつみっつ、ともいう。
京都船航路で、後、福住を経て、日置という、
やか浜という、ここを、笹ゆ、という。古くの
篠山である。

<<北前船>>
 これから西へ、三田ゆらを経て、西脇浜という。
今のへその西脇という。ここへ至る航路を、
江戸らる菊、という。菊航路という。
後、北前回帰の北前船という。廻り問屋
(まわりとんや)という。問屋航路という。

<<とめ航路>>
 この西脇から北へ行く航路をとめという。
とめ航路という。ここの地の言いを、青ゆ、という。
青垣という場所にでる。大和芝、青ゆ垣ゆ原、とそ。
今の青垣町である。
 ここを通り、山東越えて、朝来、養父。ここから、
二手に分かれる。

<<北前航路小閣>>
 一つは、豊のく、城のつづ(きのつづ)、
今の豊岡、城崎とそ。ここの浜へ至る、高ゆま浜という。
今の竹野網という、そこの浜へ出る。そこの浜を出る
北廻りという、大きな航路とそ。これを北廻りかいりき(怪力)、
という。北前船という。北前航路小閣という小閣航路という。

<<氷川(ひょうかわ、ひかわ)航路>>
 もう一つを、西にとる、養父から西にとる航路という。
ここを、ようはる、という。今の養父(やぶ、ようぶ)とそ。
この養父の西に美方川という湾がある。陸の湾という。
美方の三方(みかた)という。ここを、三りま、という。
湾をりまという。りくま、という。りーま、という。
ここが、ぺるせるかっと、という。ぺるせっぽ、という。
ぺるりら、ともいう。りいまのぺるり、という場所である。
三方ぱん、という。三方山のお言いという。
この航路を氷川(ひょうかわ)航路という。北前西ゆられ、
という。北山こるく、という。こるーれる・さんる、という。
ぺるりろん樽という。論樽のおこうく(おこーく)、という。航路を
こうく、という。こうくらっく、という。航路行きのことを
いう。らっくせっく、という、航路船をいう。船をせっく、
という、せっとという。せるせるのお言いという。船をせる
という。せーるという。これが、営浜語である。
今の英語という話とそ。

 これを、きんぱく山という。後という、おろしよ山とそ。
古い日の英語という、営語とも。
 じゅっぺらん、という、ふらん語である。船をふれという。
ふれをせくという。せくふれという。これが、せっぱんるーる
の川という。三方川という。びっとみっつ、という、川の
ことをいう。

 このびっとを、ふんだら、という。川をだらという。
めんだる、という。めんそ、という。め、という。川の
ことをいう。この言いを、ゆま言いという。川のゆまい
取り、とそ。

 ゆまいを、はゆむむ、という。ゆむはむ、ともいう。
川の流れをいう。
 航路を、ゆんばら、という。船の行きゆきつ、という。
この『つ』が、津であり、行ったという意味という。両方の
意味である。昔の『つ』という意味である。

<<怪力船>> 
これにて、すう、らるれる文句、花ゆ、書きそ。
この『書き』が、垣の書きでもある。垣そ書き、
これなるを。
 ゆんばら、れって、そすゆ、れれす、うっするけるせ、
これを、ゆみゆみ、という。古くの、弥栄語という。
はにはに、ゆむゆむ、という。弥栄語である。古語より
古い話である。コロポックル語の一部である。
 コロポックル船ともいう、北前かいりき(怪力)、という。
後、怪力船という。花山世のお書きとそ。これなるを。

そうきょうの良い航路、人生の旅路とそ。
一広ゆ、かられる、くくす。書きゆ。あらゆらふふす。
これよるにら。
Mr. Atom Lucky Ager, "Portugal report" より

2021年 柳子 し ね     正(やなぎ)子
2022年 柳丑 ちゅう うし 正(やなぎ)丑
2023年 柳寅 いん とら 正(やなぎ)寅
2024年 柳卯 ぼう う   正(やなぎ)卯
2025年 柳辰 しん たつ 正(やなぎ)辰
2026年 柳巳 し み     正(やなぎ)巳
2027年 柳午 ご うま   正(やなぎ)午
2028年 柳未 び ひつじ   正(やなぎ)未
2029年 柳申 しん さる 正(やなぎ)申
2030年 柳酉 ゆう とり 正(やなぎ)酉
2019年 柳戌 じゅつ いぬ 正(やなぎ)戌
2020年 柳亥 がい い   正(やなぎ)亥


      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』
       蒼郷 鳴恭川世讃歌 の項
       秋残り市史編纂員、余。
       秋残り市史篇絵巻物

***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***

秋残り市立美術館冬期展示
『古譜1308大原練習1208天の下1608 PortuguesMaeFilho 深山母子(壮強太陽)鳴恭川世讃歌)』
俄家判 びという字。
秋残り市、凡人倶楽部所属、元
MusicScore3


-----------------------------------------------------
 仮想店 出品 ID:Kyou4088
     画商『曽端』俳画専門
     豪華額縁付 2000円ヤナギ
  著者@350上巣真芯
  UESUMASi W.E.州 Machine   


-----------------------------------------------------
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
一行日記
1918/08/28柳晴、東京在、10秋残り君来、12すき焼き、16大阪、19宿
***サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ***
------

ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
全て、仮想です。実在とは、無関係です。
楽譜の作曲者名、作詞者名等はもちろん、私が
勝手につけた名前で、ええ加減に書いてあります。
同じ名前の方がおられましたら、同姓同名です。
実際の作詞作曲者は、私、駄作者の秋残り、本ブログ
著者小林壱裕です。
記事は架空です。著者@350
Notice:Writer says,
Names are virtual on this article.
Matters are not real.
 

2018年12月03日

卒業3409京都船旅2309古譜1309大原練習1209天の下1609 PortuguesSalgueiroCrianca やなぎっ子>(壮強太陽)鳴恭川世讃歌):イカスミ柳

文だけ

馬にはのらない:健全家
そうきょうのよい思い出し:高瀬川行代
字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:山吹 正
かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
そうきょうのよい自分です。:ドクダミ薫
天の下、山拝み。つねづね。:紙祖川劣る

【曲名】卒業3409京都船旅2309
古譜1309大原練習1209天の下1609 PortuguesSalgueiroCrianca やなぎっ子(壮強太陽)
鳴恭川世讃歌)


 狐の天気予報。〇r1918/08/29
 狐と。 過去をとく、という。
 場所、そ。 狐言:こって。
 狐晴れを、柳世葉とぞ。
 桃晴れごぎつね、秋晴れごん
   ((明日晴れたなら行こう、大原砂山))

【解説】君、探敵中、情景。 破風之談
------日出葦談笑聴
明日晴れたなら行こう、大原砂山
品花雲しなよる~~柳雲~~山吹雲~~桃雲~~銀杏雲~~朴ノ木雲
Be in Ideal town.
【やなぎっこ、正子】 今様(こんさま)い。
 正子、やなぎっこという。年を子(こ)という。
こどし_おくられ、という。これを、老いの子という。
おいらるという言葉とそ。
 めっつるれーるの浜という。れるんその、こーふるとそ。
ゆいゆい山、これをろむれるという。むれるるのこゆれ、という。
めっそるるす、こんする・らぶれる、という。これを、
らんはっき、という。めっそす、ともいう。めれるる、
という。めぶす、とそ。ゆゆとすの・おりるる、とそ。

 ゆま浜やら、こゆれゆ、これを、ゆーりる・ろんる、という。
ゆりせ、という。山ゆらのおりする、おりす、おりろ、とそ。

<<けめ子>>
 京浜を出で、坂ゆくけるれる、という。るんびのけめ、とそ。
この『けめ』を、けめ楽という。けめ落ち、という。後、
けめ子の言い、という。けっせる・れーれ、という。
けめすら・けっく、という。

 けめ子が、これを、めるせる、という。めれてす、ともいう。
この『けめ子』を、年く、という。けめの年という。けめすめ山
という。けめすれの_おんたく、という。山々のきるせ、という。
これを、ゆんびる、という。ゆみ浜という。浜山のお言いという。
これやら、くっせる、れれつ、という。山すよの_れおす、と
いう。

 ゆむゆむらっくのお聞きという。これを、口を利くという。
言葉を話すことをいう。『ゆむ』という、これが言葉という。
ゆむという、人が言葉を話すを、ゆむ浜という。ゆむれむ、
という。ゆんせ、とも。ゆんびる・らーく、ともいう。
めみっせ、とも。
 
 <<弥栄語>>
 めすゆす・れっつ、とそ。るるすの_ゆるゆる、という。
これを、弥栄語という。弥栄語のことを、めるふむ、と
いう。めるゆす、とも。これを、ゆんびら・ふーふー、とも
いう。弥栄の国とそ。弥栄の国のおくゆ、という。後、おくつ、
という。

 『お琴三味線、くつわ虫』という、この『くつ』が、上述の
おくつの『くつ』である。おっくる_れーれ、という。
れつれつの_かゆふ、という。はめはめ、という。
これを、弥栄言いという。弥栄語の、使いという。
弥栄が、これを、よしるー、という。よしるの言いという。
弥栄語の造りをいう。この弥栄の書きを、よーれる・すーるー、
という。よわよわ、と。よわよわ語という。はめはめ語とも。
弥栄語をいう。古い京の言いになる。

<<吉田語>>
 くった、という。これを、くぜ、という。くぜやら、という。
くみふり、という。くみらる、ともいう。くみせ、という。
古い弥栄の言いとそ。これを、弥栄語という。これより、
古いという、よしるーという、よしるー語の言いとそ。
後、吉田語という。よしやら・ふっく、という。ふっくれっく
るっく、という。ふくるく、という。吉田語のことをいう。
どちらも、コロポックルの言葉の一種である。コロポックル語
と大きくいう。コロポックル・すうふうという。これを、
すうようかる、という。すうふうの意味である。

<<壬生語>>
 『すうふう』が、吉田語の使いである。
 『すうよう』という、これが弥栄語の使いである。
 『すうようかる』という、これを、壬生ふっく、という。
言葉の使いをいう。みーれる、という。壬生ふっくのことをいう。
これを、壬生山、という。みぶれる、ともいう。みぶやら、
という。壬生っく、ともいう。壬生すん、ともいう。壬生っさむ
ともいう。この言葉の使いを壬生語という。
 京れる・カールーという。かむすゆ、という。かむて、ともいう。
カーレル・ルースーという。かむゆむ、ともいう。カーレル
という。かむゆら・れーほー、という。かむゆら・れーるー
ともとそ。壬生語の使いをいう。
 コロポックル・レースーという、言葉の造りとそ。使いとも。
 
 大きく、全部を壬生語という。弥栄語、吉田語、壬生るく語
を含む、壬生語という。これが、簡単という。簡単語という。
簡単れっく、という。簡単ミーラ、という。かみすゆ、ともいう。
これを、神代語(かみよご)という。神代のじん、という。
神代人と、神代語を使う人をいう。言葉で人を表す一方法とそ。
英語を使う人を、英人という。この類である。
神代語という話という。

はめはめという弥栄語のすうろうを、いなれという。
これを、いなれ・ふっくる、という。ふっくろー、とも。
この意味が、船を、ふっくという。ふくすむ山という。
船のことをいう。これを、船が山に登るという。山登語
という。山登りの言葉という、船の言葉という、同じ言葉が
出る。言葉の使いという。浜山という、言いが出る。これを、
言葉の造りという。

<<数用>>
 山の言葉を船に使う、船の言葉を山に使う、これを、数用
という。山・数用といえば、山にまた山登りに山一般に、船の
言葉を使う。そういう意味である。山らる、という。山みな、
という。すうようの話という。すうらまの山という。

 話を山という、山という言葉の使いである。山・数用の
使いという。言葉を解いていく使いとそ。とき山すっく、
という話である。

<<そみふり、そがっく>>
弥栄語、吉田語、壬生語という、古語より少し古い言葉という。
『今様、いなれ』という、これを、今に使う、使用をそみふり、
という。蘇我の意味がこれである。曽我ともいう、同じ意味で
ある。曽我くゆ、という、曽我れる、(そがくゆ、そがれる)と
いう。曽我っくの山という。

 この『曽我っく』という使いが、大和朝の言葉の調子である。
『曽我く』という、奈良朝の言葉の調子とそ。
『曽我~く』という言葉の調子とも。

 『いいやーみ、やって』とそ。
 『いいいや~み』という。
 『いいっやみ』という。それぞれの調子である。
 鎌倉朝に至れば、『いいやっみ』という、鎌倉武士の
 言葉使いという。
 『やっみ、くっくくう』という、平安から鎌倉に渡る
 言いになる。それぞれ、闇をめでた言葉である。
 『おばんたん』という、挨拶の言葉がこれをいう。
 夕方の挨拶という。簡単語の使いである。
 
 <<おばんたん>>
 この『おばんたん』という挨拶をする所という、花所の
花背という、ここを、はなす、という場所とそ。
 関東の花田の言葉でもある。艦船楽という、船よりみた
言葉の解とそ。
 この『船』を、食媒という。言葉を解釈する時の媒介語
である。化学の触媒のような働き、使いとそ。

 『艦船すーら、くらっせる、れーれ、ようむも』とそ。
上述を、述べた言葉である。逆に、この言葉を解説すれば、
上述になる。

 『すーら、すーら、れーくる』話という。
上述の、吉田みっこんの言い、である。
 『すーら、ふーる、らーら』
上述の、弥栄れーらの言いである。
 『すーみ、ふーる、れす』
上述べの、壬生っくの言いである。

<<花田語>>
 『ぶくそむれっつ、これゆら、はるる、れるんす、
すっすすー』、これを、花田語という。関東のコロロ
語とそ。コロポックルの一語である、一種とそ。
今の関東の江戸ゆま、という、丸の内辺りである。
東京丸の内である。コロロ圏という、コロロ剣という。
コロらる・けっけけー、という。コロポックルをケレンという。
ケレン語という。『そうだよ』という、言葉がケレン語である。
『そだよ~ん』という調子の、池らまむゆっきく、という。
この『きく』が、菊である。菊航路の菊ともいう。
京都船歌の関東航路でもある。

<<関東航路>>

 後、北上する船長が秋残りである。
秋残り艦船言語師範、なんばよっきく(難波世っ菊)、講義である。
伏見の連隊帖という、駄作者の書きである。なにわぜ(浪波世)、
花ゆな、きっききー、とそ。菊れるらっく、という。らくせくの
おひふら、という。ひふらのゆまれ、という。ゆみゆみという
弥栄語の使いという。花おゆべ、今の東京の尾久という所の
おことである。言葉という。

<<さんだら、ゆうり>>
『さんだら、ゆうり』という、コロポックルの頃のケラレケレン
という期の頃の言葉という。ケレンらっくの話という。
これを、ケレン山という、ケラレとも。ケラレレーレとも。
ケラレ山のお書き、これとろ、ふるれる、るっそそ、うちす、
うっくす、れーれる、すっすす、とそ。前文の話である。
これを、全文という。前文の全文である。
 コロポックル語を解せば、そのようになる。この文である。
 
 添え、尾久周辺を、はるらら、という。なんべん山のお書き
とそ。『そだよ~ん』ぺっ、という。そだよん語の山という。
尾久から山の手周辺である。東京の地である。
 
 <<トンキン、ホア>>
 ここを、トンキン・ホアという。さっぴら・べーぜーの菊言い
という、ちゅうらる(中らる)、ともいう。ベーゼーランともいう。
ナンキンローという、ナンキンロートとも。なんはるの山之辺
という。おうすてのすすゆす、という。これを、東京連欄という、
東京連絡という。れんらんす、という言葉である
トンキン・ホア、レンラン、という。上述短文のことをいう。
<<冷泉語>>
トンキン・ホア、ラン、あるランファー、という。ミーブル・
レーテのおゆっ菊という。ゆっきしという。きしはるのおこと、
という。ロンホル・レーテという、れいぜい語という。後、
れいぜんという、後、冷泉と書く。れいぜん語ともいう。
れいぜい語、冷泉語である。トンキン・アールレーという、
かんてばの言葉という。メミッソという。メミルレーとそ。
めみるる山のお書きという。

『チーラン・ハーラ』という、れてゆすの、はみくゆ、という。
れぶんれる話という。れぶん語という。礼文という。今の礼文の
こととそ。礼文島に花がある、という。

 礼文の花、菊という。花を菊という、礼文語という。方言
になる、という。この『になる』という使いが、『である』の方言
である。『秋残りになる』は、『秋残りである』という意味とそ。
他に、『秋残りに出る』ともいう。『秋残りである』という意味
である。レーフル・レーレーという言葉の使いという。
冷泉語から派生した使いである。方言れっくという話という。

 『北上して会いましょう』、もう北上しました。礼文は、
北海道の礼文です。礼文島とも。

<<礼文航路>>
 礼文航路という、東京丸の内から、尾久ケレを経て、トーフル
へ行く、乃の場の浜をゆとそ、その場を経て、クンビムとそ。
経て、岩宿、いわやど、岩むす、はなゆな幸(こう)、という場を
ゆめという、その場をゆるうという。経ることをゆるうという。
そこを出て、いみらくという、わたゆたという、そこを、
まみむという、そこをでもうとして(出たという表現である)、
ゆんはっぷ、くりしゃら、めめゆ、るろほ、むるれる、めっせ、

めっせ菊、ここをするはるして、めゆれむへ至る、この航路で
とそ。これが、礼文航路である。北前木津ゆかり、という航路
を、幸路と表す所とそ。これが、船航路のさいさき廻りという。
幸先という表のいきゆき、という。さいさき船という、北前
船の話という。礼文行きの船の呼びを、こうらか、という。
こうみら、ともいう。めるてす、という。めるれ、とも。
めるという、喜びの幸という。めるめれの話幸(はなしこう)
という。

<<める>>
めるぼという、後のだいなま語という。だいはら、
だいなも、だいす、だいみょう語という。めんてるという
喜びのことをいう、幸のことをいう。
 
 今の、メールの意味でもある。メルボという、喜び
という。手紙がきてうれしいという意味という。
メールを書くなという泥棒という、メールを書くという、
泥棒の山という。
 『書く』『書くな』が大名語である。古く、大をどめという。
これを、泥という。泥棒という。どみふりという。
泥棒は、物を盗っていく者という、今のことという。

 冷泉の泥という。泉にある泥をいう。この泥をべりという。
べはむともいう。べーらるともとそ。びきゆきのはみなな、
という。はるれるせむす、という。冷泉泥幸路(れいぜいどろ
こうろ)という。礼文を泥島という。

 礼文の泥をみはまという。みはまこうゆり、という。
この『ゆり』は、どんなゆりか?、という。
みはま港百合ですか?、とそ。
 きすか出しという。きすれす、という。きすか島という、
泥島礼文の古名という。みはまは、どこか?という。
れーべという、かみふるのこふ、という。れもんそという。
かみ山の山という。人のはゆむるる、とそ。

 吉田語は、『えせゆせ』をいう。みんばらのゆめ、という。
上述のゆめが、これである。ゆめゆつ、ろうろる、せせやら、
ふふるせるす、とそ。航路山のお書きという。

 幸路は、当て字という、航路が正しく古い字である。
ゆき道のゆきである。雪という。これを、きーらぶというる
礼文の方言の出来という。

 礼文島のみはるごま、という。みはまゆらる、という。
この『こま』の意とそ。船に駒がついていたという。この駒の
意とそ。神功駒ですか?という。

 おさち駒という。これを、雄幸駒と書く。神宮雄幸という
はたの山という。これを神功という。神宮功(いさお)という、
吉田語を使う人を、そういう。神宮功の言葉である。

<<操狂弾き>>
 これをやなぎっこという。やなぎばれ、ともいう。吉田語の
ことである。琴でもある。この琴を神功駒という。琴柱をいう。
大和琴の一種とそ。冷泉弾きを、操狂弾きという。操狂れんらん、
という。操狂弾きの話である。これを、幸(こと、と読む)という。
さいはまという、みはるこまゆらという、操狂浜という。礼文の
話である。

<<れむ睡眠>>
 柳浜である。あやの浜という。これを礼浜とそ。礼(あや)に
柳がつくこととそ。みはる浜柳という。柳腰という。
柳越しをする、船ゆり、という。これを、ふねい、という。
港へ入る船のゆりという動きである。港へ入ることを、柳入
という。柳寝という。、居眠りの、船を漕ぐ話という。
柳寝入りという。これを、柳ばれ寝という。
れむ睡眠という。れも、ともいう。礼文の顔という。

みはまの寝という。三歳児の寝入りばな、ともいう。
ゆりねのゆりおこし、という。柳みっつ、という。
柳寝という。ゆり寝という。そういう話である。

綾の宮の神宮はな、という。これを、ホーとそ。
花を、ホウセンカとそ。ホウセンカを神宮花という。
神宮の花という。これが、冷泉の仁という。
花ことである。
 花人お書き、スーヨーラールおこと書きとそ。
冷泉くっくの山という。霊前でもある。神社に墓が
ある人とそ。神社の墓を御(ぎょ)という。璽という。
御名御璽は、墓を尊ぶ言葉という。璽を墓字という。
墓の古い様式である。『何々家御名御璽』という話である。
墓に使う話とそ。寺の墓もそうである。

 墓を皇宮という話という。死者をすめという。すめざという。
吉田語という。主に神社に残る言葉とそ。現在の言葉に
残っている話という。船よりみたコロポックルという、
コロポックル数用である。

 御名御璽、皇宮、一般の人の墓の言葉である。
御名御璽、古い墓へいけば、たくさん使われている。
皇宮へ行くといえば、墓参りである意という。
皇道は墓道である。
今は、あまりこの使い方はしないが、少し前の使いである。
変遷山お書きこれにるなる。

 やなぎっこという、年取る話という。置いた人を柳という、
流れて、龍という。これを、老き(示す篇に己)、という。
眠れる獅子という。き龍という。老きという。
年いった人を、き龍、老き、(き--示すに己と書く)という。
その住まいをはく(白)という。城ともいう。奥津城という。
古く、奥津白という。鬼白という。鬼ヶ島という。

 奥津城の島、礼文島とそ。一般名詞である。
墓を礼文島という替え言いもある。今は、この使い方はあまり
しない。『このしろ、かえせ』という奥津島の歌という。
『くつわ虫』の一意とそ。

 老人の歌をくつわ虫という、芸能の話という。
はなやぐ山のお書きという。
 花背山をくつら山という。花背という、一般の言葉である
場合という。弓山数副という、言葉使いとそ。

『朕惟フニ我カ皇祖皇宗國ヲ肇ムルコト・・』と教育勅語を
墓前で読み上げる、墓参りの一形式という。昨今は、
はやらないことである。
 寺の坊さんの読経という、これをする現今である。
奥津城も使わず、何々家の墓と簡単にする今様という。
柳の墓の文。
Mr. Atom Lucky Ager, "Portugal report" より

正(やなぎ)子 2021年 柳子 し ね
正(やなぎ)丑 2022年 柳丑 ちゅう うし
正(やなぎ)寅 2023年 柳寅 いん とら
正(やなぎ)卯 2024年 柳卯 ぼう う
正(やなぎ)辰 2025年 柳辰 しん たつ
正(やなぎ)巳 2026年 柳巳 し み
正(やなぎ)午 2027年 柳午 ご うま
正(やなぎ)未 2028年 柳未 び ひつじ
正(やなぎ)申 2029年 柳申 しん さる
正(やなぎ)酉 2030年 柳酉 ゆう とり
正(やなぎ)戌 2019年 柳戌 じゅつ いぬ
正(やなぎ)亥 2020年 柳亥 がい い

      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』
       蒼郷 鳴恭川世讃歌 の項
       秋残り市史編纂員、余。
       秋残り市史篇絵巻物

***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***
-----------------------------------------------------
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
一行日記
1918/08/29柳晴、東京在、10秋残り君来、12すき焼き、16大阪、19宿
***サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ***
------

ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
全て、仮想です。実在とは、無関係です。
楽譜の作曲者名、作詞者名等はもちろん、私が
勝手につけた名前で、ええ加減に書いてあります。
同じ名前の方がおられましたら、同姓同名です。
実際の作詞作曲者は、私、駄作者の秋残り、本ブログ
著者小林壱裕です。
記事は架空です。著者@350
Notice:Writer says,
Names are virtual on this article.
Matters are not real.
 

2018年12月04日

卒業3410京都船旅2310古譜1310大原練習1210天の下1610 PortuguesComunicacao コレポン (壮強太陽)鳴恭川世讃歌):イカスミ柳


馬にはのらない:健全家
そうきょうのよい思い出し:高瀬川行代
字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:山吹 正
かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
そうきょうのよい自分です。:ドクダミ薫
天の下、山拝み。つねづね。:紙祖川劣る

【曲名】卒業3410京都船旅2310
古譜1310大原練習1210天の下1610 PortuguesComunicacao コレポン(壮強太陽)
鳴恭川世讃歌)

【創曲】2018/12/04、柳晴
     創曲、Ue
     造詞、Sita
     監修、Naka
     訳  深草中将百夜(秋残り市在)
【拍子】4/4
【種類】コロポックル・フークー
【演奏】Portugal lucky Orchestra
【場所】rock mountain
【ファイル】
sm3ファイル
【作成ソフト】
  ①Music Score3、シルバースタージャパン社
【歌詞】創郷 
手にマイクを持って進む イロハ電
打って伝わると 受けの合図が打たれ
郡の指令飛ぶ 軍令の合図 『コールク
つれ』との言葉 声に大きく出
『アッスナムサム』機械が言う
『アッツス』うすれら『ユス』


 狐の天気予報。〇r1918/08/30
 狐と。 過去をとく、という。
 場所、そ。 狐言:こって。
 狐晴れを、柳世葉とぞ。
 桃晴れごぎつね、秋晴れごん
   ((明日晴れたなら行こう、大原砂山))

【解説】君、探敵中、情景。 破風之談
------日出葦談笑聴
明日晴れたなら行こう、大原砂山
品花雲しなよる~~柳雲~~山吹雲~~桃雲~~銀杏雲~~朴ノ木雲
Be in Ideal town.
【泉洞】 今様(こんさま)いろ。

毎正時、よい時である。

柳月曜日、良い日である。
柳火曜日、良い日である。
柳水曜日、良い日である。
柳木曜日、良い日である。
柳金曜日、良い時である。
柳土曜日、良い時である。
柳日曜日、良い時である。

正(やなぎ)子 2021年 柳子 し ね
正(やなぎ)丑 2022年 柳丑 ちゅう うし
正(やなぎ)寅 2023年 柳寅 いん とら
正(やなぎ)卯 2024年 柳卯 ぼう う
正(やなぎ)辰 2025年 柳辰 しん たつ
正(やなぎ)巳 2026年 柳巳 し み
正(やなぎ)午 2027年 柳午 ご うま
正(やなぎ)未 2028年 柳未 び ひつじ
正(やなぎ)申 2029年 柳申 しん さる
正(やなぎ)酉 2030年 柳酉 ゆう とり
正(やなぎ)戌 2019年 柳戌 じゅつ いぬ
正(やなぎ)亥 2020年 柳亥 がい い

Mr. Atom Lucky Ager, "Portugal report" より

      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』
       蒼郷 鳴恭川世讃歌 の項
       秋残り市史編纂員、余。
       秋残り市史篇絵巻物

***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***

秋残り市立美術館冬期展示
『古譜1310大原練習1210天の下1610 PortuguesComunicacao コレポン(壮強太陽)鳴恭川世讃歌)』
俄家判 びという字。
秋残り市、凡人倶楽部所属、元
MusicScore3

-----------------------------------------------------
 仮想店 出品 ID:Kyou4108
     画商『曽端』俳画専門
     豪華額縁付 2000円ヤナギ
  著者@350上巣真芯
  UESUMASi W.E.州 Machine   


-----------------------------------------------------
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
一行日記
1918/08/30柳晴、東京在、10秋残り君来、12すき焼き、16大阪、19宿
***サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ***
------

ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
全て、仮想です。実在とは、無関係です。
楽譜の作曲者名、作詞者名等はもちろん、私が
勝手につけた名前で、ええ加減に書いてあります。
同じ名前の方がおられましたら、同姓同名です。
実際の作詞作曲者は、私、駄作者の秋残り、本ブログ
著者小林壱裕です。
記事は架空です。著者@350
Notice:Writer says,
Names are virtual on this article.
Matters are not real.
 
2018年12月04日

卒業3411京都船旅2311古譜1311大原練習1211天の下1611 PortuguesKim 金華行(壮強太陽)鳴恭川世讃歌):イカスミ柳

文だけ

馬にはのらない:健全家
そうきょうのよい思い出し:高瀬川行代
字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:山吹 正
かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
そうきょうのよい自分です。:ドクダミ薫
天の下、山拝み。つねづね。:紙祖川劣る

【曲名】卒業3411京都船旅2311
古譜1311大原練習1211天の下1611 PortuguesKim 金華行(壮強太陽)
鳴恭川世讃歌)

【歌詞】創郷 



 狐の天気予報。〇r1918/08/29
 狐と。 過去をとく、という。
 場所、そ。 狐言:こって。
 狐晴れを、柳世葉とぞ。
 桃晴れごぎつね、秋晴れごん
   ((明日晴れたなら行こう、大原砂山))

【解説】君、探敵中、情景。 破風之談
------日出葦談笑聴
明日晴れたなら行こう、大原砂山
品花雲しなよる~~柳雲~~山吹雲~~桃雲~~銀杏雲~~朴ノ木雲
Be in Ideal town.
【泉洞】 今様(こんさま)いろ。
 京に仙洞御所という所がある。私が行けば、いつも同じ地に
体が誘われる。ここを、みゆらふ、という。けんぱら、という。
めっつやみす、ゆみるる、という場所とそ。
 柳世のきっぱれ、という。あんてみのゆみす、という。ゆゆ
花のおれゆる、という。めすゆす山ら、とそ。

<<くよんず>>
 このみの山という。仙洞を、そくれく、という。めるれすの
くよんず、という。かっぴれーくく、という。そそよを、
ゆみゆる、という。古き日のかっぱという。るるふる
あまるる、という。ここのおゆという。めれという。
めすという。めまともいう。めるせる、るる、とそ。
 この山のお書きをくみゆみという。くみせら、とも。
 
めてゆすの山という。おりせる山らに、ここをいう。これが
体をくれという。くれまるという。くれまらともいう。
体のけっぴという。けんせる・ろめつ、という。
体を大切にするおゆという、言いとそ。
くれやら・めっつの山という。

 やな川のやなぎゆ、やなぎよ、ともいう。川をゆという、
よという。ゆよ山のよ、とそ。ゆよはる、ゆよはぶ、ともいう。
これが、よぶ山の言いという。

<<御所>>
御所をくみという。くみから、という。くみかゆ、とも。
くみそ、とそ。あつる山のや(あつる山の家)という。
あるれるすっく、という。るるんそのいみ、とそ。
いみ山のお書きという。

 おばゆ、やおや花、これゆる、ゆたるれれす、
そすゆせつそ、とそとも。
 ゆよっぱの山、こるれる、こるせ、とそ。
こるれる山の絵という。これを、るむす、とそ。

御所をゆみ山という。ゆみ花ともいう。るるすせるゆ、
という。めてするるそのゆゆれる、とも。

御所のなかった頃を、めるゆす、という。めるせ、ともとそ。
めるて・らんくう、という。めるれすのゆゆれそ、とも。

頃の川の様子をいう。これを、よっぴ、という。よっぴ
書きという。山せらふうの書きれく、という。

 御所山双方という。二つの山があった話とそ。
小高い丘のよう、とそ。ここの、奥ゆきをれふ、という。
れふ所という。れふ曼ともいう。すずるややや、という。
すーめるすーすーの、こっくる、という。
れふれんずかっくす、とそ。れふ所のおりくる、という。

<<熊目>>
 山ふら、れつそ、れつせ、おゆるる、はらる、せせる、
せせれ、とそ。
 二山の丘を熊目という。熊目ら、という。この『ら』の
使うはるく、という。人ら、という。これを、ヒットラー
という。人々という意味である。

 『あのヒトラはあくれまである』という。あくる山の
住まいの人という。あくれま人等とそ。あくる山を熊目
という。熊目やらやら、おゆる、れす。これを、とぞ。

熊目山にすんでいる人達である。ヒットラーという。
めいじる・かっくるの使いという。ひとら山お書き、
これなるを。

<<こん>>
 御所住まいを、こん、という。こん住まいという。
こんみの山のおくせら、という。くみゆら、
ともいう。御所というくみである、場合のいや、
という。家をいやという。これを、やいやという。
やいれという。やいそという。やみれとそ。

 御所をすけらむという。すけら、ともいう。
めるせのゆっぴ、という。御所という、地名の住まいとそ。
御所の内町という、御所市という。ごぜらら、るんその
やい住まいという。

<<東京都>>
 東京都をいう。東京のやいすとそ。丸をいう。丸山
という。ここを、住まう場々とそ。これを、まるふる、
という。まるふり場の内という。丸の内という。ここに
いた話という。これを、じーらか、という。じーらる、とも。
じーらる・らんく、という。後、Gと表す。G内(じーない)という。
じーうち、ともいう。

<>
 G内に住むという。えっちはんかく、という。えっちらっく、
という。えちらつ、という。えちふつ、ともいう。
東京丸の内の住まいである。ここの山の家という、むーれら
という。むーするともいう。むればの山という。

きさるふる、という。きみゆき、とも。きされや、とそ。
きざれや、とも。丸の内の家である。
東京川っ葉のおつゆ、と。川葉れるよいふ、とそ。
丸の内の山である。これを、ゆみふみ、という。
ゆみふみやのお書きという。

<<丸の内>>
 ここをいずく話という。いずれゆ、そっつ、とそ。
船山のおく山とそ。船よい便という。船をいだす便利の場
とそ。丸の内から東洋という場へ行くひぃという。
東洋航路の山という。おどるりという、場とそ。
おどりおどるなら、という。踊り奈良の地名とそ。
丸の内の奈良場である場所とそ。ここを、Gくらー、
という。後、Gえち、という。後とそ、Gえち区、という。
後、GHQという表記をする。GHQ論という。これを、論とめ、
という場とそ。ロンバン・ラックの山という。

ろんはる山という。エノール・レーテの山という。
御所けら残区の家(や)という。今の丸の内にある話とそ。

 東京都皆男はっくる残ルという住所である。コロ
ポックル語表記の住所とそ。東京みかいか、という。
伊賀野の山という。江戸山ざん、という。丸の内の古名
という。

<<銃蜜>>
 ここにがめという言いをする。これを、がゆふ、という言
葉の使いとそ。コロポックル住所の表記がこれである。
がめ山という銃蜜とそ。じゅっぱやっぱ、という。やっぱ所
のことをいう、住所のことである、銃蜜ともいう。


<<恋行ばやい>>
 東京こいゆき、という。れんこうの山という。
恋行とそ。今の、やえという場という。やえよのうるす、とそ。
八重洲口のあたりという。じゅっぴつという、場とそ。
れん浜のお書きという。これを、とぞ。とぞ言いのおゆ
ふれ菊、とそ。書きを菊という場合という。この『場合』を、
『ばやい』という。ばやいのみすゆす、という。
東京連乱という、東京連絡という、そこのつゆである。
露山というひひばばのおよほ、という。ここの住まう
ふむすよれ、とそ。

<<東京連絡す>>
東京八景、秋残り帖という、駄作家手帳である。
1000年程前の、覚え書きである。
正(やなぎ)丑という年である。下記年表参考。
よきよわのじゅうという。銃二支という。十二支
である。古き日の山という。東京都の前の、古い東京都
という頃のコロポックル・トッキンである。ケラレ・トン
ともいう。ケランレンファーという、東京のことをいう。
ケラレ京という、ケラン都ともいう。ケラセの山の
お書きという。東京連絡すの山という。

 御所のあたりという。東京の御所とそ。ケランレンファーの
山という。エノール・ランテともいう。エッチル・リールとも。

 GHQ横という。GHQ横町という。エノールロンという街の名と
いう。東京本町ゆみそめれんてれんそれんず_る_はるせ町とそ。
我が家の場所である。恋花山こころ、とそ。ここふの名という。
恋山という名である。ゆたろうさんという、丸の内山のこと
とそ。

<<東京音頭>>
 『踊り踊る奈良、ちょいと、東京音頭よいよい、…』という。
奈良ヶ瀬節という。GHQ音頭という、ロック調のエンタンという。
三味ろく、とそ。柳目の音頭という。柳葉銀座という。柳世山
という。手振りを右手を軽く握る、この振りをろっくという。
これで踊る、柳舞いという。柳は銀座の、輪になる盆踊りの様
という。

 ロックルコロックという、踊りのコロポックル踊りである。
コロンソ、コロンレという。東京丸の内音頭である。

<<梅田>>
『花は梅田に、山ゆきやのやんす・・トルルル』という、
梅田奈良の歌詞とそ。節は同じである。奈良世のきっぴ、
という。大阪梅田の音頭である。きっぴらんふる、という。
これを、大阪連津という。戸々伊という。どどいつという。
そういうヒトラーである。オドラン・ヒットレーという。
オドラン節という。大阪のやっちょまっちょという。
ここを、東京やというて、東京音頭を歌うヒスレーである。
大阪人等である。

<<名古屋>>
 『なんぶわっく』という、これを、横目の名古屋ラーとそ。
『なんぶはっけんとうき、るるそむとるれんつ、ドスドス‥』
という。名古屋の東京音頭という、これを横顔という。
横向いて東京を唱う歌という。『踊り踊るなら、‥』という。
この『なら』の『な~ら』を、なごという節という。古い京の
なーままという、言葉の伸ばしのことをいう。
これを、おわりらよ、という。おわらを、おわりという、
おわりらという名古屋のおこととそ。この名古屋を古名、古妙、
こみょうという。こみょうれーる、という、コロポックル語
という。

 この言いの、奈良のふりらるという。これを、奈良の府とそ。
奈良のしのびという。このしのびを、ならしの、ならしのび、
という。後、秋しぬ、という。秋しのという。ふるく、
ならしの、という。ならしのの営という。ならしのの演習
という。踊りの輪のことをいう。

<<あきなわ>>
 あきなわ、という。あきしぬ輪という、あきしの輪という、
ならしの輪、という。演習のわっこさん、という。踊り手を
わくという、わっこという話とそ。

<<奈良舞子>>

奈良のけ出しという。奈良を肇という。肇山のお書きという。
奈良の舞子の出とそ。奈良舞子という奈良舞踊という。
奈良手の踊りという。手を握る箇所の足をふるすという。
右足を前に出し、右手の握りを横に倒す時、体も横に倒す様
とそ。奈良手という、日本舞踊の手である。
奈良舞子の得意という。
 秋残り舞踊団お書き、これなるを。奈良坂よいよい、
きっつぶろん、という。きっぴすれーるという、
ナラッポコロッポという。コロポックル奈良人である。
奈良人を、あきしの人という。あきしの人である。これを、
あきゆれという。表記に秋篠と表す。秋篠人という、
コロポックルである、ナラッポという。奈良保山お書き
これたる。

 奈良のふとれば、という。古く、あすれという。あすろ
ともいう。あすなろという。あすなら、という。あする山の
うっくれく、という。これを、あしるきーという。
しるきっすくれーと、という。てんの山のお書きという。

 奈良を、あす奈良、あすなろ、という言いである。
明日香の流れ使いという。ふれ山るっくという。
しのをしぬという、明日香の使いという。篠のこと。

<<山之辺>>
山之辺の奈良という、現、丹波奈良という。古く、丹波市
という、ここわ、天窓という。天理のごゆふれという。
この天をあっさるという。あっさるてれ、という。てれを
てれるという。後、天そ、とそ。天理という天祖の里とそ。
ここを、あまるが、という。点里論という。点里をてそという。
天理を天窓という。天窓の郷という。これを、天窓郷という。

<<天理天窓郷、てんそうきょう>>

天窓里とも。丹波市郷の天窓という。天窓のいえ、という。
家の屋根に開ける作りという。屋根を一部、切って開ける造り
のことをいう、奈良屋根という。古くの各地にあった造りという。
これを天窓という。うなれ造りという。うなびられ、という。
 これを天当家という。天当の家という。丹波市に多く見る話
という。現、天理市の前の市名である。丹波市町名に残る
話という。

<<け出し>>

 天窓のけ出し造という。け出し窓の点の場合という。天窓の
空向き窓という。うなれ家作りとそ。
 天窓郷という奈良の丹波市という。屋根の造りの市という。
天窓郷の歌という。近代建築でも、たくさんある天窓の造りで
ある。天窓里、天窓郷という奈良天理の場所である。
古く丹波市という、奈良丹波の半刀という。半刀県という。
奈良県の替え言いである。半刀天窓という県である。
藤堂藩という古い頃の県名とそ。奈良の南である。
和歌山へさしかかる紀三井県とも。昔の言いである。

 これが重なる三重山という、今の県境という。きっぷという、
境のことをきっぷ、きっぴ、という。三重きっぷという。
窓が重なる天窓のきっぷ造りという。これを、切符と表す。
後、吉符とも。神社の吉符になる。

 神社を天窓府という。しんみり、という。きりらん、という。
コルロッポという。こるせという。コロポックル神通力である。
半力さんという、神社の初期の呼びである。コロポックルの
言葉である。神社をコロリクという。寺をコロセという。
コロリラともいう。これを、さっぱつという。参拝という。

 コロセは安否を尋ねる言葉という。今は、この意味では
使わない。安否を尋ねるという言い方をする。
寺をコロセという、この使いをしない減反という、現在をいう。
減反政策という、ワル使いをしない話という。
この意味の使いでは、現在ではしない、昔もしない、話という。
この意味で使う場合は、言葉を説明することという。

<<奈良用>>

 『奈良のコロセ』という諺のような文句が、これである。
奈良という場所である。コロスという、コロスボの話という。
言葉の悪用をさせない、しないことという。

 天窓郷用語である、ころす窓という、殺窓という。
颯爽窓という言いをする天窓郷の人等である。
吹かせ窓という、天吹かせである。人頭窓ともいう。
風の取り入れである。

奈良のう倒れという。京のき倒れという、大阪くい倒れ、
名古屋のはんせという。東京のめゆいという。
これを、悪用を慎む話という。
倒れる話である。

下の十二支を正府という。正賦とも。
正府十二支調という。秋残りのやなぎデョウとそ。
でょうという日本語である。
ゆみれ語という。

正(やなぎ)子 2021年 柳子 し ね
正(やなぎ)丑 2022年 柳丑 ちゅう うし
正(やなぎ)寅 2023年 柳寅 いん とら
正(やなぎ)卯 2024年 柳卯 ぼう う
正(やなぎ)辰 2025年 柳辰 しん たつ
正(やなぎ)巳 2026年 柳巳 し み
正(やなぎ)午 2027年 柳午 ご うま
正(やなぎ)未 2028年 柳未 び ひつじ
正(やなぎ)申 2029年 柳申 しん さる
正(やなぎ)酉 2030年 柳酉 ゆう とり
正(やなぎ)戌 2019年 柳戌 じゅつ いぬ
正(やなぎ)亥 2020年 柳亥 がい い

Mr. Atom Lucky Ager, "Portugal report" より

      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』
       蒼郷 鳴恭川世讃歌 の項
       秋残り市史編纂員、余。
       秋残り市史篇絵巻物

***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***

-----------------------------------------------------
  
-----------------------------------------------------
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
一行日記
1918/08/29柳晴、東京在、10秋残り君来、12すき焼き、16大阪、19宿
***サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ***
------

ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
全て、仮想です。実在とは、無関係です。
楽譜の作曲者名、作詞者名等はもちろん、私が
勝手につけた名前で、ええ加減に書いてあります。
同じ名前の方がおられましたら、同姓同名です。
実際の作詞作曲者は、私、駄作者の秋残り、本ブログ
著者小林壱裕です。
記事は架空です。著者@350
Notice:Writer says,
Names are virtual on this article.
Matters are not real.
 

2018年12月05日

卒業3412京都船旅2312古譜1312大原練習1212天の下1612 Portugues みかん(壮強太陽)鳴恭川世讃歌):イカスミ柳


馬にはのらない:健全家
そうきょうのよい思い出し:高瀬川行代
字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:山吹 正
かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
そうきょうのよい自分です。:柳上手 薫
天の下、山拝み。つねづね。:紙祖川劣る

【曲名】卒業3412京都船旅2312
古譜1312大原練習1212天の下1612 Portugues みかん(壮強太陽)
鳴恭川世讃歌)

【創曲】2018/12/05、柳晴
     創曲、Ue
     造詞、Sita
     監修、Naka
     訳  深草中将百夜(秋残り市在)
【拍子】4/4
【種類】コロポックル・フークー
【演奏】Portugal lucky Orchestra
【場所】rock mountain
【ファイル】sm3ファイル
【作成ソフト】
  ①Music Score3、シルバースタージャパン社
【歌詞】創郷 

 狐の天気予報。〇r1918/08/31
 狐と。 過去をとく、という。
 場所、そ。 狐言:こって。
 狐晴れを、柳世葉とぞ。
 桃晴れごぎつね、秋晴れごん
   ((明日晴れたなら行こう、大原砂山))

【解説】君、探敵中、情景。 破風之談
------日出葦談笑聴
明日晴れたなら行こう、大原砂山
品花雲しなよる~~柳雲~~山吹雲~~桃雲~~銀杏雲~~朴ノ木雲
Be in Ideal town.
【噴火の夜】 今様(こんさま)なま。
<<白薔薇山>>
 白薔薇山に柿が出たという。かかんの山のお書きという。
この柿を、描くとぞ。山にある柿とそ。山沢の世の秋という。
しょくせをいう、花山の音とそ。れれそ、ててふ、にのら、
にみにみという。れとせとの山とそ。

<<噴火>>
 山の噴火があったという。低い山で丘のような山とそ。
全体が日を吹き出すという、噴火で、4、5日のことという。
地震も何もともなわない噴火である。一晩中、赤かったと
いう。京の山の噴火という、にみ山というるみに山とも。
 噴火の後、山がだんだんちいさくなっていったという。
その隣に大きな池があったことという。

 ここを、ふぬせられ、という。ふぬの絵の沖という。
柿のような山という。そういう赤さであった噴火という。
色んな噴火があるものである。京の九思議(ここのしぎ)
という。後、ここを、広野沢津という。西を大きな港が
あった、うち港という、うちだ港という。池の港いう。
ヒロキャーという、広丘のだんずるとそ。だんみの山丘
とも。少し低くなっているという、今は昔という。
 今昔の浜ともいう。ここを、玄という。玄ずる山
のお書きとそ。また山のふつれ、ともいう。
 
<<花幽霊>>
 ここを、花ゆれお、という。花幽霊の出た
山という。花ゆよや(花ゆおや)、ともとぞ。
はっすく、とそ。はっすく、れれそ、という。
後、花のそゆ、という。後、花そゆ、後、花その
花園という。
 ここを、広ゆら沖という。花園という呼びの前とそ。
おりるはるる、るるすやむる、ここのおゆ歌とそ。
ミシラ半音下げる音とそ。
 昔ゆ、れれふ、れてふ、れるす、すむる花世はは、
ありるありす。

<<忘昔履帰、思い出し>>
 忘れた昔のかえり、懐かしき、深々の御恩という。
小さい頃の思い出である。かすか、かすか、覚えあり、
会えた人の懐かしき、昔ゆ、楽しきをいう。
 あって数年してから、思い出したという、会うも
四十数年とそ。その頃の人とや。懐かしき懐かしき。

<<花の世>>
 広ゆ、ありすれ、ありす、ありるすする。この文
花園ゆ、花葉場、船ゆ、乗りる乗りる。荒芝の山、
ここにる、ここよる、我が花や蝶やの頃とそ。
思い出してぞ、うれしきありたり。花山のゆ、これにる。
噴火の山、にみのや、花ゆれふれる、すする山という。
 わが菊やらゆ、おりすすすふすれす。
 
<<前黒河下降>>
 京都船旅ゆ、我がの旅なり。頭の中の過去をいう。
努々(ゆめゆめ)あたら、ふぬ原ゆゆふ。せるすしるる。
大玉雪のありるをいう。ここを、いで至るつつふるという。
大きな玉の雪が降る所である。前黒河下降という。
後白河の白い雪という。黒い大きな玉雪、降りたをいう。
直径1メーター程である。3メーター食らいもあった話とそ。
前黒河火口という場所とも。後白河黒玉もあるという話とそ。

<<信号灯>>
 その昔、黄玉世ともいう。後、王御(おうぎょ)という。
これを、点の黄という。赤い玉、白い玉という、信号灯の話
という。そういう、凄い脳である。

 一晩中、赤く燃えていた山という。4、5日前の話である。
信号灯の美しき(うるわしき)、夜に見れば、尚、良きかな。

【曲】
 曲は未完成より。みかん山ともいう。だいだい色山ともいう。
花園山の御名とぞ。コロポックル凶都、これを伝う。
今人の、知られるやら。はなはゆ、るるる。

 みかんの形をした、赤くなり黄色くなり消えた山という。
柿色山の伝えとも。
双今日の良き一話という。信号灯の赤青黄色、大切という。
目線あげては、確かめ、今日も船旅という、『夢は、
広原野をかけるとそ、安全走行、これ、第一。』
三色山のお書きという。前黒河の闇原、行く頃
という。コロッポ栗のあった頃という。この夜は、
そういう夜である。一寸先は黒の頃という。
暗黒前の安全というお書きという。真っ白ライトの
使い、大切である。
 ドライバーは、歩行者ととも、安全第一とそ。
双胸良い、暗白黒、三色信号灯という。光たゆとう話
という。京の山、機械変化である。信号山とも。

毎正時、よい時である。
毎正半時、よい時である。
柳月曜日、良い日である。
柳火曜日、良い日である。
柳水曜日、良い日である。
柳木曜日、良い日である。
柳金曜日、良い時である。
柳土曜日、良い時である。
柳日曜日、良い時である。
正(やなぎ)子 2021年 柳子 し ね
正(やなぎ)丑 2022年 柳丑 ちゅう うし
正(やなぎ)寅 2023年 柳寅 いん とら
正(やなぎ)卯 2024年 柳卯 ぼう う
正(やなぎ)辰 2025年 柳辰 しん たつ
正(やなぎ)巳 2026年 柳巳 し み
正(やなぎ)午 2027年 柳午 ご うま
正(やなぎ)未 2028年 柳未 び ひつじ
正(やなぎ)申 2029年 柳申 しん さる
正(やなぎ)酉 2030年 柳酉 ゆう とり
正(やなぎ)戌 2019年 柳戌 じゅつ いぬ
正(やなぎ)亥 2020年 柳亥 がい い
Mr. Atom Lucky Ager, "Portugal report" より

      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』
       蒼郷 鳴恭川世讃歌 の項
       秋残り市史編纂員、余。
       秋残り市史篇絵巻物

***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***

秋残り市立美術館冬期展示
『古譜1312大原練習1212天の下1612 PortuguesComunicacao コレポン(壮強太陽)鳴恭川世讃歌)』
俄家判 びという字。
秋残り市、凡人倶楽部所属、元
MusicScore3

-----------------------------------------------------
 仮想店 出品 ID:Kyou4128
     画商『曽端』俳画専門
     豪華額縁付 2000円ヤナギ
  著者@350上巣真芯
  UESUMASi W.E.州 Machine   


-----------------------------------------------------
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
一行日記
1918/08/31柳晴、東京在、10秋残り君来、12すき焼き、16大阪、19宿
***サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ***
------

ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
全て、仮想です。実在とは、無関係です。
楽譜の作曲者名、作詞者名等はもちろん、私が
勝手につけた名前で、ええ加減に書いてあります。
同じ名前の方がおられましたら、同姓同名です。
実際の作詞作曲者は、私、駄作者の秋残り、本ブログ
著者小林壱裕です。
記事は架空です。著者@350
Notice:Writer says,
Names are virtual on this article.
Matters are not real.
 12/6 休み
 

2018年12月07日

卒業3414京都船旅2314古譜1314大原練習1214天の下1614 PortuguesSpade スペド(壮強太陽)鳴恭川世讃歌):イカスミ柳


馬にはのらない:健全家
そうきょうのよい思い出し:高瀬川行代
字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:山吹 正
かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
そうきょうのよい自分です。:ドクダミ薫
天の下、山拝み。つねづね。:紙祖川劣る

【曲名】卒業3414京都船旅2314
古譜1314大原練習1214天の下1614 PortuguesSpade スペド(壮強太陽)
鳴恭川世讃歌)

【創曲】2018/12/07、柳晴
     創曲、Ue
     造詞、Sita
     監修、Naka
     訳  深草中将百夜(秋残り市在)
【拍子】4/4
【種類】コロポックル・フークー
【演奏】Portugal lucky Orchestra
【場所】rock mountain
【ファイル】sm3ファイル
【作成ソフト】
  ①Music Score3、シルバースタージャパン社
【歌詞】創郷 
エンジンかけて フルスペド出し 都の
端から端へ 速さは五百キロ時で
ジスの泊まる港脇 朱雀大路
北に走らせ直角に東へ 途中は
あっというま 赤い建物
ずっと後ろ
  ここ平安の古都中 昔の
  絵に見た 絵と同じ様 車は
  早走り そんな平安時代
  映画を見てる気がする 座席は
  余裕のゆったり 花山名前の
  車 もう家へ


 狐の天気予報。〇r1918/09/02
 狐と。 過去をとく、という。
 場所、そ。 狐言:こって。
 狐晴れを、柳世葉とぞ。
 桃晴れごぎつね、秋晴れごん
   ((明日晴れたなら行こう、大原砂山))

【解説】君、探敵中、情景。 破風之談
------日出葦談笑聴
明日晴れたなら行こう、大原砂山
品花雲しなよる~~柳雲~~山吹雲~~桃雲~~銀杏雲~~朴ノ木雲
Be in Ideal town.
【平常】 今様(こんさま)いなり。
    平安京があった頃。
<<義経>>
 京に、千本通りという道がある。この道に桜を植えるという、
義経という人という。この人の話が、京都三重という。京の
三つ重ねという。これを、ひまざきという。あた山という。
あだ山という。あだをとるという、言い方をいう。あだ山という。
 平安京が出たという。平安の都という。ここを闊歩するという
ひぃに、東西南北の道という。南北に大きな道があったという。
この道を行くという、この道へ行く義経という。義経号で行った
という若い人と言う。この若い人が義経を平という道の言いに、
平安平(へいあんだいら、へいあんひら)という、平安平の山という。

<<千本平>>
 真っすぐな直線道路の大きな道である。ここの千本浜という。
千本平の道という、ここの墓の磯の針という。これが、針脇という、
東経の山という。東経135という場所という。この東経が山をいう。
西方山(にしかたやま)の位置という。花山御座所という。ここを
御っ原(ごっぱら)という。世に平城(へいぜい)という。
 平城山のおかず、という。おかずれんと、ともいう。
この、おかずれんとの石沢という。石浜の歌という。この石の
数えを意志という。意志山という。東経135という、ここの呼び
という。ここの呼びを、平安呼びの名とそ。平安京のある場所
という。ふの山のおりはるという。府という場所である。
この府をとう(toh、と読む)という。このとうの、とうを
やしかまという。やしづ、という。後、やっつという。
やつともいう。八津と書く。

<<八津>>
 府の八津によたをいう。よた八津という、場所をいう。
この場所のふれかわという。川が大きな川である。
南北に走る、東西の川という。これが、川やらま、という。
場所という。この東西の記を、さいきらむ、さいきらま、
という。さいすずのゆりゆり、という。歌山の沖という。
西東の沖という。この川に、イージス艦という船が浮かんで
いたという。
 若い人のいる所で、若い人が、今、見ているのである。
これを、大差という。名を、私原(きざはら)という。きざし
ばら、ともいう。みすらか、という。身の山の家という。
若い人が見ているのである。あの家を蓑という、若い人という。
 この家が平安京の御殿である。言いに、蓑左(みのさ)という。
御殿をいう。蓑左という呼びの平安京の建物という。平安京
を蓑左という、呼びともいう。

<<蓑左>>
 ここの道を、すざらま、という。すざらま道という。
蓑左のすざらま、という。前に、朱雀路という。
 この朱雀に行くという。若い人が闊歩する大通りと
いう。
『きょうは、風が興したまう』とそ。若い人が、今、言うて
いる。この頃を、1600年という。平安港の話という。
これが、花緒という年代である。花緒千六百年という。
蓑左の年号である、年代である。

<<イージス>>
 『今日は、イージスにて、花緒の世、ありてそありふる
ありせるありら』という。この言いが、花世の言いである。
イージス号の伊地(いじ)という。
 イージス号の位置をいう。東経135という、後、イッサンパー
の位置という。イージスの話という。この都の朱雀大路という。
イージス艦が浮かんでいた、この都の海路である。朱雀大路の西
にあったという、後の牛若丸という人という。
 これで、牛若丸という牛のカウセルという。牛若丸が今もいる
という、京の五条の橋の上、という。あれが、那須与一のしんとそ。
『那須与一が京の五条にいた』という私原家文書という。
 ここを、義経河原有瀬川という。『義経さんのおいられら』
という。これが、後を、行き行きて、という、船の旅という、
陸の旅という、船陸路という、旅という。

<<那須与一>>
 義経さんは、那須与一の伊勢のおす山という。イージス艦の
艦長である。後、地営の位置という。葦の原という、ドメントッキ
という。葦の宮の家という。イージス艦がおいてある話という。
 このドメントッキを伊地和(いじわ)という。これを、ドメという。
伊地和の那須与一さんという、平安京の御在である。花緒の年号の頃
という。後、花世保という念の年という。念を年号という。
 花世保(はなよほ)参という、参念花世という、花世保の前の
年号である。花世、花世保、花緒という、川の流れという。
これが、七夕の星の川という。

<<牛若丸>>

 川の間に大きな星があったという、星の家の言いという。
星の名を牛若丸という、花世河畔という。川畔ともいう。
イージス星ともいう牛若丸である。
 那須与一の星参りという。イージス艦に乗っている若い人である。
頃は、平安の頃という。平安というイージス宮の年号という。
イージス艦で使う年号である。イジラハッキラという、別の言い
方もある。
 きょうの船旅という。人生行路へ行く若い人という。この姿を
しょうかわ、という。後、店の品鶴とそ。見せの鶴の舞いという。
鶴が進(つるがしん)という、鶴丸の磯という。ここの磯の物の
置き方を、つみふりという。後、後、庭造りの話という。
つみ山の、およよらか、という。およよ、という。鶴丸の
丘の言いとそ。蔓のことを、よよ、という。およよという
花山のおこ言いとそ。花山詣でのことの使いという。

<<薔薇木伊地山>>
 イージス艦の薔薇木という。薔薇木伊地山という、イージス
泊めの港の木港という。イージスランククという、レムソルの
クビンフリという。イージスのおよらむ、という。オッビスと
いう、これを、くらっぜみ、という。くらす浜のおゆ、とそ。
山ややの話という。
 『これにて』という、若い人とそ。乗って朱雀大路を疾駆
した人である。瞬速四千キロという、鉄車輪の車である。
朱雀大路を、あっとい間に通り抜けた話高い人という。
 イージス艦と、鉄車輪と、歴史という、今歴史の人の
話という。若い人という。平安京を闊歩した人である。
 花世ありれらすすも、すする、すすす、という。
すすすという鉄車輪である。後、自動車と世にいう。
平安京内のスペドという。千キロくらいである。一選抜
という、平安期用内のスペドの単位である。

 若い人の平安時代という、時速五百キロという。そんな
車を駆使する人である。交通事故などない時代である。
人口も数人である。若い人がいる頃とそ。
牛や馬や鹿は、平安京郊外にゆったりとくらしていた頃
である。恐竜の牛、縞、鹿という、大きな牛という、
そんな恐竜がいる都とそ。

 牛車とか、人力車は、後の世のものという。人が牛や
馬に乗るという、若い人がびっくりした話とそ。平安京では
車に乗るという、その頃の話である。馬や牛は乗り物ではない、
動物であるという、若い人は馬には乗らない話という。
都人の若い人という。
 『いざはやの、平安の都、車かりてそ、大路行く・・』
と、ぽつりという若い人とそ。見れば、3メートルを超す
蝶々がゆったりと飛んでいる、耳には、ロックの音楽が
聞こえてくる、平安京往来である。


毎正時、よい時である。
毎正半時、よい時である。
毎四分正半時、よい時である。
毎十分正時、よい時である。
毎分正時、よい時である。
柳月曜日、良い日である。
柳火曜日、良い日である。
柳水曜日、良い日である。
柳木曜日、良い日である。
柳金曜日、良い時である。
柳土曜日、良い時である。
柳日曜日、良い時である。
正(やなぎ)子 2021年 柳子 し ね
正(やなぎ)丑 2022年 柳丑 ちゅう うし
正(やなぎ)寅 2023年 柳寅 いん とら
正(やなぎ)卯 2024年 柳卯 ぼう う
正(やなぎ)辰 2025年 柳辰 しん たつ
正(やなぎ)巳 2026年 柳巳 し み
正(やなぎ)午 2027年 柳午 ご うま
正(やなぎ)未 2028年 柳未 び ひつじ
正(やなぎ)申 2029年 柳申 しん さる
正(やなぎ)酉 2030年 柳酉 ゆう とり
正(やなぎ)戌 2019年 柳戌 じゅつ いぬ
正(やなぎ)亥 2020年 柳亥 がい い

Mr. Atom Lucky Ager, "Portugal report" より

      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』
       蒼郷 鳴恭川世讃歌 の項
       秋残り市史編纂員、余。
       秋残り市史篇絵巻物

***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***

秋残り市立美術館冬期展示
『古譜1314大原練習1214天の下1614 PortuguesSpade スペド(壮強太陽)鳴恭川世讃歌)』
俄家判 びという字。
秋残り市、凡人倶楽部所属、元
MusicScore3


-----------------------------------------------------
 仮想店 出品 ID:Kyou4148
     画商『曽端』俳画専門
     豪華額縁付 2000円ヤナギ
  著者@350上巣真芯
  UESUMASi W.E.州 Machine   


-----------------------------------------------------
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
一行日記
1918/09/02柳晴、東京在、10秋残り君来、12すき焼き、16大阪、19宿
***サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ***
------

ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
全て、仮想です。実在とは、無関係です。
楽譜の作曲者名、作詞者名等はもちろん、私が
勝手につけた名前で、ええ加減に書いてあります。
同じ名前の方がおられましたら、同姓同名です。
実際の作詞作曲者は、私、駄作者の秋残り、本ブログ
著者小林壱裕です。
記事は架空です。著者@350
Notice:Writer says,
Names are virtual on this article.
Matters are not real.
 

2018年12月08日

卒業3416京都船旅2316古譜1316大原練習1216天の下1616 PortuguesPlutao 日陽ヶ丘(壮強太陽)鳴恭川世讃歌):イカスミ柳


馬にはのらない:健全家
そうきょうのよい思い出し:高瀬川行代
字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:山吹 正
かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
そうきょうのよい自分です。:ドクダミ薫
天の下、山拝み。つねづね。:紙祖川劣る

【曲名】卒業3416京都船旅2316
古譜1316大原練習1216天の下1616 PortuguesPlutao 日陽ヶ丘(壮強太陽)
鳴恭川世讃歌)

【創曲】2018/12/08、柳晴
     創曲、Ue
     造詞、Sita
     監修、Naka
     訳  深草中将百夜(秋残り市在)
【拍子】4/4
【種類】コロポックル・フークー
【演奏】Portugal lucky Orchestra
【場所】rock mountain
【ファイル】sm3ファイル
【作成ソフト】
  ①Music Score3、シルバースタージャパン社
【歌詞】創郷 
日陽ヶ丘 明き春の頂に立つ 我が家に
蝶が訪れ リスボンハットにとまり手をす
花一面の辺り 下に池が雲映し大豊魚が
飛び上がる 花豊屋敷 白い棹出す
中の島ゆ薔薇半島 池の浜脇 舟休み
   大きな星が昼間に見えていた丘
   東 空に陽はその横浜 鋭い先
   前に突き出し 金の駒車が
   地を掘って人が働く 大池に
   舟釣り人が棹を出だして 頭に
   麦わら帽子 大鷲回り 
   木にとまり



 狐の天気予報。〇r1918/09/03
 狐と。 過去をとく、という。
 場所、そ。 狐言:こって。
 狐晴れを、柳世葉とぞ。
 桃晴れごぎつね、秋晴れごん
   ((明日晴れたなら行こう、大原砂山))

【解説】君、探敵中、情景。 破風之談
------日出葦談笑聴
明日晴れたなら行こう、大原砂山
品花雲しなよる~~柳雲~~山吹雲~~桃雲~~銀杏雲~~朴ノ木雲
Be in Ideal town.
【平常用途、曲】 今様(こんさま)あみて。

ひまらがよ池、日陽ヶ丘、空、大星、建築現場。
時、青春三年、平常都。今の秋残り市。
と、作曲者手帳に書いてある。後の世での発見された
手帳とそ。
 明春3年という、現、秋残り市のカレンダーである。
近くには、なだれ山がある。颯爽家の近辺。
『あ~、あの人気歌手の颯爽歩みさんの家辺りですね。』
http://akinokori.sblo.jp/archives/20130624-1.html
『外国でも有名だヨ。中世フランク王国とか、らしいが、
 日本でもそうだよ。平安京の隣だって。ヒットを
 とばしているよ、車は安全運転だよ。』
 『公園にとめて、スマホでエクセル作曲だよ。』

毎正時、よい時である。
毎正半時、よい時である。
毎四分正半時、よい時である。
毎十分正時、よい時である。
毎分正時、よい時である。
柳月曜日、良い日である。
柳火曜日、良い日である。
柳水曜日、良い日である。
柳木曜日、良い日である。
柳金曜日、良い時である。
柳土曜日、良い時である。
柳日曜日、良い時である。
正(やなぎ)子 2021年 柳子 し ね
正(やなぎ)丑 2022年 柳丑 ちゅう うし
正(やなぎ)寅 2023年 柳寅 いん とら
正(やなぎ)卯 2024年 柳卯 ぼう う
正(やなぎ)辰 2025年 柳辰 しん たつ
正(やなぎ)巳 2026年 柳巳 し み
正(やなぎ)午 2027年 柳午 ご うま
正(やなぎ)未 2028年 柳未 び ひつじ
正(やなぎ)申 2029年 柳申 しん さる
正(やなぎ)酉 2030年 柳酉 ゆう とり
正(やなぎ)戌 2019年 柳戌 じゅつ いぬ
正(やなぎ)亥 2020年 柳亥 がい い

Mr. Atom Lucky Ager, "Portugal report" より

      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』
       蒼郷 鳴恭川世讃歌 の項
       秋残り市史編纂員、余。
       秋残り市史篇絵巻物

***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***

秋残り市立美術館冬期展示
『古譜1316大原練習1216天の下1616 PortuguesPlutao 日陽ヶ丘(壮強太陽)鳴恭川世讃歌)』
俄家判 びという字。
秋残り市、凡人倶楽部所属、元
MusicScore3


-----------------------------------------------------
 仮想店 出品 ID:Kyou4168
     画商『曽端』俳画専門
     豪華額縁付 2000円ヤナギ
  著者@350上巣真芯
  UESUMASi W.E.州 Machine   


-----------------------------------------------------
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
一行日記
1918/09/03柳晴、東京在、10秋残り君来、12すき焼き、16大阪、19宿
***サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ***
------

ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
全て、仮想です。実在とは、無関係です。
楽譜の作曲者名、作詞者名等はもちろん、私が
勝手につけた名前で、ええ加減に書いてあります。
同じ名前の方がおられましたら、同姓同名です。
実際の作詞作曲者は、私、駄作者の秋残り、本ブログ
著者小林壱裕です。
記事は架空です。著者@350
Notice:Writer says,
Names are virtual on this article.
Matters are not real.
 

2018年12月09日

卒業3417京都船旅2317古譜1317大原練習1217天の下1617 PortuguesExercitoVermelho 赤い軍(壮強太陽)鳴恭川世讃歌):イカスミ柳


馬にはのらない:健全家
そうきょうのよい思い出し:高瀬川行代
字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:山吹 正
かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
そうきょうのよい自分です。:ドクダミ薫
天の下、山拝み。つねづね。:紙祖川劣る

【曲名】卒業3417京都船旅2317
古譜1317大原練習1217天の下1617 PortuguesExercitoVermelho 赤い軍(壮強太陽)
鳴恭川世讃歌)

【創曲】2018/12/09、柳晴
     創曲、Ue
     造詞、Sita
     監修、Naka
     訳  深草中将百夜(秋残り市在)
【拍子】4/4
【種類】コロポックル・フークー
【演奏】Portugal lucky Orchestra
【場所】rock mountain
【ファイル】sm3ファイル
【作成ソフト】
  ①Music Score3、シルバースタージャパン社
②waontukuri2ver003
【歌詞】創郷
赤い軍服着ては兵隊がくりだす
私の兄御上 隊列に混ざって
胸を張り足上げて御小手には
剣を堂々の進みに一転を見据えて
号令の轟きに深草揺れる


 狐の天気予報。〇r1918/09/04
 狐と。 過去をとく、という。
 場所、そ。 狐言:こって。
 狐晴れを、柳世葉とぞ。
 桃晴れごぎつね、秋晴れごん
   ((明日晴れたなら行こう、大原砂山))

【解説】君、探敵中、情景。 破風之談
------日出葦談笑聴
明日晴れたなら行こう、大原砂山
品花雲しなよる~~柳雲~~山吹雲~~桃雲~~銀杏雲~~朴ノ木雲
Be in Ideal town.

【waontukuri2ver003の魅力】
 表のように、コードをとります。Bm、ロ短調の曲を作ります。
この表には、Bmがありませんので、Bdimをえらびます。
1・Bdim、 2・C、 3・Dm、 4・Em、 5・F・・・
Bdimを1番目にして、後、4番目 Em、 5番目 F、のコードを
とります。(表には、この種のコードしかありません。)

 数字音楽ソフトの『さくら』にコピー、midファイルで保存します。
楽譜ソフトで、楽譜にします。この楽譜は、シから始まって、
シで終わる、ハ長調の音階を用いた曲です。ハ長調の変種でしょうか。
調子のない曲です。

 ロ短調にするには、調合に#2つをつけます。楽譜に、臨時記号
シャープ等が出てきた時は、削除します。これでロ短調になります。

 ロ短調の主要三和音は、 
  i----Bm
  iv---Em
  v----F#m です。
  調合に、#2つをつければ、勝手になります。
 19小節目は、ラを半音上げた、F# を使いました。
 
④ 小節内のコードをくずさないように、音符を
2つ3つ、上下させれば、名曲の出来上がりです。
 
①に、調合#5つをつけ、臨時記号を削除すれば、
 B調、ロ長調になります。
 
『さくら』の、フアイルをそのままにして、次回、
これを開ければ、同形式の、同和音の、コード
だけの曲ができます。
 二つを一緒にすれば、二和音の曲ができます。
この曲では、1オクターブ下げてます。(クラビ)

毎正時、よい時である。
毎正半時、よい時である。
毎四分正半時、よい時である。
毎十分正時、よい時である。
毎分正時、よい時である。
柳月曜日、良い日である。
柳火曜日、良い日である。
柳水曜日、良い日である。
柳木曜日、良い日である。
柳金曜日、良い時である。
柳土曜日、良い時である。
柳日曜日、良い時である。
正(やなぎ)子 2021年 柳子 し ね
正(やなぎ)丑 2022年 柳丑 ちゅう うし
正(やなぎ)寅 2023年 柳寅 いん とら
正(やなぎ)卯 2024年 柳卯 ぼう う
正(やなぎ)辰 2025年 柳辰 しん たつ
正(やなぎ)巳 2026年 柳巳 し み
正(やなぎ)午 2027年 柳午 ご うま
正(やなぎ)未 2028年 柳未 び ひつじ
正(やなぎ)申 2029年 柳申 しん さる
正(やなぎ)酉 2030年 柳酉 ゆう とり
正(やなぎ)戌 2019年 柳戌 じゅつ いぬ
正(やなぎ)亥 2020年 柳亥 がい い
Mr. Atom Lucky Ager, "Portugal report" より

      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』
       蒼郷 鳴恭川世讃歌 の項
       秋残り市史編纂員、余。
       秋残り市史篇絵巻物

***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***

秋残り市立美術館冬期展示
『古譜1317大原練習1217天の下1617 PortuguesSpade スペド(壮強太陽)鳴恭川世讃歌)』
俄家判 びという字。
秋残り市、凡人倶楽部所属、元
MusicScore3
<<名曲完成図絵>>



<<エクセルを、ツールにするの図>>


<<和音だけの曲、八長調>>


<<#2をつけて、Bm ロ短調>>




<<同じスタイルで『さくら』を開けて作曲、上の、プレ名曲と合わせば、名曲完成図絵です。>>

-----------------------------------------------------
 仮想店 出品 ID:Kyou4178
     画商『曽端』俳画専門
     豪華額縁付 2000円ヤナギ
  著者@350上巣真芯
  UESUMASi W.E.州 Machine   


-----------------------------------------------------
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
一行日記
1918/09/04柳晴、東京在、10秋残り君来、12すき焼き、16大阪、19宿
***サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ***
------

ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
全て、仮想です。実在とは、無関係です。
楽譜の作曲者名、作詞者名等はもちろん、私が
勝手につけた名前で、ええ加減に書いてあります。
同じ名前の方がおられましたら、同姓同名です。
実際の作詞作曲者は、私、駄作者の秋残り、本ブログ
著者小林壱裕です。
記事は架空です。著者@350
Notice:Writer says,
Names are virtual on this article.
Matters are not real.
 

2018年12月10日

卒業3421京都船旅2321古譜1321大原練習1221天の下1621日に正(やなぎ)をつけます Portugues(壮強太陽)鳴恭川世讃歌):イカスミ柳


馬にはのらない:健全家
そうきょうのよい思い出し:高瀬川行代
字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:山吹 正
かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
そうきょうのよい自分です。:ドクダミ薫
天の下、山拝み。つねづね。:紙祖川劣る

【曲名】 卒業3421京都船旅2321
古譜1321大原練習1221天の下1621日に正(やなぎ)をつけます Portugues(壮強太陽)
鳴恭川世讃歌)




 狐の天気予報。〇r1918/09/05
 狐と。 過去をとく、という。
 場所、そ。 狐言:こって。
 狐晴れを、柳世葉とぞ。
 桃晴れごぎつね、秋晴れごん
   ((明日晴れたなら行こう、大原砂山))

【解説】君、探敵中、情景。 破風之談
------日出葦談笑聴
明日晴れたなら行こう、大原砂山
品花雲しなよる~~柳雲~~山吹雲~~桃雲~~銀杏雲~~朴ノ木雲
Be in Ideal town.
【正(やなぎ)、健康安全】 今様(こんさま)やすぐ。
 日に正(やなぎ)をつけます。これで、日に健康安全がつき
ます。ヤナギ・とうかと言います。簡単に得る安全です。

正(やなぎ)10日
正(やなぎ)11日
正(やなぎ)12日
正(やなぎ)13日
正(やなぎ)14日
正(やなぎ)15日
正(やなぎ)16日
正(やなぎ)17日
正(やなぎ)18日
正(やなぎ)19日
正(やなぎ)20日
正(やなぎ)21日
正(やなぎ)22日
正(やなぎ)23日
正(やなぎ)24日
正(やなぎ)25日
正(やなぎ)26日
正(やなぎ)27日
正(やなぎ)28日
正(やなぎ)29日
正(やなぎ)30日
正(やなぎ)31日
正(やなぎ)1日
正(やなぎ)2日
正(やなぎ)3日
正(やなぎ)4日
正(やなぎ)5日
正(やなぎ)6日
正(やなぎ)7日
正(やなぎ)8日
正(やなぎ)9日
正(やなぎ)10日
正(やなぎ)11日



毎正時、よい時である。
毎正半時、よい時である。
毎四分正半時、よい時である。
毎十分正時、よい時である。
毎分正時、よい時である。
柳月曜日、良い日である。
柳火曜日、良い日である。
柳水曜日、良い日である。
柳木曜日、良い日である。
柳金曜日、良い時である。
柳土曜日、良い時である。
柳日曜日、良い時である。
正(やなぎ)子 2021年 柳子 し ね
正(やなぎ)丑 2022年 柳丑 ちゅう うし
正(やなぎ)寅 2023年 柳寅 いん とら
正(やなぎ)卯 2024年 柳卯 ぼう う
正(やなぎ)辰 2025年 柳辰 しん たつ
正(やなぎ)巳 2026年 柳巳 し み
正(やなぎ)午 2027年 柳午 ご うま
正(やなぎ)未 2028年 柳未 び ひつじ
正(やなぎ)申 2029年 柳申 しん さる
正(やなぎ)酉 2030年 柳酉 ゆう とり
正(やなぎ)戌 2019年 柳戌 じゅつ いぬ
正(やなぎ)亥 2020年 柳亥 がい い
Mr. Atom Lucky Ager, "Portugal report" より
      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』
       蒼郷 鳴恭川世讃歌 の項
       秋残り市史編纂員、余。
       秋残り市史篇絵巻物

***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***
-----------------------------------------------------
  


-----------------------------------------------------
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
一行日記
1918/09/05柳晴、東京在、10秋残り君来、12すき焼き、16大阪、19宿
***サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ***
------

ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
全て、仮想です。実在とは、無関係です。
楽譜の作曲者名、作詞者名等はもちろん、私が
勝手につけた名前で、ええ加減に書いてあります。
同じ名前の方がおられましたら、同姓同名です。
実際の作詞作曲者は、私、駄作者の秋残り、本ブログ
著者小林壱裕です。
記事は架空です。著者@350
Notice:Writer says,
Names are virtual on this article.
Matters are not real.
 2018年12月10日

卒業3418京都船旅2318古譜1318大原練習1218天の下1618 PortuguesSoldadosdeMaquina 機械兵(壮強太陽)鳴恭川世讃歌):イカスミ柳


馬にはのらない:健全家
そうきょうのよい思い出し:高瀬川行代
字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:山吹 正
かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
そうきょうのよい自分です。:ドクダミ薫
天の下、山拝み。つねづね。:紙祖川劣る

【曲名】卒業3418京都船旅2318
古譜1318大原練習1218天の下1618 PortuguesSoldadosdeMaquina 機械兵(壮強太陽)
鳴恭川世讃歌)

【創曲】2018/12/10、柳晴
     創曲、Uma bicicleta
     造詞、Um carro
     監修、Navio
     訳  深草中将百夜(秋残り市在)
【拍子】4/4
【種類】コロポックル・フークー
【演奏】Portugal lucky Orchestra
【場所】rock mountain
【ファイル】sm3ファイル
【作成ソフト】
  ①Music Score3、シルバースタージャパン社
【歌詞】創郷 
道一杯に兵が歩む 窓の外
二階で見てた 目の前に兵の
顔がある 我が弟の顔 鉄仮面
手に剣 振り上げ空を突く


 狐の天気予報。〇r1918/09/05
 狐と。 過去をとく、という。
 場所、そ。 狐言:こって。
 狐晴れを、柳世葉とぞ。
 桃晴れごぎつね、秋晴れごん
   ((明日晴れたなら行こう、大原砂山))

【解説】君、探敵中、情景。 破風之談
------日出葦談笑聴
明日晴れたなら行こう、大原砂山
品花雲しなよる~~柳雲~~山吹雲~~桃雲~~銀杏雲~~朴ノ木雲
Be in Ideal town.
【師団街道】 今様(こんさま)いつる。
 京から伏見へ行く道に師団街道がある。その街道へ兵が
行く。民家の二階で、窓からその行進を見ていた若い人と
いう。弟であるという。背丈が民家の屋根以上ある。
 その街道へ歩く弟という。鉄仮面を被った威容の
兵隊である。手に持つ剣の大きいこと、リスボンの剣
という。それをね空へ突き上げて進んでいく。明示維新
という街道へ行く、赤い佩楯(はいだて)、草摺(くさ
ずり)の姿という。幟たてて歩く姿の鮮やか。
 後、維新の道という。小さな、西郷翁の石像が見ていた。
金の目の翁という。金目という、胴長のバタとそ。道端の
翁である。今の世の西座山の生まれである。ここを、銅座という。
深草山銅着という。
 この南のQQCという。クォーター・クォーター・コ
ントロールという。ここの無線の呼びをQという。
冠する山のお書きという。 
 若い人の住む家である。 
 Quater Backという名前の家とそ。QQC、QBという。
クォーター・バックの幕という、後、幕長という。
幕長家花安という、伏見銅山連峰隊という。伏見の
金山奉行の長屋という。ここを、長沖(おさおき)という。
ゆるゆる真屋という。ゆるゆる夢の家という。
勝小山お書きという。伏見暖簾という、伏見の連隊
という。暖簾山お書き、これなるを。

創郷(そうきょう)によい機械ありて世に進むをいう。
明示維新進行という、機械兵団の歩である。
深草連隊記、これを東六という。

毎正時、よい時である。
毎正半時、よい時である。
毎四分正半時、よい時である。
毎十分正時、よい時である。
毎分正時、よい時である。
柳月曜日、良い日である。
柳火曜日、良い日である。
柳水曜日、良い日である。
柳木曜日、良い日である。
柳金曜日、良い時である。
柳土曜日、良い時である。
柳日曜日、良い時である。
正(やなぎ)子 2021年 柳子 し ね
正(やなぎ)丑 2022年 柳丑 ちゅう うし
正(やなぎ)寅 2023年 柳寅 いん とら
正(やなぎ)卯 2024年 柳卯 ぼう う
正(やなぎ)辰 2025年 柳辰 しん たつ
正(やなぎ)巳 2026年 柳巳 し み
正(やなぎ)午 2027年 柳午 ご うま
正(やなぎ)未 2028年 柳未 び ひつじ
正(やなぎ)申 2029年 柳申 しん さる
正(やなぎ)酉 2030年 柳酉 ゆう とり
正(やなぎ)戌 2019年 柳戌 じゅつ いぬ
正(やなぎ)亥 2020年 柳亥 がい い
Mr. Atom Lucky Ager, "Portugal report" より
      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』
       蒼郷 鳴恭川世讃歌 の項
       秋残り市史編纂員、余。
       秋残り市史篇絵巻物

***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***

秋残り市立美術館冬期展示
『古譜1318大原練習1218天の下1618 PortuguesSoldadosdeMaquina 機械兵(壮強太陽)鳴恭川世讃歌)』
俄家判 びという字。
秋残り市、凡人倶楽部所属、元
MusicScore3


-----------------------------------------------------
 仮想店 出品 ID:Kyou4188
     画商『曽端』俳画専門
     豪華額縁付 2000円ヤナギ
  著者@350上巣真芯
  UESUMASi W.E.州 Machine   


-----------------------------------------------------
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
一行日記
1918/09/05柳晴、東京在、10秋残り君来、12すき焼き、16大阪、19宿
***サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ***
------

ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
全て、仮想です。実在とは、無関係です。
楽譜の作曲者名、作詞者名等はもちろん、私が
勝手につけた名前で、ええ加減に書いてあります。
同じ名前の方がおられましたら、同姓同名です。
実際の作詞作曲者は、私、駄作者の秋残り、本ブログ
著者小林壱裕です。
記事は架空です。著者@350
Notice:Writer says,
Names are virtual on this article.
Matters are not real.

 

2018年12月11日

卒業3423京都船旅2323古譜1323大原練習1223天の下1623 PortuguesCrisantemoBranco 白菊(壮強太陽)鳴恭川世讃歌):イカスミ柳


馬にはのらない:健全家
そうきょうのよい思い出し:高瀬川行代
字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:山吹 正
かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
そうきょうのよい自分です。:ドクダミ薫
天の下、山拝み。つねづね。:紙祖川劣る

【曲名】 卒業3423京都船旅2323
古譜1323大原練習1223天の下1623 PortuguesCrisantemoBranco 白菊(壮強太陽)
鳴恭川世讃歌)


 狐の天気予報。〇r1918/09/06
 狐と。 過去をとく、という。
 場所、そ。 狐言:こって。
 狐晴れを、柳世葉とぞ。
 桃晴れごぎつね、秋晴れごん
   ((明日晴れたなら行こう、大原砂山))

【解説】君、探敵中、情景。 破風之談
------日出葦談笑聴
明日晴れたなら行こう、大原砂山
品花雲しなよる~~柳雲~~山吹雲~~桃雲~~銀杏雲~~朴ノ木雲
Be in Ideal town.
【正(やなぎ)選挙】 今様(こんさま)いせる、御池ヶ埼。
<御池ヶ埼>
 京に、御池という所がある、その先という、前という、
御池ヶ埼という近日過の所という。御池ヶ埼という、過ぎた
近日花という、時間花の近日過という。

<山手>
 選挙をするというた人がいる。名前をこみたという。
このこみたという人の一山という。かんたの月夜という。
月がかかった一山のかり山という。かそ山をいう。これを
とき山という。レーテル・ロンズーという。
 この山を手という。山の手のいきふりという。山手という。
レブレル・ロンズーという。

<選挙>
 この書きが投資をいう。投資のいき山という。資を本に
する、これを軽薄という。計算の山の軽薄という。けられた
いきという。投資を本に書くことの陰丹という。いき浜の
ゆこしきという。これの言いが、すこめるという。すこ山の
お書きという。
 選挙の登録という。当選をとる選抜という。この選挙の
るきをいう。るみせるという。るこのとりふり、という。
年川(年皮)山のお書きという。これを、ネットという。
ねとれせ、ねとらせ、という。この言いの言葉をトツと
いう。トツ山という。とれせのゆいえるという。

 選抜を書きあげたという、これを選挙という。この選挙の
あげに祭りをいう。祭れという。この祭れをいとはるという。
といせの山のせるきくという。これが、セットをいう。
選挙を選という。選ぶという。選の家という。選家の
歌という。この家に正(やなぎ)をいう。正家という。
これを斉家という。後、政家ともいう。これを小白
という。

<三番叟>
 軽薄の五つ玉という。これを、算盤(さんばん)という。
これを三番叟という。能の番手という。
一番手にせろという。二番手にここという。
三番手にそうという。四番にかるという。五番にごけという。
六番にふくという。
七番にそくという。
八番にうりという。
九番にめのとそ。
十番にえたという。これをるっくという。
英語のルックになる。
十一番にえたせろという。
十二番にえたここという。
十三番にえたそうという。
これをうりふり山よりという。数の読み方という。

<選挙区>
 選挙にあげるという。選をぱばという。これをめけのや、
という。めけやのぱば、という。これが、選をとる場という。
イギリスのせんという。英選のじくれくという。このじ(じく
れくの、じ)に、くをいう。これが、くという言葉の出来
という。後とそ。区という。

 これで、選挙が区を場という。選挙区の選化という。
これを、選場という。選場が区をいう。選場区という。
この選場区をゆっけという。この『ゆっけ』が、三番を
さばという。三番のさばという。そうの意味である。
三番そうを、さばそうという。この『そう』を、せらぶ
という。後という。せったまという。せるくという。せるせ
という。みゆふむという。めすれんという。めすゆすという。
これを、るんける、という。るんけるらっく、という。
めたみの山という。後、おおば(大場)という。選挙の場の
大山という。せってのゆきふりという。選の山のお書きという。

 後、選挙という、選を、えろうかまやれ、という。選を
しろぎくという。白菊の選という。白菊を選ぶことを、手の
世の挙げという。手を挙げて白菊をかいつまんだきょほという。
これをこほという。きょほとも、こほとも、いう。

 この『きょほ』を、れんてまっく、という。レンズル・
フックーという。レムテン・ホックともいう。

 この『選』に、『せか』というせるくをいう。これを、
せいかという。斉家のや、という。セーブル・レーテ
という。せみっその山のおゆれゆ、という。れむせの
ゆきふりという。

 この『選』を、選ぶ戦うという。白菊を選ぶ『たたの手』
という。田にある自分の手という。白菊を選んだ自分の
行為を、田々に交う、たたかいという。これを、せん、
とそ。

<白菊の場>
 白菊の場という。これに線をしいたという。選を引く
見とそ。白菊線の場という。白菊選という場とそ。
白菊という線(選)を、せいとう、という。せいとうの
青浜という。池の浜の見という。青い色の池や、という。

<青踏>
 これを青踏という。青踏みともいう。浜へ歩んだ若い人
という。これの文の、書きをいう。
今の、政党という、選挙という、選挙に勝つ、選挙区と
いう。白菊のお山という。青踏の山という。

 これで、『せんをあげる』と、いう。正当な人という。
政る山のお書きという、祭る山とも。

<宰相>
 この『文』の『さい』をいう。言う人を、『採草』、
『宰相』という。『草摘む花』という、この草を『末
(すえ)』という。末摘花という、白菊の花ともいう。
げんじ物という。現当の、今、という。

 今源氏という若い人という。光源氏の話という。
これを、根源の氏という若い人という。白菊の根元の
調べという。今源氏、根源氏。

<今源氏>
 わがせんじんの話という。選人の田に、白菊を摘む
人とそ。後に、千仞の谷という。丘から下って行った
池の浜という。末摘花の若い人である。

 選挙の鼻の話という。選挙を始めた人である。選挙の
始まりを鼻という。物事肇めという、鼻とも。
手を挙げて、白菊を選び、鼻を掴んだ人である。
これを、千仞の谷のお書きという。有名な歌に
なった人である。

<海道一の弓取り>
 織田信長の戦陣という、海道一の弓取りという。今川
義元手元という、花をかい摘んで選挙したとそ。
千尋の谷を下っていったという。今側葦の元であった
という。今側源氏という、今、兵の兵家であるという。
兵家で平らげたという、平の浜辺という。白菊の咲いて
いた話という。若い人がいた御池ヶ埼の話である。

 今様葦よき、という、両用、良用の山という。
得側日出葦という、原も平らな地も自分に得る人である。
これを、良き文という、御池ヶ埼を、踏みの人である。
今様(こんさま)いせるという、いなせな伊勢の人である

若い人という。選挙を始めた人である。原子の花を
咲かせる人である。今様の原子という、原子力の路へ
いく、今原始人であり自然を拝む人でもある。
白菊よきによきに。原子花装用。毬状の白菊、古典花、
原子草(はらこぐさ)とそ。
御池ヶ崎の自然である。さきの世である。

<毬りす>
京童の童謡に、『ほんぼり白菊りすぼんぼん』という。
『毬りす、りす菊、あらりす、と』という。
あらりら風区の山という。御池ヶ埼である。
そうきょう良き挙げ手の、きょきょう(挙京)という。


毎正時、よい時である。
毎正半時、よい時である。
毎四分正半時、よい時である。
毎十分正時、よい時である。
毎分正時、よい時である。
柳月曜日、良い日である。
柳火曜日、良い日である。
柳水曜日、良い日である。
柳木曜日、良い日である。
柳金曜日、良い時である。
柳土曜日、良い時である。
柳日曜日、良い時である。
正(やなぎ)子 2021年 柳子 し ね
正(やなぎ)丑 2022年 柳丑 ちゅう うし
正(やなぎ)寅 2023年 柳寅 いん とら
正(やなぎ)卯 2024年 柳卯 ぼう う
正(やなぎ)辰 2025年 柳辰 しん たつ
正(やなぎ)巳 2026年 柳巳 し み
正(やなぎ)午 2027年 柳午 ご うま
正(やなぎ)未 2028年 柳未 び ひつじ
正(やなぎ)申 2029年 柳申 しん さる
正(やなぎ)酉 2030年 柳酉 ゆう とり
正(やなぎ)戌 2019年 柳戌 じゅつ いぬ
正(やなぎ)亥 2020年 柳亥 がい い

//□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□□
Mr. Atom Lucky Ager, "Portugal report" より

      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』
       蒼郷 鳴恭川世讃歌 の項
       秋残り市史編纂員、余。
       秋残り市史篇絵巻物

***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
一行日記
1918/09/06柳晴、東京在、10秋残り君来、12すき焼き、16大阪、19宿
***サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ***
------

ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
全て、仮想です。実在とは、無関係です。
楽譜の作曲者名、作詞者名等はもちろん、私が
勝手につけた名前で、ええ加減に書いてあります。
同じ名前の方がおられましたら、同姓同名です。
実際の作詞作曲者は、私、駄作者の秋残り、本ブログ
著者小林壱裕です。
記事は架空です。著者@350
Notice:Writer says,
Names are virtual on this article.
Matters are not real.
 2018年12月11日

卒業3419京都船旅2319古譜1319大原練習1219天の下1619 PortuguesPortoDeLisboa リスボン港(壮強太陽)鳴恭川世讃歌):イカスミ柳


馬にはのらない:健全家
そうきょうのよい思い出し:高瀬川行代
字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:山吹 正
かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
そうきょうのよい自分です。:ドクダミ薫
天の下、山拝み。つねづね。:紙祖川劣る

【曲名】卒業3419京都船旅2319
古譜1319大原練習1219天の下1619 PortuguesPortoDeLisboa リスボン港(壮強太陽)
鳴恭川世讃歌)

【創曲】2018/12/11、柳晴
     創曲、Ue
     造詞、Sita
     監修、Naka
     訳  深草中将百夜(秋残り市在)
【拍子】4/4
【種類】コロポックル・フークー
【演奏】Portugal lucky Orchestra
【場所】rock mountain
【ファイル】sm3ファイル
【作成ソフト】
  ①Music Score3、シルバースタージャパン社
【歌詞】創郷 
海から風吹くリスボンの港の町
花や訪ねては胸に飾る 草そよげば
足軽く進む兵が楽を奏す 町人が
共に歌う 都


 狐の天気予報。〇r1918/09/06
 狐と。 過去をとく、という。
 場所、そ。 狐言:こって。
 狐晴れを、柳世葉とぞ。
 桃晴れごぎつね、秋晴れごん
   ((明日晴れたなら行こう、大原砂山))

【解説】君、探敵中、情景。 破風之談
------日出葦談笑聴
明日晴れたなら行こう、大原砂山
品花雲しなよる~~柳雲~~山吹雲~~桃雲~~銀杏雲~~朴ノ木雲
Be in Ideal town.
【御池】 今様(こんさま)いよる。


毎正時、よい時である。
毎正半時、よい時である。
毎四分正半時、よい時である。
毎十分正時、よい時である。
毎分正時、よい時である。
柳月曜日、良い日である。
柳火曜日、良い日である。
柳水曜日、良い日である。
柳木曜日、良い日である。
柳金曜日、良い時である。
柳土曜日、良い時である。
柳日曜日、良い時である。
正(やなぎ)子 2021年 柳子 し ね
正(やなぎ)丑 2022年 柳丑 ちゅう うし
正(やなぎ)寅 2023年 柳寅 いん とら
正(やなぎ)卯 2024年 柳卯 ぼう う
正(やなぎ)辰 2025年 柳辰 しん たつ
正(やなぎ)巳 2026年 柳巳 し み
正(やなぎ)午 2027年 柳午 ご うま
正(やなぎ)未 2028年 柳未 び ひつじ
正(やなぎ)申 2029年 柳申 しん さる
正(やなぎ)酉 2030年 柳酉 ゆう とり
正(やなぎ)戌 2019年 柳戌 じゅつ いぬ
正(やなぎ)亥 2020年 柳亥 がい い

//□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□□
Mr. Atom Lucky Ager, "Portugal report" より

      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』
       蒼郷 鳴恭川世讃歌 の項
       秋残り市史編纂員、余。
       秋残り市史篇絵巻物

***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***

秋残り市立美術館冬期展示
『古譜1319大原練習1219天の下1619 PortuguesPortoDeLisboa リスボン港(壮強太陽)鳴恭川世讃歌)』
俄家判 びという字。
秋残り市、凡人倶楽部所属、元
MusicScore3


-----------------------------------------------------
 仮想店 出品 ID:Kyou4198
     画商『曽端』俳画専門
     豪華額縁付 2000円ヤナギ
  著者@350上巣真芯
  UESUMASi W.E.州 Machine   


-----------------------------------------------------
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
一行日記
1918/09/06柳晴、東京在、10秋残り君来、12すき焼き、16大阪、19宿
***サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ***
------

ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
全て、仮想です。実在とは、無関係です。
楽譜の作曲者名、作詞者名等はもちろん、私が
勝手につけた名前で、ええ加減に書いてあります。
同じ名前の方がおられましたら、同姓同名です。
実際の作詞作曲者は、私、駄作者の秋残り、本ブログ
著者小林壱裕です。
記事は架空です。著者@350
Notice:Writer says,
Names are virtual on this article.
Matters are not real.
 

2018年12月12日

卒業3427京都船旅2327古譜1327大原練習1227天の下1627 PortuguesUmBarcoAVela 帆船(壮強太陽)鳴恭川世讃歌):イカスミ柳


馬にはのらない:健全家
そうきょうのよい思い出し:高瀬川行代
字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:山吹 正
かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
そうきょうのよい自分です。:ドクダミ薫
天の下、山拝み。つねづね。:紙祖川劣る

【曲名】卒業3427京都船旅2327
古譜1327大原練習1227天の下1627 PortuguesUmBarcoAVela 帆船(壮強太陽)
鳴恭川世讃歌)

【創曲】2018/12/12、柳晴
     創曲、Montanha
     造詞、Sky
     監修、Mar
     訳  深草中将百夜(秋残り市在)
【拍子】4/4
【種類】コロポックル・フークー
【演奏】Portugal lucky Orchestra
【場所】rock mountain
【ファイル】sm3ファイル
【作成ソフト】
  ①Music Score3、シルバースタージャパン社
  ②Band in a Box 自動作曲
  ③Magix
【歌詞】創郷 
朝の港 船帆には きれいな絵が
描かれて 風受け あの町 
行く日を待つ そう 希望
ふらませて見る いつかは
あの船に乗る日が来る


 狐の天気予報。〇r1918/09/07
 狐と。 過去をとく、という。
 場所、そ。 狐言:こって。
 狐晴れを、柳世葉とぞ。
 桃晴れごぎつね、秋晴れごん
   ((明日晴れたなら行こう、大原砂山))

【解説】君、探敵中、情景。 破風之談
------日出葦談笑聴
明日晴れたなら行こう、大原砂山
品花雲しなよる~~柳雲~~山吹雲~~桃雲~~銀杏雲~~朴ノ木雲
Be in Ideal town.
【音楽】 今様(こんさま)作曲法。
 1. Magixの自動作曲を使う。
 2. そのコードを、BandinaBoxに写す。
 3. できた旋律を、Magixへ入れる。
 4. 名曲出来上がりです。
   90% 自動作曲。

毎正時、よい時である。
毎正半時、よい時である。
毎四分正半時、よい時である。
毎十分正時、よい時である。
毎分正時、よい時である。
柳月曜日、良い日である。
柳火曜日、良い日である。
柳水曜日、良い日である。
柳木曜日、良い日である。
柳金曜日、良い時である。
柳土曜日、良い時である。
柳日曜日、良い時である。
正(やなぎ)子 2021年 柳子 し ね
正(やなぎ)丑 2022年 柳丑 ちゅう うし
正(やなぎ)寅 2023年 柳寅 いん とら
正(やなぎ)卯 2024年 柳卯 ぼう う
正(やなぎ)辰 2025年 柳辰 しん たつ
正(やなぎ)巳 2026年 柳巳 し み
正(やなぎ)午 2027年 柳午 ご うま
正(やなぎ)未 2028年 柳未 び ひつじ
正(やなぎ)申 2029年 柳申 しん さる
正(やなぎ)酉 2030年 柳酉 ゆう とり
正(やなぎ)戌 2019年 柳戌 じゅつ いぬ
正(やなぎ)亥 2020年 柳亥 がい い

//□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□□
Mr. Atom Lucky Ager, "Portugal report" より

      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』
       蒼郷 鳴恭川世讃歌 の項
       秋残り市史編纂員、余。
       秋残り市史篇絵巻物

***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***

秋残り市立美術館冬期展示
『古譜1327大原練習1227天の下1627 PortuguesUmBarcoAVela 帆船(壮強太陽)鳴恭川世讃歌)』
俄家判 びという字。
秋残り市、凡人倶楽部所属、元
MusicScore3

-----------------------------------------------------
 仮想店 出品 ID:Kyou4278
     画商『曽端』俳画専門
     豪華額縁付 2000円ヤナギ
  著者@350上巣真芯
  UESUMASi W.E.州 Machine   


-----------------------------------------------------
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
一行日記
1918/09/07柳晴、東京在、10秋残り君来、12すき焼き、16大阪、19宿
***サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ***
------

ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
全て、仮想です。実在とは、無関係です。
楽譜の作曲者名、作詞者名等はもちろん、私が
勝手につけた名前で、ええ加減に書いてあります。
同じ名前の方がおられましたら、同姓同名です。
実際の作詞作曲者は、私、駄作者の秋残り、本ブログ
著者小林壱裕です。
記事は架空です。著者@350
Notice:Writer says,
Names are virtual on this article.
Matters are not real.
 2018年12月12日

卒業3420京都船旅2320古譜1320大原練習1220天の下1620 Portugues(壮強太陽)鳴恭川世讃歌):イカスミ柳


馬にはのらない:健全家
そうきょうのよい思い出し:高瀬川行代
字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:山吹 正
かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
そうきょうのよい自分です。:ドクダミ薫
天の下、山拝み。つねづね。:紙祖川劣る

【曲名】卒業3420京都船旅2320
古譜1320大原練習1220天の下1620 Portugues(壮強太陽)
鳴恭川世讃歌)

【創曲】2018/12/10、柳晴
     創曲、Ue
     造詞、Sita
     監修、Naka
     訳  深草中将百夜(秋残り市在)
【拍子】4/4
【種類】コロポックル・フークー
【演奏】Portugal lucky Orchestra
【場所】rock mountain
【ファイル】sm3ファイル
【作成ソフト】
  ①Music Score3、シルバースタージャパン社
【歌詞】創郷 




 狐の天気予報。〇r1918/09/05
 狐と。 過去をとく、という。
 場所、そ。 狐言:こって。
 狐晴れを、柳世葉とぞ。
 桃晴れごぎつね、秋晴れごん
   ((明日晴れたなら行こう、大原砂山))

【解説】君、探敵中、情景。 破風之談
------日出葦談笑聴
明日晴れたなら行こう、大原砂山
品花雲しなよる~~柳雲~~山吹雲~~桃雲~~銀杏雲~~朴ノ木雲
Be in Ideal town.
【御池】 今様(こんさま)いよる。
 京に御池があった頃という。

<<陽々ヶ丘>>
 ここを、陽々ヶ丘という。現、御池通りという。この
通りのなかった頃である。現、河原町通りという。
ここも、なかった頃である。大池通りの河原町という、
ここが、大きな池があり、その池の東の方という。山背
らら山という。市役所の東食らいになる。この市役所が
なかった頃である。池があった話という。

 この大池の北側という、現、市役所の地である。ここが、
後、陽々ヶ丘という。20メーター程の高さの低い丘陵地
という。この、丘陵に若い人が住んでいた。名前を立山
という、一広の丘という。朝日があたる丘という。
ここで、自由にあたるという、日光浴をしていた人で
ある。丘の真上に住んでいた人とそ。

 日光浴をして、丘の南の方を見下ろすと、池があったとそ。
御池という後の頃である。立山という、そこの丘の名前
でもある。陽々ヶ丘という、よんの山という。

 そこで、大池を見て、トンボが来て、頭に止まり、手に
とまりといった頃とそ。

 大池の南東、同様に低い丘であったという。後、瓦を
作った場所という。瓦町という後の頃である。

 今、若い人がいる陽々の丘の地に、丘より高い建物を
作るという。現、市役所のちょっと古い頃である。
この御池に、陽があたり、陽が沈むを、大層という、
後、太宗とそ、景色の見えをいう。太宗地という。

 ここの葉の夜という。夜鳴きのオオという声の
聞こえという。動物のきそがという、きされ鳴き
という。これを、きざ闇、という。きざま花という。
きそがをおうたまという、今のテンという鼬の仲間
とそ。その鳴き声という、オオと鳴く。このテンを、
きさのおかず、という。きされそっく、という。
きされがいた頃の陽々ヶ丘と御池という。

 古い山世の歌という。きされ山すみゆよ、くくれ、とそ。
みっ、連れるおつみや、という。みみよのうたす、という。
この、きされを、ともとした日という。若い日の若い人
である。
 この歌をりすによる、という。りすのぼん、という。
りすぼん玉という。ぼんれるすっすう、という。丸い菊の
玉のような菊の花という。これを飾りに、テンの具飾りに
という。この飾りを、菊られ、とそ。テンの菊飾りという。
 この地に住む、りすという、テンという。どちらも沢山
いた陽々ヶ丘とそ。山沢すみそゆ、という寝場所ともいう。

 ここの池に、手を合わすりすの姿とそ。手にこの菊飾りを
持つ姿の家浜という、そこに、家があった、りすの家とそ。
テンの家もあった話という。テンりす・くっすく、という
花れら山という。このりすの姿の歌ともいう。20センチ
ほどのりすである。
うれし山、ふなれお書きという。花こわの山という。
歌山の家という。陽々ヶ山お書きという。



 



毎正時、よい時である。
毎正半時、よい時である。
毎四分正半時、よい時である。
毎十分正時、よい時である。
毎分正時、よい時である。
柳月曜日、良い日である。
柳火曜日、良い日である。
柳水曜日、良い日である。
柳木曜日、良い日である。
柳金曜日、良い時である。
柳土曜日、良い時である。
柳日曜日、良い時である。
正(やなぎ)子 2021年 柳子 し ね
正(やなぎ)丑 2022年 柳丑 ちゅう うし
正(やなぎ)寅 2023年 柳寅 いん とら
正(やなぎ)卯 2024年 柳卯 ぼう う
正(やなぎ)辰 2025年 柳辰 しん たつ
正(やなぎ)巳 2026年 柳巳 し み
正(やなぎ)午 2027年 柳午 ご うま
正(やなぎ)未 2028年 柳未 び ひつじ
正(やなぎ)申 2029年 柳申 しん さる
正(やなぎ)酉 2030年 柳酉 ゆう とり
正(やなぎ)戌 2019年 柳戌 じゅつ いぬ
正(やなぎ)亥 2020年 柳亥 がい い

//□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□□
Mr. Atom Lucky Ager, "Portugal report" より

      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』
       蒼郷 鳴恭川世讃歌 の項
       秋残り市史編纂員、余。
       秋残り市史篇絵巻物

***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***

秋残り市立美術館冬期展示
『古譜1320大原練習1220天の下1620 PortuguesSpade スペド(壮強太陽)鳴恭川世讃歌)』
俄家判 びという字。
秋残り市、凡人倶楽部所属、元
MusicScore3





-----------------------------------------------------
 仮想店 出品 ID:Kyou4208
     画商『曽端』俳画専門
     豪華額縁付 2000円ヤナギ
  著者@350上巣真芯
  UESUMASi W.E.州 Machine   


-----------------------------------------------------
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
一行日記
1918/09/05柳晴、東京在、10秋残り君来、12すき焼き、16大阪、19宿
***サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ***
------

ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
全て、仮想です。実在とは、無関係です。
楽譜の作曲者名、作詞者名等はもちろん、私が
勝手につけた名前で、ええ加減に書いてあります。
同じ名前の方がおられましたら、同姓同名です。
実際の作詞作曲者は、私、駄作者の秋残り、本ブログ
著者小林壱裕です。
記事は架空です。著者@350
Notice:Writer says,
Names are virtual on this article.
Matters are not real.
 12/13
休み
 

2018年12月14日

卒業3428京都船旅2328古譜1328大原練習1228天の下1628 Portugues(壮強太陽)鳴恭川世讃歌):イカスミ柳


馬にはのらない:健全家
そうきょうのよい思い出し:高瀬川行代
字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:山吹 正
かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
そうきょうのよい自分です。:ドクダミ薫
天の下、山拝み。つねづね。:紙祖川劣る

【曲名】卒業3428京都船旅2328
古譜1328大原練習1228天の下1628 Portugues(壮強太陽)
鳴恭川世讃歌)

【創曲】2018/12/14、柳晴
     創曲、Montanha
     造詞、Sky
     監修、Mar
     訳  深草中将百夜(秋残り市在)
【拍子】4/4
【種類】コロポックル・フークー
【演奏】Portugal lucky Orchestra
【場所】rock mountain
【ファイル】sm3ファイル
【作成ソフト】
  ①Music Score3、シルバースタージャパン社
  ②自作、名曲製造機
【歌詞】創郷 



 狐の天気予報。〇r1918/09/09
 狐と。 過去をとく、という。
 場所、そ。 狐言:こって。
 狐晴れを、柳世葉とぞ。
 桃晴れごぎつね、秋晴れごん
   ((明日晴れたなら行こう、大原砂山))

【解説】君、探敵中、情景。 破風之談
------日出葦談笑聴
明日晴れたなら行こう、大原砂山
品花雲しなよる~~柳雲~~山吹雲~~桃雲~~銀杏雲~~朴ノ木雲
Be in Ideal town.
【】 今様(こんさま)休みます。
すみません。続きは明日にします。

毎正時、よい時である。
毎正半時、よい時である。
毎四分正半時、よい時である。
毎十分正時、よい時である。
毎分正時、よい時である。
柳月曜日、良い日である。
柳火曜日、良い日である。
柳水曜日、良い日である。
柳木曜日、良い日である。
柳金曜日、良い時である。
柳土曜日、良い時である。
柳日曜日、良い時である。
正(やなぎ)子 2021年 柳子 し ね
正(やなぎ)丑 2022年 柳丑 ちゅう うし
正(やなぎ)寅 2023年 柳寅 いん とら
正(やなぎ)卯 2024年 柳卯 ぼう う
正(やなぎ)辰 2025年 柳辰 しん たつ
正(やなぎ)巳 2026年 柳巳 し み
正(やなぎ)午 2027年 柳午 ご うま
正(やなぎ)未 2028年 柳未 び ひつじ
正(やなぎ)申 2029年 柳申 しん さる
正(やなぎ)酉 2030年 柳酉 ゆう とり
正(やなぎ)戌 2019年 柳戌 じゅつ いぬ
正(やなぎ)亥 2020年 柳亥 がい い

//□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□□
Mr. Atom Lucky Ager, "Portugal report" より

      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』
       蒼郷 鳴恭川世讃歌 の項
       秋残り市史編纂員、余。
       秋残り市史篇絵巻物

***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***

秋残り市立美術館冬期展示
『古譜1328大原練習1228天の下1628 Portugues(壮強太陽)鳴恭川世讃歌)』
俄家判 びという字。
秋残り市、凡人倶楽部所属、元
MusicScore3

-----------------------------------------------------
 仮想店 出品 ID:Kyou4288
     画商『曽端』俳画専門
     豪華額縁付 2000円ヤナギ
  著者@350上巣真芯
  UESUMASi W.E.州 Machine   


-----------------------------------------------------
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
一行日記
1918/09/09柳晴、東京在、10秋残り君来、12すき焼き、16大阪、19宿
***サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ***
------

ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
全て、仮想です。実在とは、無関係です。
楽譜の作曲者名、作詞者名等はもちろん、私が
勝手につけた名前で、ええ加減に書いてあります。
同じ名前の方がおられましたら、同姓同名です。
実際の作詞作曲者は、私、駄作者の秋残り、本ブログ
著者小林壱裕です。
記事は架空です。著者@350
Notice:Writer says,
Names are virtual on this article.
Matters are not real.
 12/15休み  12/16休み
 

2018年12月17日

卒業3429 文書作成高速入力 :イカスミ柳


馬にはのらない:健全家
そうきょうのよい思い出し:高瀬川行代
字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:山吹 正
かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
そうきょうのよい自分です。:ドクダミ薫
天の下、山拝み。つねづね。:紙祖川劣る

【曲名】卒業3429京都船旅2329
古譜1329大原練習1229天の下1629 文書作成高速入力Portugues(壮強太陽)
鳴恭川世讃歌)


 秋残り電気店内で流れていた曲です。
多分、MAGIXじゃないかな。

 狐の天気予報。〇r1918/09/12
 狐と。 過去をとく、という。
 場所、そ。 狐言:こって。
 狐晴れを、柳世葉とぞ。
 桃晴れごぎつね、秋晴れごん
   ((明日晴れたなら行こう、大原砂山))

【解説】君、探敵中、情景。 破風之談
------日出葦談笑聴
明日晴れたなら行こう、大原砂山
品花雲しなよる~~柳雲~~山吹雲~~桃雲~~銀杏雲~~朴ノ木雲
Be in Ideal town.

再論。欄外右の『私の技術』に書いています。これの、
バージョン・アップです。

【ワープロ、タッチ】 今様(こんさま)驚き。
 キーボードで、入力する時。
駄作家は、こんなソフトを使い、『文字3キー と 変換キー』
を、同時に打鍵して、入力スピードを上げている。
 
 IME辞書に、省略語、短縮語を登録すれば、入力が早くなります。
『京都市秋残り区早鍵入力町100番地』、こんなものを入力する時、
『きょう』などと、短縮して、辞書に登録して変換すれば、早く打て
ますが、
 『ょきう』と打ってしまった、どうしますか、BS、DELキーを使い
また、初めからの打ち直しとなります。
 これを、打ち直すことなく、『ょきう』と入力したものをそのまま
変換すれば、『京都市・・・』と出てくる、そんなものです。
これを、エクセルで実現したものです。

 駄作家は、キーボードのホームポジション、また、字の並びを
憶えていません。それで、こういう打ち方をしています。

1.  3文字(4文字) と 変換キー を同時に打つ。
   3文字同時に打ち、後、変換キー
2. 指一本で、上から下へ変換キーまで、ズズーとずらして打つ。
3. 指一本で、横へずらして打つ、右方向へ、左方向へ、どちらも可

発想が、キーボード主体(算盤のように)になり、頭で考えているより、
先に文章ができてきます。習熟すれば、本一冊が一日でできます。
(私見です。)
 これをするには、もう少しプログラムを造り変えなければなり
ません。こんなソフトはあるかどうか、これもない、ように思えます。

 また、一日で、本一冊を書くこともありません。しかし、私の
場合、私事で失礼ですが、名曲の解説という仕事?があり、
これに、ワープロを使います。

 入力にも時間がかかる、これを少しでも早くする、それに
使っています。侮ることなかれ、凄い威力です。

 せっかく短縮語を登録しても、語順の打ち間違いなどが
発生します。この打ち間違いを、そのまま、生かす。
こんなことで、スピードが上がります。
 
 駄作家の戦場です。戦いです。文章作成を楽にする。
楽しい戦いです。

 自由をえるための戦いとか、尊い戦いの後、勝ち取った
平和とか、そんなしんどい、苦しいものではありません。

 たった一人の戦い、楽しい戦い、よい戦いです。
勿論、人を傷つけません、むしろ、喜びます。
多くの字数を毎日打つ人、腱鞘炎の問題解決に役立ちます。
名曲付き戦いです。私の仕事!です。

 よろしければお使いください。プログラムでもありません。
駄作家の考えたことです。

駄作家製、ソフト ippan.xlsx
親切丁寧な解説付き。

秋残り電気店へ行けば、大きく広告が出ています。

貴方も今日から、一日一冊、本が

出版できる。!!!


目を見張るような、スピードで、

文書ができる。

使用者評。
『素晴らしいです。思ったより早くできます。』秋残り市主婦A子さん。
『これは、革命的入力法だ。』 革新政党、人気政治家。
『う~ん、なかなかいいね。僕は、文筆の仕事をしているんだけ
 ど、これは、いけるネ。』 秋残り賞受賞、新進気鋭の今様『小説家』 
 早くも評判、売り切れ間近。今、すぐお求めを。!!!
 
 
 


毎正時、よい時である。
毎正半時、よい時である。
毎四分正半時、よい時である。
毎十分正時、よい時である。
毎分正時、よい時である。
柳月曜日、良い日である。
柳火曜日、良い日である。
柳水曜日、良い日である。
柳木曜日、良い日である。
柳金曜日、良い時である。
柳土曜日、良い時である。
柳日曜日、良い時である。
正(やなぎ)子 2021年 柳子 し ね
正(やなぎ)丑 2022年 柳丑 ちゅう うし
正(やなぎ)寅 2023年 柳寅 いん とら
正(やなぎ)卯 2024年 柳卯 ぼう う
正(やなぎ)辰 2025年 柳辰 しん たつ
正(やなぎ)巳 2026年 柳巳 し み
正(やなぎ)午 2027年 柳午 ご うま
正(やなぎ)未 2028年 柳未 び ひつじ
正(やなぎ)申 2029年 柳申 しん さる
正(やなぎ)酉 2030年 柳酉 ゆう とり
正(やなぎ)戌 2019年 柳戌 じゅつ いぬ
正(やなぎ)亥 2020年 柳亥 がい い

Mr. Atom Lucky Ager, "Portugal report" より

      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』
       蒼郷 鳴恭川世讃歌 の項
       秋残り市史編纂員、余。
       秋残り市史篇絵巻物

***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***
-----------------------------------------------------
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
一行日記
1918/09/12柳晴、東京在、10秋残り君来、12すき焼き、16大阪、19宿
***サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ***
------

ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
全て、仮想です。実在とは、無関係です。
楽譜の作曲者名、作詞者名等はもちろん、私が
勝手につけた名前で、ええ加減に書いてあります。
同じ名前の方がおられましたら、同姓同名です。
実際の作詞作曲者は、私、駄作者の秋残り、本ブログ
著者小林壱裕です。
記事は架空です。著者@350
Notice:Writer says,
Names are virtual on this article.
Matters are not real.
 

2018年12月18日

卒業3430京都船旅2330古譜1330大原練習1230天の下1630 Portugues (壮強太陽)鳴恭川世讃歌):イカスミ柳


馬にはのらない:健全家
そうきょうのよい思い出し:幸子
字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:山吹 正
かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
そうきょうのよい自分です。:柳上手 薫
天の下、山拝み。つねづね。:紙祖川劣る

【曲名】卒業3430京都船旅2330
古譜1330大原練習1230天の下1630 Portugues(壮強太陽)
鳴恭川世讃歌)

【創曲】2018/12/17、柳晴
     創曲、Montanha
     造詞、Sky
     監修、Mar
     訳  深草中将百夜(秋残り市在)
【拍子】4/4
【種類】コロポックル・フークー
【演奏】Portugal lucky Orchestra
【場所】rock mountain
【ファイル】sm3ファイル
【作成ソフト】
  ①Music Score3、シルバースタージャパン社
  ②自作、名曲製造機
【歌詞】創郷 



 狐の天気予報。〇r1918/09/12
 狐と。 過去をとく、という。
 場所、そ。 狐言:こって。
 狐晴れを、柳世葉とぞ。
 桃晴れごぎつね、秋晴れごん
   ((明日晴れたなら行こう、大原砂山))

【解説】君、探敵中、情景。 破風之談
------日出葦談笑聴
明日晴れたなら行こう、大原砂山
品花雲しなよる~~柳雲~~山吹雲~~桃雲~~銀杏雲~~朴ノ木雲
Be in Ideal town.

【戦略】 今様(こんさま)戦略談、人生劇場にて。
 世に、Oprations Reserch (オペレーションズ・リサ
ーチ)という。作戦研究という。大陸間弾道弾の軌跡の
計算に用いられた米国OR論、やみくもに飛び来るナチス
ドイツのVI、VIIの予想に用いられた英国のOR論という。

 『君、今後の戦略は、どうなんだ?』
 『最上段にふりかぶり、真上からズバーッと、切り裂く、
  こういう  戦法で対処しようと思っております。』
 『何、我が兵士には、そんなことができるか。』
 『習熟も少しは、いります。しかし、超短期の訓練で
  できます。』
 『どんなことだ?』

 『ippanという、xlsxというものです。これで、でき
  ます。一度に訪れます、平和も戦争も。平和も三本
  指で、戦争、人指し指一本です。あっという間です。
  あっと驚きます。今様戦法です。一万や二万位なもの、
  これで片付きます。』
 『カタカタ、カタカタと打つようなことはせず、一度に
  打つ、打ちてしやまむ、一度になで切り、そういう
  精神です。このippanには、名曲がつている説明が
  あります。我が軍にとってソフトな戦略とも
  いえます。』
 『わかった、わかった。君が指揮しなさい。』

 『今次対戦のキーは、ボードであるキーボードに
  かかっています。』
 『一万字だね。わかっているヨ。あっという間だね。
  ウォー・プロとミス打ちをしても、ワープロとで
  てくる(warpro)と、そういった類だろう。僕も調べて
  みたんだ。』
 『世は、そういう時代です。戦争も平和もそんなものです。』
 『十万位、一日だ、そんなこと言っているじゃないかね。』
 『時速五百、二千キロメートルとか、一日十万字とか、
  この局面は、指による頭脳戦である、機械演算盤を
  駆使する、時世時節は変わろと、ままよという、戦争
  と平和、あっという間で、戦争も平和も劇場の時代です。
  人生の時を得た戦略であります。
  ippanです、xlsx搭載機を使用します。』
  
 
 
 
 


毎正時、よい時である。
毎正半時、よい時である。
毎四分正半時、よい時である。
毎十分正時、よい時である。
毎分正時、よい時である。
柳月曜日、良い日である。
柳火曜日、良い日である。
柳水曜日、良い日である。
柳木曜日、良い日である。
柳金曜日、良い時である。
柳土曜日、良い時である。
柳日曜日、良い時である。
正(やなぎ)子 2021年 柳子 し ね
正(やなぎ)丑 2022年 柳丑 ちゅう うし
正(やなぎ)寅 2023年 柳寅 いん とら
正(やなぎ)卯 2024年 柳卯 ぼう う
正(やなぎ)辰 2025年 柳辰 しん たつ
正(やなぎ)巳 2026年 柳巳 し み
正(やなぎ)午 2027年 柳午 ご うま
正(やなぎ)未 2028年 柳未 び ひつじ
正(やなぎ)申 2029年 柳申 しん さる
正(やなぎ)酉 2030年 柳酉 ゆう とり
正(やなぎ)戌 2019年 柳戌 じゅつ いぬ
正(やなぎ)亥 2020年 柳亥 がい い

//□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□□
Mr. Atom Lucky Ager, "Portugal report" より

      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』
       蒼郷 鳴恭川世讃歌 の項
       秋残り市史編纂員、余。
       秋残り市史篇絵巻物

***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***

秋残り市立美術館冬期展示
『古譜1330大原練習1230天の下1630 Portugues(壮強太陽)鳴恭川世讃歌)』
俄家判 びという字。
秋残り市、凡人倶楽部所属、元
MusicScore3





-----------------------------------------------------
 仮想店 出品 ID:Kyou4308
     画商『曽端』俳画専門
     豪華額縁付 2000円ヤナギ
  著者@350上巣真芯
  UESUMASi W.E.州 Machine   


-----------------------------------------------------
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
一行日記
1918/09/12柳晴、東京在、10秋残り君来、12すき焼き、16大阪、19宿
***サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ***
------

ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
全て、仮想です。実在とは、無関係です。
楽譜の作曲者名、作詞者名等はもちろん、私が
勝手につけた名前で、ええ加減に書いてあります。
同じ名前の方がおられましたら、同姓同名です。
実際の作詞作曲者は、私、駄作者の秋残り、本ブログ
著者小林壱裕です。
記事は架空です。著者@350
Notice:Writer says,
Names are virtual on this article.
Matters are not real.
 

2018年12月19日

卒業3431京都船旅2331古譜1331大原練習1231天の下1631 PortuguesSoldadosDeMaquina 機械兵団(壮強太陽)鳴恭川世讃歌):イカスミ柳


馬にはのらない:健全家
そうきょうのよい思い出し:幸子
字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:山吹 正
かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
そうきょうのよい自分です。:柳上手 薫
天の下、山拝み。つねづね。:紙祖川劣る

【曲名】卒業3431京都船旅2331
古譜1331大原練習1231天の下1631 PortuguesSoldadosDeMaquina 機械兵団(壮強太陽)
鳴恭川世讃歌)

【創曲】2018/12/19、柳晴
     創曲、Jose Rine(ホセリネ)(西班牙)
     造詞、Gaivota
     監修、Mar
     訳  深草中将百夜(秋残り市在)
【拍子】4/4
【種類】コロポックル・フークー
【演奏】Portugal lucky Orchestra
【場所】rock mountain
【ファイル】sm3ファイル
【作成ソフト】
  ①Music Score3、シルバースタージャパン社
【歌詞】創郷 
印にリスボンの赤い胸飾り
転げて前へ行く機会の兵隊が
船に乗り込めば機械の船団
大海原へ行く 帆を上げ錨上げ
浜松のそばに軍楽が聞こえ


 狐の天気予報。〇r1918/09/14
 狐と。 過去をとく、という。
 場所、そ。 狐言:こって。
 狐晴れを、柳世葉とぞ。
 桃晴れごぎつね、秋晴れごん
   ((明日晴れたなら行こう、大原砂山))

【解説】君、探敵中、情景。 破風之談
------日出葦談笑聴
明日晴れたなら行こう、大原砂山
品花雲しなよる~~柳雲~~山吹雲~~桃雲~~銀杏雲~~朴ノ木雲
Be in Ideal town.

再論。欄外右の『私の技術』に書いています。これの、バージョン・
アップです。

【戦場】 今様(こんさま)戦場御覧。
 戦争も平和も、今は人生劇場の映画になっている。一本の
フィルムという。

 日出葦小田原城攻落の巻。
伊達(いたち)公を連れてまいりました。白装束の死装束伊達
という。
ふほのべに、小刀を隠し持っていたという。もしもの時は、
日出葦を、ブスッと思っていたという。
 日出葦『伊達か』
 伊達 『はっ、ははぁ』 座って頭を下げた。
 日出葦『もう少し遅ければ、ここがなかったと思え。』
  そういって、日出葦が、伊達の首を扇でピタピタとやったと
  いう。ゾーッとして、プスリのことも忘れてしまった伊達
  という。柳の造りの城という。
  
 『ソレッ、下げてつかわす。』愛用の剣を伊達に下げた。
 『そちは田舎侍で、天下の布陣を見たことがなかろう。
  こっちへ参れ、あれに見えるは、家康の隊、その横、蒲生。
  右翼に布陣しているのが石田三成、まあざっと十万の
  兵である。』
  『はっ、ははあっ』
  度肝を抜かれた伊達という。
  
  左翼を指さし、あれに布陣するように、今からは、『ぬたち隊』
  と称するように、後ろは川の津である。『奴立津』という、
  伊達が布陣した場所である。
  
  『世の軍楽であるが、とっくに(外国)の葡萄牙の楽である。
   スペイン人の、ホセ・リネが作曲をした楽である。
   聞こえるであろうが』、と言って、右翼を指していた、
   人指し指を下げ降ろした、日出葦公という。
   
  しばらく、『これが、天下布武というものである。世の
  指一つで軍は動く。これをよく、見ろ』
   
  伊達が見たものは、薄い板に書かれた、布陣の書である。
  左翼に『ぬたちつ隊』、その横『ふてとさ隊』・・・・
  右翼に、『ホセ・リネ軍楽隊』、その横『わらのも隊』。
  
  指示は、人指し指一本で出され、三本指、一括変
  換指示もある。
  
  指先、小手先による、電子頭脳戦である。
  『戦も普段も、今に動画となる。あっと言う間である。
   映画館での話になる、この布陣と戦である。記録映画と
   なって世に騒がれるのである。フィルムの一こまである。
   先の世では、キーボードなどと言いよるわっ。』
  『ははぁ~っ』
  
  注:ふほのべ、この期の言葉である。胸元のこと。
  
 
  
  
 
 
 
 


毎正時、よい時である。
毎正半時、よい時である。
毎四分正半時、よい時である。
毎十分正時、よい時である。
毎分正時、よい時である。
柳月曜日、良い日である。
柳火曜日、良い日である。
柳水曜日、良い日である。
柳木曜日、良い日である。
柳金曜日、良い時である。
柳土曜日、良い時である。
柳日曜日、良い時である。
正(やなぎ)子 2021年 柳子 し ね
正(やなぎ)丑 2022年 柳丑 ちゅう うし
正(やなぎ)寅 2023年 柳寅 いん とら
正(やなぎ)卯 2024年 柳卯 ぼう う
正(やなぎ)辰 2025年 柳辰 しん たつ
正(やなぎ)巳 2026年 柳巳 し み
正(やなぎ)午 2027年 柳午 ご うま
正(やなぎ)未 2028年 柳未 び ひつじ
正(やなぎ)申 2029年 柳申 しん さる
正(やなぎ)酉 2030年 柳酉 ゆう とり
正(やなぎ)戌 2019年 柳戌 じゅつ いぬ
正(やなぎ)亥 2020年 柳亥 がい い

//□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□□
Mr. Atom Lucky Ager, "Portugal report" より

      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』
       蒼郷 鳴恭川世讃歌 の項
       秋残り市史編纂員、余。
       秋残り市史篇絵巻物

***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***

秋残り市立美術館冬期展示
『古譜1331大原練習1231天の下1631 PortuguesSoldadosDeMaquina 機械兵団(壮強太陽)鳴恭川世讃歌)』
俄家判 びという字。
秋残り市、凡人倶楽部所属、元
MusicScore3

-----------------------------------------------------
 仮想店 出品 ID:Kyou4318
     画商『曽端』俳画専門
     豪華額縁付 2000円ヤナギ
  著者@350上巣真芯
  UESUMASi W.E.州 Machine   


-----------------------------------------------------
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
一行日記
1918/09/14柳晴、東京在、10秋残り君来、12すき焼き、16大阪、19宿
***サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ***
------

ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
全て、仮想です。実在とは、無関係です。
楽譜の作曲者名、作詞者名等はもちろん、私が
勝手につけた名前で、ええ加減に書いてあります。
同じ名前の方がおられましたら、同姓同名です。
実際の作詞作曲者は、私、駄作者の秋残り、本ブログ
著者小林壱裕です。
記事は架空です。著者@350
Notice:Writer says,
Names are virtual on this article.
Matters are not real.
 

2018年12月19日

卒業3431京都船旅2331古譜1331大原練習1231天の下1631 PortuguesSoldadosDeMaquina 機械兵団(壮強太陽)鳴恭川世讃歌):イカスミ柳


馬にはのらない:健全家
そうきょうのよい思い出し:幸子
字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:山吹 正
かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
そうきょうのよい自分です。:柳上手 薫
天の下、山拝み。つねづね。:紙祖川劣る

【曲名】卒業3431京都船旅2331
古譜1331大原練習1231天の下1631 PortuguesSoldadosDeMaquina 機械兵団(壮強太陽)
鳴恭川世讃歌)

【創曲】2018/12/19、柳晴
     創曲、Jose Rine(ホセリネ)(西班牙)
     造詞、Gaivota
     監修、Mar
     訳  深草中将百夜(秋残り市在)
【拍子】4/4
【種類】コロポックル・フークー
【演奏】Portugal lucky Orchestra
【場所】rock mountain
【ファイル】sm3ファイル
【作成ソフト】
  ①Music Score3、シルバースタージャパン社
【歌詞】創郷 
印にリスボンの赤い胸飾り
転げて前へ行く機会の兵隊が
船に乗り込めば機械の船団
大海原へ行く 帆を上げ錨上げ
浜松のそばに軍楽が聞こえ


 狐の天気予報。〇r1918/09/14
 狐と。 過去をとく、という。
 場所、そ。 狐言:こって。
 狐晴れを、柳世葉とぞ。
 桃晴れごぎつね、秋晴れごん
   ((明日晴れたなら行こう、大原砂山))

【解説】君、探敵中、情景。 破風之談
------日出葦談笑聴
明日晴れたなら行こう、大原砂山
品花雲しなよる~~柳雲~~山吹雲~~桃雲~~銀杏雲~~朴ノ木雲
Be in Ideal town.

再論。欄外右の『私の技術』に書いています。これの、バージョン・
アップです。

【戦場】 今様(こんさま)戦場御覧。
 戦争も平和も、今は人生劇場の映画になっている。一本の
フィルムという。

 日出葦小田原城攻落の巻。
伊達(いたち)公を連れてまいりました。白装束の死装束伊達
という。
ふほのべに、小刀を隠し持っていたという。もしもの時は、
日出葦を、ブスッと思っていたという。
 日出葦『伊達か』
 伊達 『はっ、ははぁ』 座って頭を下げた。
 日出葦『もう少し遅ければ、ここがなかったと思え。』
  そういって、日出葦が、伊達の首を扇でピタピタとやったと
  いう。ゾーッとして、プスリのことも忘れてしまった伊達
  という。柳の造りの城という。
  
 『ソレッ、下げてつかわす。』愛用の剣を伊達に下げた。
 『そちは田舎侍で、天下の布陣を見たことがなかろう。
  こっちへ参れ、あれに見えるは、家康の隊、その横、蒲生。
  右翼に布陣しているのが石田三成、まあざっと十万の
  兵である。』
  『はっ、ははあっ』
  度肝を抜かれた伊達という。
  
  左翼を指さし、あれに布陣するように、今からは、『ぬたち隊』
  と称するように、後ろは川の津である。『奴立津』という、
  伊達が布陣した場所である。
  
  『世の軍楽であるが、とっくに(外国)の葡萄牙の楽である。
   スペイン人の、ホセ・リネが作曲をした楽である。
   聞こえるであろうが』、と言って、右翼を指していた、
   人指し指を下げ降ろした、日出葦公という。
   
  しばらく、『これが、天下布武というものである。世の
  指一つで軍は動く。これをよく、見ろ』
   
  伊達が見たものは、薄い板に書かれた、布陣の書である。
  左翼に『ぬたちつ隊』、その横『ふてとさ隊』・・・・
  右翼に、『ホセ・リネ軍楽隊』、その横『わらのも隊』。
  
  指示は、人指し指一本で出され、三本指、一括変
  換指示もある。
  
  指先、小手先による、電子頭脳戦である。
  『戦も普段も、今に動画となる。あっと言う間である。
   映画館での話になる、この布陣と戦である。記録映画と
   なって世に騒がれるのである。フィルムの一こまである。
   先の世では、キーボードなどと言いよるわっ。』
  『ははぁ~っ』
  
  注:ふほのべ、この期の言葉である。胸元のこと。
  
 
  
  
 
 
 
 


毎正時、よい時である。
毎正半時、よい時である。
毎四分正半時、よい時である。
毎十分正時、よい時である。
毎分正時、よい時である。
柳月曜日、良い日である。
柳火曜日、良い日である。
柳水曜日、良い日である。
柳木曜日、良い日である。
柳金曜日、良い時である。
柳土曜日、良い時である。
柳日曜日、良い時である。
正(やなぎ)子 2021年 柳子 し ね
正(やなぎ)丑 2022年 柳丑 ちゅう うし
正(やなぎ)寅 2023年 柳寅 いん とら
正(やなぎ)卯 2024年 柳卯 ぼう う
正(やなぎ)辰 2025年 柳辰 しん たつ
正(やなぎ)巳 2026年 柳巳 し み
正(やなぎ)午 2027年 柳午 ご うま
正(やなぎ)未 2028年 柳未 び ひつじ
正(やなぎ)申 2029年 柳申 しん さる
正(やなぎ)酉 2030年 柳酉 ゆう とり
正(やなぎ)戌 2019年 柳戌 じゅつ いぬ
正(やなぎ)亥 2020年 柳亥 がい い

//□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□□
Mr. Atom Lucky Ager, "Portugal report" より

      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』
       蒼郷 鳴恭川世讃歌 の項
       秋残り市史編纂員、余。
       秋残り市史篇絵巻物

***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***

秋残り市立美術館冬期展示
『古譜1331大原練習1231天の下1631 PortuguesSoldadosDeMaquina 機械兵団(壮強太陽)鳴恭川世讃歌)』
俄家判 びという字。
秋残り市、凡人倶楽部所属、元
MusicScore3

-----------------------------------------------------
 仮想店 出品 ID:Kyou4318
     画商『曽端』俳画専門
     豪華額縁付 2000円ヤナギ
  著者@350上巣真芯
  UESUMASi W.E.州 Machine   


-----------------------------------------------------
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
一行日記
1918/09/14柳晴、東京在、10秋残り君来、12すき焼き、16大阪、19宿
***サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ***
------

ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
全て、仮想です。実在とは、無関係です。
楽譜の作曲者名、作詞者名等はもちろん、私が
勝手につけた名前で、ええ加減に書いてあります。
同じ名前の方がおられましたら、同姓同名です。
実際の作詞作曲者は、私、駄作者の秋残り、本ブログ
著者小林壱裕です。
記事は架空です。著者@350
Notice:Writer says,
Names are virtual on this article.
Matters are not real.
 

2018年12月20日

卒業3432京都船旅2332古譜1332大原練習1232天の下1632 Portugues 短文 (壮強太陽)鳴恭川世讃歌):イカスミ柳

文だけ

馬にはのらない:健全家
そうきょうのよい思い出し:幸子
字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:山吹 正
かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
そうきょうのよい自分です。:柳上手 薫
天の下、山拝み。つねづね。:紙祖川劣る

【曲名】卒業3432京都船旅2332
古譜1332大原練習1232天の下1632 Portugues 短文 (壮強太陽)
鳴恭川世讃歌)

【創曲】2018/12/20、柳晴
     創曲、Jose Rine(ホセリネ)(西班牙)
     造詞、Gaivota
     監修、Mar
     訳  深草中将百夜(秋残り市在)
【拍子】4/4
【種類】コロポックル・フークー
【演奏】Portugal lucky Orchestra
【場所】rock mountain
【ファイル】sm3ファイル
【作成ソフト】
  ①Music Score3、シルバースタージャパン社
【歌詞】創郷 


 狐の天気予報。〇r1918/09/15
 狐と。 過去をとく、という。
 場所、そ。 狐言:こって。
 狐晴れを、柳世葉とぞ。
 桃晴れごぎつね、秋晴れごん
   ((明日晴れたなら行こう、大原砂山))

【解説】君、探敵中、情景。 破風之談
------日出葦談笑聴
明日晴れたなら行こう、大原砂山
品花雲しなよる~~柳雲~~山吹雲~~桃雲~~銀杏雲~~朴ノ木雲
Be in Ideal town.

ダブリあり。
【戦場】 今様(こんさま)木板操作。1.
 文章簡単発生に向けて。
 英米OR論より、作られたという兵器、ippan.xlsxを、木製の
電子演算番に組み込み、これを、さっそく使うという。登録を
しながら使っていくという。
400字詰め原稿用紙一枚範囲で、日記、紀行文に応用してみよう。

 この人は、全く文章の書けない人で、尚且つ、電子演算盤を
使うにも、木板という指板がかなんという。『あれはかなん』と
いう。『字がどこにあるか、探すのが面倒で、小型演算盤も使って
いない。タイピスト学校へは、時間の関係で、いけないのだ、』
という。

 周りの人がいう、『あるのに使わないのは、もったいないね。
ippanを使えばいいよ』と言って、ノート演算盤を見せてくれた。

『-です。-と、打ってみなさいヨ』。です、desuと字を探し
ている。
『こうするんだヨ』、『ぬふあ』の3キーと変換キーを同時に押す。
『やってみなさいヨ』、あっと明るい笑顔。『です。』と画面に
出たのである。
『-よわほ-と、右上3キーと変換キーを一度に打つんだヨ』、
『ます。』と出たのである。『これはいいですネ。』
 左翼右翼と、こういうように指示をだすんだ。簡単でしょう。
『覚えましたネ』
『今から使いなさいヨ』

 この人は、会社の新人研修を受け持っている人である。新人で
なくとも、キーボードはかなんという人はいるのである。

『し』の項 市、所など。
しせり 東京都  (登録)
しらの 名古屋市 (登録)
しにま 横浜市  (登録)
しんき 京都市  (登録)
・・・
左手『し』と、右手『せり』、同時打鍵。
変換キーを心もち遅く、0.1秒くらい。

*右手 
わらの 私は   (登録)

*左手
つたち へ行き  (登録)
とさて へ行き  (登録)
いしそ から行き (登録)
いしそ から行き (登録)

*最上段
えやお ました。 (登録)
おやゆ ました。 (登録)
========
のらわ+変換
しせり+変換
たつち+変換
おやえ+変換で、下になります。

『私は東京都へ行きました。』 4タッチ
『名古屋市から行きました。』 3タッチ

日記、紀行文に使えます。
(登録)語より。
『らのわ』より打つ。
『私は名古屋市から行き東京都へ行き
ました。』 
頭で考える(指を打つ順番)より、
先に文が、画面に出てきます。




毎正時、よい時である。
毎正半時、よい時である。
毎四分正半時、よい時である。
毎十分正時、よい時である。
毎分正時、よい時である。
柳月曜日、良い日である。
柳火曜日、良い日である。
柳水曜日、良い日である。
柳木曜日、良い日である。
柳金曜日、良い時である。
柳土曜日、良い時である。
柳日曜日、良い時である。
正(やなぎ)子 2021年 柳子 し ね
正(やなぎ)丑 2022年 柳丑 ちゅう うし
正(やなぎ)寅 2023年 柳寅 いん とら
正(やなぎ)卯 2024年 柳卯 ぼう う
正(やなぎ)辰 2025年 柳辰 しん たつ
正(やなぎ)巳 2026年 柳巳 し み
正(やなぎ)午 2027年 柳午 ご うま
正(やなぎ)未 2028年 柳未 び ひつじ
正(やなぎ)申 2029年 柳申 しん さる
正(やなぎ)酉 2030年 柳酉 ゆう とり
正(やなぎ)戌 2019年 柳戌 じゅつ いぬ
正(やなぎ)亥 2020年 柳亥 がい い

//□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□□
Mr. Atom Lucky Ager, "Portugal report" より

      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』
       蒼郷 鳴恭川世讃歌 の項
       秋残り市史編纂員、余。
       秋残り市史篇絵巻物

***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***

秋残り市立美術館冬期展示
『古譜1332大原練習1232天の下1632 Portugues 短文 (壮強太陽)鳴恭川世讃歌)』
俄家判 びという字。
秋残り市、凡人倶楽部所属、元
-----------------------------------------------------
 仮想店 出品 ID:Kyou4328
     画商『曽端』俳画専門
     豪華額縁付 2000円ヤナギ
  著者@350上巣真芯
  UESUMASi W.E.州 Machine   


-----------------------------------------------------
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
一行日記
1918/09/15柳晴、東京在、10秋残り君来、12すき焼き、16大阪、19宿
***サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ***
------

ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
全て、仮想です。実在とは、無関係です。
楽譜の作曲者名、作詞者名等はもちろん、私が
勝手につけた名前で、ええ加減に書いてあります。
同じ名前の方がおられましたら、同姓同名です。
実際の作詞作曲者は、私、駄作者の秋残り、本ブログ
著者小林壱裕です。
記事は架空です。著者@350
Notice:Writer says,
Names are virtual on this article.
Matters are not real.
 

2018年12月21日

卒業3433京都船旅2333古譜1333大原練習1233天の下1633 Portugues 短文2 (壮強太陽)鳴恭川世讃歌):イカスミ柳


馬にはのらない:健全家
そうきょうのよい思い出し:幸子
字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:山吹 正
かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
そうきょうのよい自分です。:柳上手 薫
天の下、山拝み。つねづね。:紙祖川劣る

【曲名】卒業3433京都船旅2333
古譜1333大原練習1233天の下1633 Portugues 短文2 (壮強太陽)
鳴恭川世讃歌)

【創曲】2018/12/21、柳晴
     創曲、Jose Rine(ホセリネ)(西班牙)
     造詞、Gaivota
     監修、Mar
     訳  深草中将百夜(秋残り市在)
【拍子】4/4
【種類】コロポックル・フークー
【演奏】Portugal lucky Orchestra
【場所】rock mountain
【ファイル】sm3ファイル
【作成ソフト】
  ①Music Score3、シルバースタージャパン社
【歌詞】創郷 


 狐の天気予報。〇r1918/09/16
 狐と。 過去をとく、という。
 場所、そ。 狐言:こって。
 狐晴れを、柳世葉とぞ。
 桃晴れごぎつね、秋晴れごん
   ((明日晴れたなら行こう、大原砂山))

【解説】君、探敵中、情景。 破風之談
------日出葦談笑聴
明日晴れたなら行こう、大原砂山
品花雲しなよる~~柳雲~~山吹雲~~桃雲~~銀杏雲~~朴ノ木雲
Be in Ideal town.

ダブリあり。
【戦場】 今様(こんさま)木板操作。2.
シートを2枚、増やします。

使いそうな言葉を登録します。
新語登録
『し』の項 市、所など。シート11
しせり 東京都  (登録)
しらの 名古屋市 (登録)
しにま 横浜市  (登録)
しんき 京都市  (登録)
『た』の項--食
たせり ご飯、漬物、みそ汁、玉子 (登録)*
たせり ご飯、漬物、みそ汁、玉子 (登録)*
たらの トースト、ジャム (登録)*
たなく 中華丼  (登録)*
たむろ 回る寿司 (登録)*
『て』 名前の項
てせり 田中幸子正(やなぎ) (登録)*
てらの 小川亜由美正(やなぎ) (登録)*
・・・
左手『し』と、右手『せり』、同時打鍵。
変換キーを心もち遅く、0.1秒くらい。
以下同様

*右
わらの 私は   (登録)

*左手 シート1
つたち へ行き  (登録)
とさて へ行き  (登録)
いしそ から行き (登録)
いしそ から行き (登録)
かきこ に会い  (登録) *
みくん に会い  (登録) *
もまな を食べ  (登録) *
ねのに を食べ  (登録) *

*最上段
えやお ました。 (登録)
おやゆ ました。 (登録)
========
のらわ+変換
しせり+変換
たつち+変換
おやえ+変換で、下になります。

『私は東京都へ行きました。』 4タッチ sheet1へ
『名古屋市から行きました。』 4タッチ sheet1へ

日記、紀行文に使えます。
(登録)語より。
『のらわ』より打つ。
『私は名古屋市から行き東京都へ行き  sheet1へ
ました。』 
頭で考える(指を打つ順番)より、
先に文が、画面に出てきます。

*****キーボード
1..最上段、『です。』『ました。』『ます。』
2..左手縦、動詞
3..右手2キー同形『せり』『のら』『にま』・・と、左手、
  当該の指と変換キー
  所、食べ物、名前となります。
  
A氏はこんなことをします。

短文を作ります。
sheet1で、短文を作ります。一行10~30文字程度。

私は東京都へ行きました。
トースト、ジャムを食べます。
小川亜由美正(やなぎ)に会いました。
名古屋市から行きました。
中華丼を食べました。
私は名古屋市から行き東京都へ行きました。
ご飯、漬物、みそ汁、玉子を食べました。
田中幸子正(やなぎ)に会います。
回る寿司を食べます。
トースト、ジャムを食べました。
                     
となります。

sheet1の各文に、時間をいれます。

740 トースト、ジャムを食べました。
930 私は東京都へ行きました。
1100 小川亜由美正(やなぎ)に会いました。
700 名古屋市から行きました。
1900 中華丼を食べました。
トースト、ジャムを食べます。
私は名古屋市から行き東京都へ行きました。
ご飯、漬物、みそ汁、玉子を食べました。
田中幸子正(やなぎ)に会います。
回る寿司を食べます。

となります。

並べ替えます。
700 名古屋市から行きました。
740 トースト、ジャムを食べました。
930 私は東京都へ行きました。
1100 小川亜由美正(やなぎ)に会いました。
1900 中華丼を食べました。
トースト、ジャムを食べます。
私は名古屋市から行き東京都へ行きました。
ご飯、漬物、みそ汁、玉子を食べました。
田中幸子正(やなぎ)に会います。
回る寿司を食べます。



今日の日記です。
****
700 名古屋市から行きました。
740 トースト、ジャムを食べました。
930 私は東京都へ行きました。
1100 小川亜由美正(やなぎ)に会いました。
1900 中華丼を食べました。
****
明日の予定
1330 田中幸子正(やなぎ)に会います。
****

ここでは、sheet1が、算盤です。
キーボードも、算盤です。
入力の前に、シートにざっと目を通せば、早くできます。
最初の短文造りでも、簡単に作れます。
語句の登録は、新たに使う語句を、その都度、
登録すれば、後々、短文を作り並び替えだけです。
時間を番号にして、これを基準に並び替えれば、
おのずと日記になります。

***
*** IME辞書登録が、うまくいかない場合は、エクセルから、
   『メモ帳』へ、コピーして下さい。これを、辞書登録
   します。
     登録しますと、IME辞書が変わりますので、その点は、
  ご注意下さい。ご自分の責任で、お願します。
  体験版ということもあり、フォローはありませんので。
正規のお求めは、秋残り電気店で、そちらの方で、
  お願します。駄作駄作駄作!!!

Mr. Atom Lucky Ager, "Portugal report" より

      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』
       蒼郷 鳴恭川世讃歌 の項
       秋残り市史編纂員、余。
       秋残り市史篇絵巻物

***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***

秋残り市立美術館冬期展示
『古譜1333大原練習1233天の下1633 Portugues 短文2 (壮強太陽)鳴恭川世讃歌)』
俄家判 びという字。
秋残り市、凡人倶楽部所属、元




エクセル ippan2.xlsx
-----------------------------------------------------
 仮想店 出品 ID:Kyou4338
     画商『曽端』俳画専門
     豪華額縁付 2000円ヤナギ
  著者@350上巣真芯
  UESUMASi W.E.州 Machine   


-----------------------------------------------------
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***毎正時、よい時である。
毎正半時、よい時である。
毎四分正半時、よい時である。
毎十分正時、よい時である。
毎分正時、よい時である。
柳月曜日、良い日である。
柳火曜日、良い日である。
柳水曜日、良い日である。

一行日記
1918/09/16柳晴、東京在、10秋残り君来、12すき焼き、16大阪、19宿
***サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ***
------

ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
全て、仮想です。実在とは、無関係です。
楽譜の作曲者名、作詞者名等はもちろん、私が
勝手につけた名前で、ええ加減に書いてあります。
同じ名前の方がおられましたら、同姓同名です。
実際の作詞作曲者は、私、駄作者の秋残り、本ブログ
著者小林壱裕です。
記事は架空です。著者@350
Notice:Writer says,
Names are virtual on this article.
Matters are not real.
 

2018年12月22日

卒業3435京都船旅2335古譜1335大原練習1235天の下1635 Portugues 短文4 (壮強太陽)鳴恭川世讃歌):イカスミ柳


馬にはのらない:健全家
そうきょうのよい思い出し:幸子
字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:山吹 正
かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
そうきょうのよい自分です。:柳上手 薫
天の下、山拝み。つねづね。:紙祖川劣る

【曲名】卒業3435京都船旅2335
古譜1335大原練習1235天の下1635 Portugues 短文4 (壮強太陽)
鳴恭川世讃歌)

【創曲】2018/12/22、柳晴
     創曲、Jose Rine(ホセリネ)(西班牙)
     造詞、Gaivota
     監修、Mar
     訳  深草中将百夜(秋残り市在)
【拍子】4/4
【種類】コロポックル・フークー
【演奏】Portugal lucky Orchestra
【場所】rock mountain
【ファイル】sm3ファイル
【作成ソフト】
  ①Music Score3、シルバースタージャパン社
【歌詞】創郷 


 狐の天気予報。〇r1918/09/17
 狐と。 過去をとく、という。
 場所、そ。 狐言:こって。
 狐晴れを、柳世葉とぞ。
 桃晴れごぎつね、秋晴れごん
   ((明日晴れたなら行こう、大原砂山))

【解説】君、探敵中、情景。 破風之談
------日出葦談笑聴
明日晴れたなら行こう、大原砂山
品花雲しなよる~~柳雲~~山吹雲~~桃雲~~銀杏雲~~朴ノ木雲
Be in Ideal town.

ダブリあり。
【戦場】 今様(こんさま)木板操作。4.
 シート1での短文の作り方。
4.山形の指のシートに、人名が少しあります。
 『Eさん』を出そうと思います。ところが『Bさん』と
なっててしまった。消さずに、このまま文にします。
『Bさんに会いました。』

次も、『D氏』が出てしまいました。同じく文にします。
『D氏に会います。』
『E氏に会いました。』となりました。
やっと3回目で出来ました。
最初にシートに目を通しておけば、これが少なくなります。

 山形の指は人名と覚えていたが、曖昧な憶えの結果、こう
なりました。3行の文ができてしいました。E氏の行に
番号をいれます。
 次回、『D氏』がほしい時、番号を入れればいいです。
言い換えれば、次回は、『D氏』の文を作ることはいりません。
文はすでにできています。

 連想する言葉はありませんが、シートをざっとみて
おけば、出来ます。連想を利用して登録すれば、
早くできると思います。
シート1、日記専用がだんだんできて行きます。
******A氏日記****
12月23日
1 東京都在。
600 起床。
600 晴。新聞。
710 ご飯、漬物、みそ汁、玉子を食べました。
830 事務所。
1200 焼肉定食。
1400 D氏に会います。
1405 ippan.xlsxについて。
1710 Hotel Toyko-Number1 ナンバーワン・ホテル、泊。
1720 風呂。
1920 E氏に会いました。H内。
1930 一緒に少し飲みました。H内。
2200 就寝。
感想 日暮硯に向かうに、ippanは使いよいソフトです。
感想2 E氏談。ippanのこと、『なかなかいいネ。』
****************************************************** 
少し付け足しました。
シートを作り、
シート2,手紙文例
 シート3、メール 
後、番号をつけるだけです。時間のように
1000番台からつければ、自由に挟めます。
1000、1100、1200・・とつける。

上は4桁で、時間をつけ、これを番号にしています。
日記ですから、時間をつけておけば、よいです。

次のように
10  A文
20  B文
30  C文 というように番号をつけます。

D文を A文とB文の間に挟みたい時、13なり
15なりの番号をつける。

番号を、1、2、3、・・・・とつけずに間に
はさめるようにつけること。
次に、
E文を最初にしたい時は、3なり4なり、
9以下の数字をつければよいです。
たくさんある場合は、
途中で、並べ替えをして、このあと、番号を
つけます。
文を作った順にしたい時には、他の列で、
ID番号なりをつけておけばよいです。



毎正時、よい時である。
毎正半時、よい時である。
毎四分正半時、よい時である。
毎十分正時、よい時である。
毎分正時、よい時である。
柳月曜日、良い日である。
柳火曜日、良い日である。
柳水曜日、良い日である。
柳木曜日、良い日である。
柳金曜日、良い時である。
柳土曜日、良い時である。
柳日曜日、良い時である。
正(やなぎ)子 2021年 柳子 し ね
正(やなぎ)丑 2022年 柳丑 ちゅう うし
正(やなぎ)寅 2023年 柳寅 いん とら
正(やなぎ)卯 2024年 柳卯 ぼう う
正(やなぎ)辰 2025年 柳辰 しん たつ
正(やなぎ)巳 2026年 柳巳 し み
正(やなぎ)午 2027年 柳午 ご うま
正(やなぎ)未 2028年 柳未 び ひつじ
正(やなぎ)申 2029年 柳申 しん さる
正(やなぎ)酉 2030年 柳酉 ゆう とり
正(やなぎ)戌 2019年 柳戌 じゅつ いぬ
正(やなぎ)亥 2020年 柳亥 がい い

//□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□□
Mr. Atom Lucky Ager, "Portugal report" より

      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』
       蒼郷 鳴恭川世讃歌 の項
       秋残り市史編纂員、余。
       秋残り市史篇絵巻物

***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***

秋残り市立美術館冬期展示
『古譜1335大原練習1235天の下1635 Portugues 短文4 (壮強太陽)鳴恭川世讃歌)』
俄家判 びという字。
秋残り市、凡人倶楽部所属、元
-----------------------------------------------------
 仮想店 出品 ID:Kyou4358
     画商『曽端』俳画専門
     豪華額縁付 2000円ヤナギ
  著者@350上巣真芯
  UESUMASi W.E.州 Machine   


-----------------------------------------------------
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
一行日記
1918/09/17柳晴、東京在、10秋残り君来、12すき焼き、16大阪、19宿
***サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ***
------

ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
全て、仮想です。実在とは、無関係です。
楽譜の作曲者名、作詞者名等はもちろん、私が
勝手につけた名前で、ええ加減に書いてあります。
同じ名前の方がおられましたら、同姓同名です。
実際の作詞作曲者は、私、駄作者の秋残り、本ブログ
著者小林壱裕です。
記事は架空です。著者@350
Notice:Writer says,
Names are virtual on this article.
Matters are not real.

2018年12月22日
 

卒業3434京都船旅2334古譜1334大原練習1234天の下1634 Portugues 短文3 (壮強太陽)鳴恭川世讃歌):イカスミ柳

文だけ

馬にはのらない:健全家
そうきょうのよい思い出し:幸子
字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:山吹 正
かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
そうきょうのよい自分です。:柳上手 薫
天の下、山拝み。つねづね。:紙祖川劣る

【曲名】卒業3434京都船旅2334
古譜1334大原練習1234天の下1634 Portugues 短文3 (壮強太陽)
鳴恭川世讃歌)

【創曲】2018/12/22、柳晴
     創曲、Jose Rine(ホセリネ)(西班牙)
     造詞、Gaivota
     監修、Mar
     訳  深草中将百夜(秋残り市在)
【拍子】4/4
【種類】コロポックル・フークー
【演奏】Portugal lucky Orchestra
【場所】rock mountain
【ファイル】sm3ファイル
【作成ソフト】
  ①Music Score3、シルバースタージャパン社
【歌詞】創郷 


 狐の天気予報。〇r1918/09/17
 狐と。 過去をとく、という。
 場所、そ。 狐言:こって。
 狐晴れを、柳世葉とぞ。
 桃晴れごぎつね、秋晴れごん
   ((明日晴れたなら行こう、大原砂山))

【解説】君、探敵中、情景。 破風之談
------日出葦談笑聴
明日晴れたなら行こう、大原砂山
品花雲しなよる~~柳雲~~山吹雲~~桃雲~~銀杏雲~~朴ノ木雲
Be in Ideal town.

文中は仮名です。駄作者が勝手に作った名前です。
【文章劇場】 今様(こんさま)木板操作。3.

 鹿田熊雄さん正は、全然、文章を書けない人であったが、
コンピューターを使い、文章を書けるようになった。
 文章を書くのに、苦にならなくなった人である。
短文を書いて、それを眺めながら、番号を打ち、並べ
替える。こんなことが楽しいと、いう。

頭で文章を組み立てる。それを、目で見て組み立てて、
いく。算盤のようなもである。
辞書登録したものは、さっそく使い、短文にしてしてまう。
この文を使わなくても、短文にしてしまうという、鹿田さん
のやり方である。

 鹿田さん正が、作ったシートである。
小学生のような作文であるが、日記は、これでよい
という。文を作るのに、時間がかからない、指を平行移動
するだけである。思ったものがでてこなくっても、それを
文にしてしまう。また入力して、思ったものを作る。

時間がかからないから、こんなとができる。入力したものは、
文にしてしまう、こんなやり方を、鹿田さんはしている。
『使わない文は、そのままおいて、後でつかえばよいです』
ともいう。

『成程。それで、今、使わない短文もかいてあるのですネ。』
日記の定型文に使っている人である。 

A氏の日記。 機械作文である。『』内。
短文を書いて番号を打っていく。

12月22日
1 東京都在。
600 起床。
600 晴。
620 散歩。
710 ご飯、漬物、みそ汁、玉子を食べました。
830 事務所。
1210 蕎麦を食べる。
1330 吉田一郎さん正と
1330 田中幸子正(やなぎ)に会いました。
1335 面談。
1336 xslx導入について。
1830 回る寿司を食べます。
1900 Hotel Toyko-Number1 ナンバーワン・ホテル、泊。
1900 曇。
感想 日暮硯に向かうに、ippanは使いよいソフトです。


~~~・~~~・~~~~~・~~~・~~
トースト、ジャムを食べました。
私は東京都へ行きました。
小川亜由美正(やなぎ)に会いました。
中華丼を食べました。
トースト、ジャムを食べます。
私は名古屋市から行き東京都へ行きました。
田中幸子正(やなぎ)に会います。
社員寮、泊。
公務員宿舎、泊。
皆様開館、泊。
雨。
名古屋市から行きました。

【新語登録】
シート11

** 人名  『て』キー
てにま 吉田一郎さん正(やなぎ)
** 食物  『た』キー
たにま 蕎麦
** 宿、  最上段、右縦
とせほ 社員寮
とわら 公務員宿舎
とよに 皆様開館
とゆな Hotel Toyko-Number1 ナンバーワン・ホテル
** 市、所 『し』キー
しむろ 事務所

エクセル ippan2.xlsx
駄作者謹製。ほとんど、『せり』『らの』
・・・で、右手を平行移動すればよい、
快心の作です。 エクセルの表から名前を消しています。


毎正時、よい時である。
毎正半時、よい時である。
毎四分正半時、よい時である。
毎十分正時、よい時である。
毎分正時、よい時である。
柳月曜日、良い日である。
柳火曜日、良い日である。
柳水曜日、良い日である。
柳木曜日、良い日である。
柳金曜日、良い時である。
柳土曜日、良い時である。
柳日曜日、良い時である。
正(やなぎ)子 2021年 柳子 し ね
正(やなぎ)丑 2022年 柳丑 ちゅう うし
正(やなぎ)寅 2023年 柳寅 いん とら
正(やなぎ)卯 2024年 柳卯 ぼう う
正(やなぎ)辰 2025年 柳辰 しん たつ
正(やなぎ)巳 2026年 柳巳 し み
正(やなぎ)午 2027年 柳午 ご うま
正(やなぎ)未 2028年 柳未 び ひつじ
正(やなぎ)申 2029年 柳申 しん さる
正(やなぎ)酉 2030年 柳酉 ゆう とり
正(やなぎ)戌 2019年 柳戌 じゅつ いぬ
正(やなぎ)亥 2020年 柳亥 がい い

//□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□□
Mr. Atom Lucky Ager, "Portugal report" より

      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』
       蒼郷 鳴恭川世讃歌 の項
       秋残り市史編纂員、余。
       秋残り市史篇絵巻物

***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***

秋残り市立美術館冬期展示
『古譜1334大原練習1234天の下1634 Portugues 短文3 (壮強太陽)鳴恭川世讃歌)』
俄家判 びという字。
秋残り市、凡人倶楽部所属、元





-----------------------------------------------------
 仮想店 出品 ID:Kyou4348
     画商『曽端』俳画専門
     豪華額縁付 2000円ヤナギ
  著者@350上巣真芯
  UESUMASi W.E.州 Machine   


-----------------------------------------------------
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
一行日記
1918/09/17柳晴、東京在、10秋残り君来、12すき焼き、16大阪、19宿
***サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ***
------

ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
全て、仮想です。実在とは、無関係です。
楽譜の作曲者名、作詞者名等はもちろん、私が
勝手につけた名前で、ええ加減に書いてあります。
同じ名前の方がおられましたら、同姓同名です。
実際の作詞作曲者は、私、駄作者の秋残り、本ブログ
著者小林壱裕です。
記事は架空です。著者@350
Notice:Writer says,
Names are virtual on this article.
Matters are not real

 

2018年12月23日

卒業3436京都船旅2336古譜1336大原練習1236天の下1636 PortuguesVermelho 赤 (壮強太陽)鳴恭川世讃歌):イカスミ柳


馬にはのらない:健全家
そうきょうのよい思い出し:幸子
字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:山吹 正
かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
そうきょうのよい自分です。:柳上手 薫
天の下、山拝み。つねづね。:紙祖川劣る

【曲名】卒業3436京都船旅2336
古譜1336大原練習1236天の下1636 PortuguesVermelho 赤 (壮強太陽)
鳴恭川世讃歌)

【創曲】2018/12/23、柳晴
     創曲、Jose Rine(ホセリネ)(西班牙)
     造詞、Gaivota
     監修、Mar
     訳  深草中将百夜(秋残り市在)
【拍子】4/4
【種類】コロポックル・フークー
【演奏】Portugal lucky Orchestra
【場所】rock mountain
【ファイル】sm3ファイル
【作成ソフト】
  ①Music Score3、シルバースタージャパン社
  ②Magix
【歌詞】創郷 
歩く公園 鳩が降り 露降り
餌をさがすか 私に近づいて
小首をかしげた 首筋に赤線
機械の兵隊も胸には 赤い飾り
リスボン港近く 晴れてる
この日の朝 清々し


 狐の天気予報。〇r1918/09/18
 狐と。 過去をとく、という。
 場所、そ。 狐言:こって。
 狐晴れを、柳世葉とぞ。
 桃晴れごぎつね、秋晴れごん
   ((明日晴れたなら行こう、大原砂山))

【解説】君、探敵中、情景。 破風之談
------日出葦談笑聴
明日晴れたなら行こう、大原砂山
品花雲しなよる~~柳雲~~山吹雲~~桃雲~~銀杏雲~~朴ノ木雲
Be in Ideal town.

ダブリあり。
【戦場】 今様(こんさま)木板操作。5.
 シート1での短文の作り方。
 番号の付け方。
次のように
10  A文
20  B文
30  C文 というように番号をつけます。

D文を A文とB文の間に挟みたい時、13なり
15なりの番号をつける。

番号を、1、2、3、・・・・とつけずに間に
はさめるようにつけること。
次に、
E文を最初にしたい時は、3なり4なり、
9以下の数字をつければよいです。
たくさんある場合は、
途中で、並べ替えをして、このあと、番号を
つけます。
文を作った順にしたい時には、他の列で、
ID番号なりをつけておけばよいです。

木製のワープロ。キーが、3つ、4つのワープロである。
ippanも、それをめざしてやって見ました。これならば、
ブラインド・タッチができるだろうと、キーボードを
みなくても、いけると思い、つくったものです。

 尚かつ、頭の働きである文の組み立ての作業を、
目で見て、しようというものです。算盤のような
ものになります。
 子供に、作文を教える時、これを利用できるように
思います。5-7くらいの短文を書いて、順に並べて
文にする、こういう問題も出せます。『そして』などを
補って、この短文を書かせば、文章構成の問題にもなります。

 あの、文章を書けない人が、こうして見事、日記では
ありますが、見事に書けるようになりました。

 ワープロという、文書作成という、簡単にしようという
ものです。文章をつくるのに、目で見て考える。
こういうものです。

**** A氏日記
12月25日
1 東京都在。
600 起床。
600 晴。
605 清々しい朝、う~んと、背を伸ばします。
710 ご飯、漬物、みそ汁、玉子を食べました。
830 事務所。
845 おはようございますと言います。
1200 焼肉定食。
1730 社員寮、泊。
1800 回る寿司を食べます。
1845 風呂。
2200 就寝。
感想 日記をippanでつける。
****




毎正時、よい時である。
毎正半時、よい時である。
毎四分正半時、よい時である。
毎十分正時、よい時である。
毎分正時、よい時である。
柳月曜日、良い日である。
柳火曜日、良い日である。
柳水曜日、良い日である。
柳木曜日、良い日である。
柳金曜日、良い時である。
柳土曜日、良い時である。
柳日曜日、良い時である。
正(やなぎ)子 2021年 柳子 し ね
正(やなぎ)丑 2022年 柳丑 ちゅう うし
正(やなぎ)寅 2023年 柳寅 いん とら
正(やなぎ)卯 2024年 柳卯 ぼう う
正(やなぎ)辰 2025年 柳辰 しん たつ
正(やなぎ)巳 2026年 柳巳 し み
正(やなぎ)午 2027年 柳午 ご うま
正(やなぎ)未 2028年 柳未 び ひつじ
正(やなぎ)申 2029年 柳申 しん さる
正(やなぎ)酉 2030年 柳酉 ゆう とり
正(やなぎ)戌 2019年 柳戌 じゅつ いぬ
正(やなぎ)亥 2020年 柳亥 がい い

//□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□□
Mr. Atom Lucky Ager, "Portugal report" より

      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』
       蒼郷 鳴恭川世讃歌 の項
       秋残り市史編纂員、余。
       秋残り市史篇絵巻物

***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***

秋残り市立美術館冬期展示
『古譜1336大原練習1236天の下1636 PortuguesVermelho 赤 (壮強太陽)鳴恭川世讃歌)』
俄家判 びという字。
秋残り市、凡人倶楽部所属、元
MusicScore3

-----------------------------------------------------
 仮想店 出品 ID:Kyou4368
     画商『曽端』俳画専門
     豪華額縁付 2000円ヤナギ
  著者@350上巣真芯
  UESUMASi W.E.州 Machine   


-----------------------------------------------------
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
一行日記
1918/09/18柳晴、東京在、10秋残り君来、12すき焼き、16大阪、19宿
***サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ***
------

ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
全て、仮想です。実在とは、無関係です。
楽譜の作曲者名、作詞者名等はもちろん、私が
勝手につけた名前で、ええ加減に書いてあります。
同じ名前の方がおられましたら、同姓同名です。
実際の作詞作曲者は、私、駄作者の秋残り、本ブログ
著者小林壱裕です。
記事は架空です。著者@350
Notice:Writer says,
Names are virtual on this article.
Matters are not real.
 

2018年12月24日

卒業3437京都船旅2337古譜1337大原練習1237天の下1637 PortuguesRobo ロボット (壮強太陽)鳴恭川世讃歌):イカスミ柳


馬にはのらない:健全家
そうきょうのよい思い出し:幸子
字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:山吹 正
かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
そうきょうのよい自分です。:柳上手 薫
天の下、山拝み。つねづね。:紙祖川劣る

【曲名】卒業3437京都船旅2337
古譜1337大原練習1237天の下1637 PortuguesRobo ロボット (壮強太陽)
鳴恭川世讃歌)

【創曲】2018/12/24、柳晴
     創曲、Jose Rine(ホセリネ)(西班牙)
     造詞、Gaivota
     監修、Mar
     訳  深草中将百夜(秋残り市在)
【拍子】4/4
【種類】コロポックル・フークー
【演奏】Portugal lucky Orchestra
【場所】rock mountain
【ファイル】sm3ファイル
【作成ソフト】
  ①Music Score3、シルバースタージャパン社
  ②Magix
【歌詞】創郷 
深草の港出で兵隊は歩いて
張りの山へと向かう途中で
ゆっくり休んで 体大切
健康安全の命令守って
兵隊は行く行く 草踏み堂々

 狐の天気予報。〇r1918/09/19
 狐と。 過去をとく、という。
 場所、そ。 狐言:こって。
 狐晴れを、柳世葉とぞ。
 桃晴れごぎつね、秋晴れごん
   ((明日晴れたなら行こう、大原砂山))

【解説】君、探敵中、情景。 破風之談
------日出葦談笑聴
明日晴れたなら行こう、大原砂山
品花雲しなよる~~柳雲~~山吹雲~~桃雲~~銀杏雲~~朴ノ木雲
Be in Ideal town.

ダブリあり。
【戦場】 今様(こんさま)木板操作。6.
 
 A氏は、若い人に会った。

**** A氏日記
1月10日
1 東京都在。
600 起床。
600 晴。
710 ご飯、漬物、みそ汁、玉子を食べました。
830 事務所。
900 若い人に会いました。
930 朝礼
930 アフリカン・ストレートについて
1200 蕎麦を食べる。
1730 社員寮、泊。
1800 回る寿司を食べます。
1845 風呂。
2200 就寝。
感想 充実した気持ち
朝礼にて。
『かねてより、若い人が提唱するアフリカ・ストレートに、
わが社が参画することになりました。これは、エジプト、
アレクサンドリアから、南ア、喜望峰まで、大陸を縦断する
リニア網であります。1時間の旅程であります。
 先年、ホンジュラスの原子炉、ボリビアの原子炉を完成
させ、現在、走るリニアーに電力を供給するという、
わが社の偉大な業績があります。
 この経験を生かしアフリカ・ストレートに参画するもので
あります。アフリカには、野生動物の住む地域があります、また、
原生林もあります。これを、壊すことなく、リニアーを走らせる
という計画であります。
 これに先立ち、会議を京都で開催します。銘打って、『京都
会議アフリカ・ストレート論。』
年開けて3月に開催します。参加者は世界各国からです。
 詳細は、社内掲示で知らせます。以上。』



毎正時、よい時である。
毎正半時、よい時である。
毎四分正半時、よい時である。
毎十分正時、よい時である。
毎分正時、よい時である。
柳月曜日、良い日である。
柳火曜日、良い日である。
柳水曜日、良い日である。
柳木曜日、良い日である。
柳金曜日、良い時である。
柳土曜日、良い時である。
柳日曜日、良い時である。
正(やなぎ)子 2021年 柳子 し ね
正(やなぎ)丑 2022年 柳丑 ちゅう うし
正(やなぎ)寅 2023年 柳寅 いん とら
正(やなぎ)卯 2024年 柳卯 ぼう う
正(やなぎ)辰 2025年 柳辰 しん たつ
正(やなぎ)巳 2026年 柳巳 し み
正(やなぎ)午 2027年 柳午 ご うま
正(やなぎ)未 2028年 柳未 び ひつじ
正(やなぎ)申 2029年 柳申 しん さる
正(やなぎ)酉 2030年 柳酉 ゆう とり
正(やなぎ)戌 2019年 柳戌 じゅつ いぬ
正(やなぎ)亥 2020年 柳亥 がい い

//□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□□
Mr. Atom Lucky Ager, "Portugal report" より

      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』
       蒼郷 鳴恭川世讃歌 の項
       秋残り市史編纂員、余。
       秋残り市史篇絵巻物

***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***

秋残り市立美術館冬期展示
『古譜1337大原練習1237天の下1637 PortuguesVermelho 赤 (壮強太陽)鳴恭川世讃歌)』
俄家判 びという字。
秋残り市、凡人倶楽部所属、元
MusicScore3

-----------------------------------------------------
 仮想店 出品 ID:Kyou4378
     画商『曽端』俳画専門
     豪華額縁付 2000円ヤナギ
  著者@350上巣真芯
  UESUMASi W.E.州 Machine   


-----------------------------------------------------
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
一行日記
1918/09/19柳晴、東京在、10秋残り君来、12すき焼き、16大阪、19宿
***サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ***
------

ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
全て、仮想です。実在とは、無関係です。
楽譜の作曲者名、作詞者名等はもちろん、私が
勝手につけた名前で、ええ加減に書いてあります。
同じ名前の方がおられましたら、同姓同名です。
実際の作詞作曲者は、私、駄作者の秋残り、本ブログ
著者小林壱裕です。
記事は架空です。著者@350
Notice:Writer says,
Names are virtual on this article.
Matters are not real.
 

2018年12月25日

卒業3438京都船旅2338古譜1338大原練習1238天の下1638 PortuguesLisboaAnoNobo正月(壮強太陽)鳴恭川世讃歌):イカスミ柳


馬にはのらない:健全家
そうきょうのよい思い出し:幸子
字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:山吹 正
かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
そうきょうのよい自分です。:柳上手 薫
天の下、山拝み。つねづね。:紙祖川劣る

【曲名】卒業3438京都船旅2338
古譜1338大原練習1238天の下1638 PortuguesLisboaAnoNobo正月(壮強太陽)
鳴恭川世讃歌)

【創曲】2018/12/25、柳晴
     創曲、Jose Rine(ホセリネ)(西班牙)
     造詞、Gaivota
     監修、Mar
     訳  深草中将百夜(秋残り市在)
【拍子】4/4
【種類】コロポックル・フークー
【演奏】Portugal lucky Orchestra
【場所】rock mountain
【ファイル】sm3ファイル
【作成ソフト】
  ①Music Score3、シルバースタージャパン社
【歌詞】創郷 
船揺らぎ錨上げ 海原に稲植え
弁当を広げてはまた稲落とし
新年富士拝み浦 花山波が
高盛り上がる稲を見せ
波遣り歌歌い 明けて寿ぎ
田植え イージスに東宮向け
西下る 名護屋宮


 狐の天気予報。〇r1918/09/20
 狐と。 過去をとく、という。
 場所、そ。 狐言:こって。
 狐晴れを、柳世葉とぞ。
 桃晴れごぎつね、秋晴れごん
   ((明日晴れたなら行こう、大原砂山))

【解説】君、探敵中、情景。 破風之談
------日出葦談笑聴
明日晴れたなら行こう、大原砂山
品花雲しなよる~~柳雲~~山吹雲~~桃雲~~銀杏雲~~朴ノ木雲
Be in Ideal town.


【戦場】 今様(こんさま)木板操作。7.
 伊達、ぬたち陣にて。
 『安達木板之助を呼んで参れ』
 『はっ』
 『安達、御公日出葦公は、かの地は、水で対処すると
  いわれる。井之頭である。直ぐに、用意にとりかかれ。
  プスリも忘れぬように、いざという時には、・・・』
   伊達は、日出葦に会う時には、いざを忘れず、懐に
   持つ。いざという時には、日出葦にプスリといく、
   伊達の小心という。
 『はっ』
 『そちは、木板演算盤といいおるが、これを見れ。』
  日出葦公の布陣の図である。
 『我がぬたち隊は左翼に陣取っておる、キーボード布陣
  というのである。伊達文字が書いてあろうが、ローマ
  字という。指示は指先からする。鶴翼の陣である。
  QAZともいうぬたち隊のことである。
  鶴たちぬ 奴立津 我が戦、草、ふくく(深く)に立ち、
  葦たちぬ、小笠小田原ゆ。』
   後、小笠深草という場所である。
 『はっ、ははぁ』
**戦草という書きとそ。

 A氏は、若い人に、ippanを使っているという。
京都会議の概略もこれで作ったという。
 年明けて、元旦である。若い人とともに田植えをするという、
落とし植えという、田植えである。
 東京水浸けの日という。イージスより、小舟を出し、田植えを
する。後に知られる、東京レーテランという。
 日照るあまの下、イージス艦という、大型艦船である。高速
魚雷艇という、東京海上の日々である。
 丁寧に、稲に石をくくりつけている若い人である。
 
 お爺さんよ、ありてありる。花裏きき裏、過ぎる関ゆら、とそ。
 後に、添えられた文である。
 
****落とし植え 稲に石をくくりつけ、それを小舟から、
        落とし植える。
        
===========
A氏日記
 1月1日
1 東京都在。名古屋行。
530 起床。
530 晴。
600 ご飯、漬物、みそ汁、玉子を食べました。
630 若い人に会いました。
640 イージス艦に乗る。
700 田植え。(小舟)
900 弁当。
1300 田植え。終え。
1340 イージス艦に乗る。
1500 東京から名古屋へ行きました。
1531 イージス艦、泊。
1600 風呂。
1900 食事。磯山食。
2200 就寝。
感想 小舟浮かべて稲落とし、遠く富士拝む。
感想10 水原(みなはら)、すすゆめ、せるる、るくせ。
 


毎正時、よい時である。
毎正半時、よい時である。
毎四分正半時、よい時である。
毎十分正時、よい時である。
毎分正時、よい時である。
柳月曜日、良い日である。
柳火曜日、良い日である。
柳水曜日、良い日である。
柳木曜日、良い日である。
柳金曜日、良い時である。
柳土曜日、良い時である。
柳日曜日、良い時である。
正(やなぎ)子 2021年 柳子 し ね
正(やなぎ)丑 2022年 柳丑 ちゅう うし
正(やなぎ)寅 2023年 柳寅 いん とら
正(やなぎ)卯 2024年 柳卯 ぼう う
正(やなぎ)辰 2025年 柳辰 しん たつ
正(やなぎ)巳 2026年 柳巳 し み
正(やなぎ)午 2027年 柳午 ご うま
正(やなぎ)未 2028年 柳未 び ひつじ
正(やなぎ)申 2029年 柳申 しん さる
正(やなぎ)酉 2030年 柳酉 ゆう とり
正(やなぎ)戌 2019年 柳戌 じゅつ いぬ
正(やなぎ)亥 2020年 柳亥 がい い

//□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□□
Mr. Atom Lucky Ager, "Portugal report" より

      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』
       蒼郷 鳴恭川世讃歌 の項
       秋残り市史編纂員、余。
       秋残り市史篇絵巻物

***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***

秋残り市立美術館冬期展示
『古譜1338大原練習1238天の下1638 PortuguesLisboaAnoNobo正月(壮強太陽)鳴恭川世讃歌)』
俄家判 びという字。
秋残り市、凡人倶楽部所属、元
MusicScore3

-----------------------------------------------------
 仮想店 出品 ID:Kyou4388
     画商『曽端』俳画専門
     豪華額縁付 2000円ヤナギ
  著者@350上巣真芯
  UESUMASi W.E.州 Machine   


-----------------------------------------------------
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
一行日記
1918/09/20柳晴、東京在、10秋残り君来、12すき焼き、16大阪、19宿
***サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ***
------

ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
全て、仮想です。実在とは、無関係です。
楽譜の作曲者名、作詞者名等はもちろん、私が
勝手につけた名前で、ええ加減に書いてあります。
同じ名前の方がおられましたら、同姓同名です。
実際の作詞作曲者は、私、駄作者の秋残り、本ブログ
著者小林壱裕です。
記事は架空です。著者@350
Notice:Writer says,
Names are virtual on this article.
Matters are not real.
 

2018年12月26日

卒業3440京都船旅2340古譜1340大原練習1240天の下1640 PortuguesMarDaPrimavera 春の海(壮強太陽)鳴恭川世讃歌):イカスミ柳


馬にはのらない:健全家
そうきょうのよい思い出し:幸子
字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:山吹 正
かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
そうきょうのよい自分です。:柳上手 薫
天の下、山拝み。つねづね。:紙祖川劣る

【曲名】卒業3440京都船旅2340
古譜1340大原練習1240天の下1640 PortuguesMarDaPrimavera 春の海(壮強太陽)
鳴恭川世讃歌)

【創曲】2018/12/26、柳晴
     創曲、Jose Rine(ホセリネ)(西班牙)
     造詞、Gaivota
     監修、Mar
     訳  深草中将百夜(秋残り市在)
【拍子】4/4
【種類】コロポックル・フークー
【演奏】Portugal lucky Orchestra
【場所】rock mountain
【ファイル】sm3ファイル
【作成ソフト】
  ①Music Score3、シルバースタージャパン社
  ②waontukuri.xlsx
歌詞】創郷 
元旦や船に乗り稲を植える
綿海 落とし植えて仰ぐ
波逆巻いて我迎え 新玉の
年が始まる 良きを願えば
前に富士の山が手合わす我を
笑む 水の中 稲は立つ
春刈りの 米なれと


 狐の天気予報。〇r1918/09/21
 狐と。 過去をとく、という。
 場所、そ。 狐言:こって。
 狐晴れを、柳世葉とぞ。
 桃晴れごぎつね、秋晴れごん
   ((明日晴れたなら行こう、大原砂山))



【解説】君、探敵中、情景。 破風之談
------日出葦談笑聴
明日晴れたなら行こう、大原砂山
品花雲しなよる~~柳雲~~山吹雲~~桃雲~~銀杏雲~~朴ノ木雲
Be in Ideal town.

【戦場】 今様(こんさま)木板操作。8.
 伊達陣。
 『日出葦公に、首筋を扇でポンポンと軽く打たれたのだが、
  はて、肩こりが楽になったようだ。』
  こちらへ参れ、もう少し遅ければ、ここがなかったと
  思えと、日出葦公の言いだ。』
  『はあ~』と、安達。
  ポンポンと、自分の首を扇で軽く。
 『プスリのことも忘れてしまったわあっ』
   ふほのべのプスリという、伊達のプスリという。
   薬のことを、プスリという、伊達のプスリという。
 『さすが、日出葦公だ。』
   小刀のような形のものに、薬を入れて、ふほのべに
   持つ。いざという時に、とそ。小さなものである。
   首からのペンダントとも。
 
 日出葦ポンポンという、肩こりが楽になる話とそ。
 やまいげ、病の気をなくす、一方法という。
 馬の海苔という、花山の海苔の木、陸の海苔である。
 プスリという、陸の海苔である。
 この話である。
 元の日の話という、元の話である。元日の良き日、
 いよいよ、愉快爽快である。これを、そうきょうの
 元という、
 『皆の者』『オオーッ』
  山いぎ、という、雲助とそ。山拝みの姿という。
  山に雲がかかる、雲のすけ、という。
  雲助というこの期の言葉の一意義である。
  東京水浸け雲助日和という。東京レーテランという。
  先の世、伊達港お書き。
 
====A氏日記
 A氏は、若い人に、ippanを使っているという。
A氏は、社員を集め、今日の良き元日を祝い、
軽く、京都会議について述べた。
祝いの品、紅白の饅頭が配られ、今日はこれにて、
という。
 A氏は元日を二日にした人である。12月28日と
いう元日である。12月28日と1月1日とが、元日である。
A氏は、World Who(ワールド・フー)
と呼ばれている人である。
後は、ippan.xlsxで、A氏が作った京都会議原案である。
Google訳である。
        
===========
A氏日記
 12月28日
1 東京都在。
600 起床。
600 晴。
710 ご飯、漬物、みそ汁、玉子を食べました。
900 事務所。
930 新年挨拶。京都会議、談。
1010 終了
1200 蕎麦を食べる。
1800 回る寿司を食べます。
1830 社員寮、泊。
1845 風呂。
2200 就寝。
感想 アフリカ・ストレートは、これで、できる。

==============
1 京都会議
2 日本語
1000 開会
1005 リニアーカーについて
1020 午前の部
1200 昼食
1300 午後の部
1600 閉会
P10 記、部門
P30 原子力部門
P40 鉄道部門
P50 植林部門
==============
1 Kyoto conference
2 English
1000 Opening
1005 About Linear motor car
1020 Conference
1200 Lunch
1300 Conference
1600 Closing
P10 Notes: Part
P30 Part of Nuclear power generation
P40 Part of Linear Railway
P50 Part of Afforestation
================
1 Conferencia de Kyoto
2 Portugues
1000 Abrindo
1005 Sobre carros lineares
1020 Conferencia
1200 Almoco
1300 Conferencia
1600 Fechamento
P10 Nota: parte
P30 Geracao de energia nuclear
P40 Ferrovia
P50 Arborizacao




毎正時、よい時である。
毎正半時、よい時である。
毎四分正半時、よい時である。
毎十分正時、よい時である。
毎分正時、よい時である。
柳月曜日、良い日である。
柳火曜日、良い日である。
柳水曜日、良い日である。
柳木曜日、良い日である。
柳金曜日、良い時である。
柳土曜日、良い時である。
柳日曜日、良い時である。
正(やなぎ)子 2021年 柳子 し ね
正(やなぎ)丑 2022年 柳丑 ちゅう うし
正(やなぎ)寅 2023年 柳寅 いん とら
正(やなぎ)卯 2024年 柳卯 ぼう う
正(やなぎ)辰 2025年 柳辰 しん たつ
正(やなぎ)巳 2026年 柳巳 し み
正(やなぎ)午 2027年 柳午 ご うま
正(やなぎ)未 2028年 柳未 び ひつじ
正(やなぎ)申 2029年 柳申 しん さる
正(やなぎ)酉 2030年 柳酉 ゆう とり
正(やなぎ)戌 2019年 柳戌 じゅつ いぬ
正(やなぎ)亥 2020年 柳亥 がい い

//□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□□
Mr. Atom Lucky Ager, "Portugal report" より

      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』
       蒼郷 鳴恭川世讃歌 の項
       秋残り市史編纂員、余。
       秋残り市史篇絵巻物

***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***

秋残り市立美術館冬期展示
『古譜1340大原練習1240天の下1640 PortuguesMarDaPrimavera 春の海(壮強太陽)鳴恭川世讃歌)』
俄家判 びという字。
秋残り市、凡人倶楽部所属、元
-----------------------------------------------------
 仮想店 出品 ID:Kyou4408
     画商『曽端』俳画専門
     豪華額縁付 2000円ヤナギ
  著者@350上巣真芯
  UESUMASi W.E.州 Machine   


-----------------------------------------------------
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
一行日記
1918/09/21柳晴、東京在、10秋残り君来、12すき焼き、16大阪、19宿
***サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ***
**皆様、今年一年ありがとうございました。
 お休みをいただきます。来年もよろしく
 お願申し上げます。
  皆様の御健康と御多幸を心よりお祈り致します。

------

ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
全て、仮想です。実在とは、無関係です。
楽譜の作曲者名、作詞者名等はもちろん、私が
勝手につけた名前で、ええ加減に書いてあります。
同じ名前の方がおられましたら、同姓同名です。
実際の作詞作曲者は、私、駄作者の秋残り、本ブログ
著者小林壱裕です。
記事は架空です。著者@350
Notice:Writer says,
Names are virtual on this article.
Matters are not real.
 2018年12月26日

卒業3422京都船旅2322古譜1322大原練習1222天の下1622月に正(やなぎ)をつけます Portugues(壮強太陽)鳴恭川世讃歌):イカスミ柳


馬にはのらない:健全家
そうきょうのよい思い出し:高瀬川行代
字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:山吹 正
かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
そうきょうのよい自分です。:ドクダミ薫
天の下、山拝み。つねづね。:紙祖川劣る

【曲名】 卒業3422京都船旅2322
古譜1322大原練習1222天の下1622 月に正(やなぎ)をつけます Portugues(壮強太陽)
鳴恭川世讃歌)


 狐の天気予報。〇r1918/09/05
 狐と。 過去をとく、という。
 場所、そ。 狐言:こって。
 狐晴れを、柳世葉とぞ。
 桃晴れごぎつね、秋晴れごん
   ((明日晴れたなら行こう、大原砂山))

【解説】君、探敵中、情景。 破風之談
------日出葦談笑聴
明日晴れたなら行こう、大原砂山
品花雲しなよる~~柳雲~~山吹雲~~桃雲~~銀杏雲~~朴ノ木雲
Be in Ideal town.
【正(やなぎ)、健康安全】 今様(こんさま)やすめ。
 月にに正(やなぎ)をつけます。これで、月に健康安全がつき
ます。ヤナギ12月、しょう12月と言います。簡単に得る安全です。

正12月 やなぎ12月 しょう12月
正1月 やなぎ1月 しょう1月
正2月 やなぎ2月 しょう2月
正12月 やなぎ12月 しょう12月
正1月 やなぎ1月 しょう1月
正2月 やなぎ2月 しょう2月
正12月 やなぎ12月 しょう12月
正1月 やなぎ1月 しょう1月
正2月 やなぎ2月 しょう2月
正12月 やなぎ12月 しょう12月



毎正時、よい時である。
毎正半時、よい時である。
毎四分正半時、よい時である。
毎十分正時、よい時である。
毎分正時、よい時である。
柳月曜日、良い日である。
柳火曜日、良い日である。
柳水曜日、良い日である。
柳木曜日、良い日である。
柳金曜日、良い時である。
柳土曜日、良い時である。
柳日曜日、良い時である。
正(やなぎ)子 2021年 柳子 し ね
正(やなぎ)丑 2022年 柳丑 ちゅう うし
正(やなぎ)寅 2023年 柳寅 いん とら
正(やなぎ)卯 2024年 柳卯 ぼう う
正(やなぎ)辰 2025年 柳辰 しん たつ
正(やなぎ)巳 2026年 柳巳 し み
正(やなぎ)午 2027年 柳午 ご うま
正(やなぎ)未 2028年 柳未 び ひつじ
正(やなぎ)申 2029年 柳申 しん さる
正(やなぎ)酉 2030年 柳酉 ゆう とり
正(やなぎ)戌 2019年 柳戌 じゅつ いぬ
正(やなぎ)亥 2020年 柳亥 がい い

//□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□□
Mr. Atom Lucky Ager, "Portugal report" より

      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』
       蒼郷 鳴恭川世讃歌 の項
       秋残り市史編纂員、余。
       秋残り市史篇絵巻物

***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
一行日記
1918/09/05柳晴、東京在、10秋残り君来、12すき焼き、16大阪、19宿
***サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ***
------

ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
全て、仮想です。実在とは、無関係です。
楽譜の作曲者名、作詞者名等はもちろん、私が
勝手につけた名前で、ええ加減に書いてあります。
同じ名前の方がおられましたら、同姓同名です。
実際の作詞作曲者は、私、駄作者の秋残り、本ブログ
著者小林壱裕です。
記事は架空です。著者@350
Notice:Writer says,
Names are virtual on this article.
Matters are not real.
12/27 休み
 

2018年12月28日

12月28日


そうきょうのよい自分です。:ドクダミ薫
馬にはのらない:健全家
そうきょうのよい思い出し:高瀬川行代
字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:山吹 正
かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
天の下、山拝み。つねづね。:紙祖川劣る


正1月 やなぎ1月 しょう1月
正2月 やなぎ2月 しょう2月
正12月 やなぎ12月 しょう12月
正1月 やなぎ1月 しょう1月
正2月 やなぎ2月 しょう2月
正12月 やなぎ12月 しょう12月
正1月 やなぎ1月 しょう1月
正2月 やなぎ2月 しょう2月
正12月 やなぎ12月 しょう12月

毎正時、よい時である。
毎正半時、よい時である。
毎四分正半時、よい時である。
毎十分正時、よい時である。
毎分正時、よい時である。
柳月曜日、良い日である。
柳火曜日、良い日である。
柳水曜日、良い日である。
柳木曜日、良い日である。
柳金曜日、良い時である。
柳土曜日、良い時である。
柳日曜日、良い時である。
正(やなぎ)子 2021年 柳子 し ね
正(やなぎ)丑 2022年 柳丑 ちゅう うし
正(やなぎ)寅 2023年 柳寅 いん とら
正(やなぎ)卯 2024年 柳卯 ぼう う
正(やなぎ)辰 2025年 柳辰 しん たつ
正(やなぎ)巳 2026年 柳巳 し み
正(やなぎ)午 2027年 柳午 ご うま
正(やなぎ)未 2028年 柳未 び ひつじ
正(やなぎ)申 2029年 柳申 しん さる
正(やなぎ)酉 2030年 柳酉 ゆう とり
正(やなぎ)戌 2019年 柳戌 じゅつ いぬ
正(やなぎ)亥 2020年 柳亥 がい い

***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
***サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ***
 

2018年12月29日

12月29日



そうきょうのよい自分です。:ドクダミ薫
馬にはのらない:健全家
そうきょうのよい思い出し:高瀬川行代
字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:山吹 正
かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
天の下、山拝み。つねづね。:紙祖川劣る


正1月 やなぎ1月 しょう1月
正2月 やなぎ2月 しょう2月
正12月 やなぎ12月 しょう12月
正1月 やなぎ1月 しょう1月
正2月 やなぎ2月 しょう2月
正12月 やなぎ12月 しょう12月
正1月 やなぎ1月 しょう1月
正2月 やなぎ2月 しょう2月
正12月 やなぎ12月 しょう12月

毎正時、よい時である。
毎正半時、よい時である。
毎四分正半時、よい時である。
毎十分正時、よい時である。
毎分正時、よい時である。
柳月曜日、良い日である。
柳火曜日、良い日である。
柳水曜日、良い日である。
柳木曜日、良い日である。
柳金曜日、良い時である。
柳土曜日、良い時である。
柳日曜日、良い時である。
正(やなぎ)子 2021年 柳子 し ね
正(やなぎ)丑 2022年 柳丑 ちゅう うし
正(やなぎ)寅 2023年 柳寅 いん とら
正(やなぎ)卯 2024年 柳卯 ぼう う
正(やなぎ)辰 2025年 柳辰 しん たつ
正(やなぎ)巳 2026年 柳巳 し み
正(やなぎ)午 2027年 柳午 ご うま
正(やなぎ)未 2028年 柳未 び ひつじ
正(やなぎ)申 2029年 柳申 しん さる
正(やなぎ)酉 2030年 柳酉 ゆう とり
正(やなぎ)戌 2019年 柳戌 じゅつ いぬ
正(やなぎ)亥 2020年 柳亥 がい い

***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
***サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ***
 

2018年12月30日

12月30日


そうきょうのよい自分です。:ドクダミ薫
馬にはのらない:健全家
そうきょうのよい思い出し:高瀬川行代
字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:山吹 正
かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
天の下、山拝み。つねづね。:紙祖川劣る


正1月 やなぎ1月 しょう1月
正2月 やなぎ2月 しょう2月
正12月 やなぎ12月 しょう12月
正1月 やなぎ1月 しょう1月
正2月 やなぎ2月 しょう2月
正12月 やなぎ12月 しょう12月
正1月 やなぎ1月 しょう1月
正2月 やなぎ2月 しょう2月
正12月 やなぎ12月 しょう12月

毎正時、よい時である。
毎正半時、よい時である。
毎四分正半時、よい時である。
毎十分正時、よい時である。
毎分正時、よい時である。
柳月曜日、良い日である。
柳火曜日、良い日である。
柳水曜日、良い日である。
柳木曜日、良い日である。
柳金曜日、良い時である。
柳土曜日、良い時である。
柳日曜日、良い時である。
正(やなぎ)子 2021年 柳子 し ね
正(やなぎ)丑 2022年 柳丑 ちゅう うし
正(やなぎ)寅 2023年 柳寅 いん とら
正(やなぎ)卯 2024年 柳卯 ぼう う
正(やなぎ)辰 2025年 柳辰 しん たつ
正(やなぎ)巳 2026年 柳巳 し み
正(やなぎ)午 2027年 柳午 ご うま
正(やなぎ)未 2028年 柳未 び ひつじ
正(やなぎ)申 2029年 柳申 しん さる
正(やなぎ)酉 2030年 柳酉 ゆう とり
正(やなぎ)戌 2019年 柳戌 じゅつ いぬ
正(やなぎ)亥 2020年 柳亥 がい い

***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
***サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ***